Q.蜂蜜が白く固まるのはなぜ?
A.蜂蜜が白く固まるのは蜂蜜の結晶化または粒化は自然に発生する現象です。
蜂蜜は過飽和糖液であるため、ブドウ糖が結晶化する傾向があります。
結晶化は14℃以下で始まり、5℃〜7℃の温度で最も早く進みます。
湯煎すると結晶前の状態に戻す事ができます。
結晶は直火で溶かすと焦げたり、熱に弱い成分が破壊されるおそれがありますので
、容器ごと水から除々に加温して湯煎し、はちみつが60℃以上にならないように注意して溶かして下さい。
その際、わずかでも結晶を残しておくと再結晶を始める場合があります。
ブドウ糖が少なく果糖の多いアカシアは結晶しにくい特徴があります。
冬場は結晶しないよう暖かな室内の棚の中など暗いところで保管するのが良いでしょう。