アロマオブザライフ
だてひろし

アロマオブザライフ
アロマ
伊達浩
北陽高校
演劇
劇団
バー
ウイスキー
お酒
尼崎
塚口






過去8年間の
日記は
こちらからどうぞ


今月の日記へ戻る

 

 

 

 

 




TPOページへ   マスタープロフィール

11月30(土)

「どないなってんねん」

8時30分
きねことチョキがきた
2人ともお酒に関してはいわゆる大人級
2人が強烈な個性で他を圧倒した"アロマデビュー"は記憶に新しい(爆)
研修仲間のヤッサン、タカに連絡・・・
フットワークの軽い彼らすぐやってきた
そこへM氏合流・・・
完全に酒盛り状態・・・
あてやおつまみには目もくれずグイグイ杯を重ねる・・・
きねこのペースが早い・・・
コーンウイスキー"プラットバレー"をロックで立て続けにやる
チョキはアーリータイムスのロック
ヤッサンは芋焼酎"霧島"のロック
タカはハーパーのロック
M氏はアルマニャック"シャボーXO"をロック
そこにM子と彼がくるオーダーは
M子はグレンフィディックのロック
彼はオールドクローのロック
どないなってんねん!
お気づきでしょうか・・・
7人全員ロック
自分もディッケルのロックを飲みながらの営業で余裕の左団扇状態!
やがてチョキが若干飲みすぎたきねこを"かばい""いとおしむように"そして仲睦まじく帰っていった
その後がたいへんで近所の店の人がまず5人来店
そして酒盛り軍団は全員帰宅
続いて7人来店
立て続けに3人2人2人と来店お店はパンパン
"そんなにすわれるんかい"ちゅう感じ
ほんまにどうやって座ってたんやろ?(謎)
なんせ私は3時間ほど料理を作り続けてたんであんまり見えてない・・・
水を飲む余裕もなかった・・・
まぁたいへんでした(汗)
とゆうわけでこの日はオープン以来最高の賑わいになった
昨日は最低やったのに・・・
足掛け25年この業界にいるがこの「水商売の不思議」の謎は解けない
いつもそのたびゆうんです
「どないなってんねん」


11月29(金)

「魔の金曜日」

正真正銘「魔金」
ほんとに金曜日は苦しい
お客様がこない・・・
営業前はいつもビクビクしている
ほんでやっぱり暇
なんらかの営業戦略を考えなあかんねんけど・・・
金曜日は世間的には「花」と呼ばれている日
その日になんかすんのはどうかと思う
そんな中今日は絶対これないはずのお客様がきた
ほんまに嬉しいもんです
一喜一憂
ほんまに自分の未熟さを思い知らされます
はよ"魔金"を打ち破らなアカン!


11月28(木)

「楽しみ」

9時30分
女性がお1人で来店
 女客「インターネットできます?」
 私 「ええできますよ」
女客「友達呼んできます」
とゆうことで男性ともに来店
オーダーはカプチーノ
 男客「じつはこんへんでマンションを探してるんですよ」
 私 「あーそーですかぁまたなんで塚口なんです」
 女客「町がきれいで住みやすそうしょ」
 私 「なるほど」
 男客「そんでこのあたりはなんぼくらいするんか調べようお思ってインターネットできるとこ探してたらここの看板が見えたんできたんですよ」
 私 「ありがとうございます」
とゆうわけで1時間くらい検索してはった
こちらに引越ししはったらまた来てほしいな・・・
楽しみができた
ちなみに“塚口”っちゅうところはええとこですよ!いやほんま


11月27(水)

「トルコライス」

今日久しぶりに近所のグリルでトルコライスなるものを食べた
前に勤めていた会社のうカラーレストランがトルコライスとの出会いやった
(ちなみにピアのグルメランキングのNO1の店)
うんちく好きな私なんやけどこのトルコライスについてほんまに不思議やねんけど調べへんかった・・・
ただ調理部からの説明はトンカツ・薄焼きたまご・ライス・カレーを使ったものとしかなかった
つまりオムライス風カツカレーと思ってたんです
今日食ったのはケチャップライスに薄焼きたまごが乗っててその上にトンカツがのっていた
まぁスタイルはブルーノのそれに似ていた
味はそれなりの味(笑)
帰ってネットで調べてみると・・・
要素は上記のそれにナポリタン風のスパが添えてあるものがいわばスタンダードらしい
長崎県ではかなりメジャーないわば定食ともいえる料理らしい
ネーミングの"トルコ"はトルコの料理であると思いたいが・・・
どうもちがうらしい・・・
イスラム圏のトルコでは豚は食わんのやから・・・
ちなみにブルーノのトルコライスこれは最高です!
ともかくまた"トルコライス"とゆう文字とであったら食うやろなと思う(爆)
詳しく知りたい方はこちらへどうぞ  
トルコライス共和国       viva la トルコライス! 


11月26(火)

「こんなん知ってました?!」

上記の写真は2000.3.11 横浜アリーナでの第2回力道山メモリアルのビデオCDです
けっしてDVDではありません
私はこんなんあがあったのを初めて知りました・・・
なんとあのタッキーがA猪木にエルバードロップをしかけてるではありませんか・・・
それもそれなりのフォームで・・・
試合はタッキーがレフェリー藤原組長の助けで勝利!
なんですが・・・
これ100均で買ったんです・・・
こんなん売ってたん知ってました?


11月25(月)

「ようやく復活」

何日ぶりやろ・・・
今日"ぬか床"を新たに作った
前回はお客様からの注文がないうえに手を火傷してつい混ぜるのが億劫になってカビをいかせてお陀仏にしてしまったんです
自分は珍しがりやでとりあえずなんでもやりたがる性格
漬物つくりもいろんなものをつけた
エリンギ、カリフラワー、スナックエンドウetc
スタンダードのものでは"なすび"が難しかった
今回はいわゆる"盛合せ"はやめ!
『キュウリ1本でいく!』
キュウリのぬか漬けを極めてみようと思う
エエカッコいいましたがじつは色々つけると漬かり具合がちがうし管理がたいへんなんです
それになんといっても"まぜにくい"!
今回はリベンジの意味でも『いい漬物』を作りたい
ヘヘヘッ なによりもカビいかさんようにしなアカン!


11月24(日)

「晩酌」

19:30
近所のスーパーにいく・・・
魚介類の半額タイムなんです
なんでこんな買い物にきてるかとゆうと・・・
今日のお昼娘のバースデーで家族で“てっちり”を食べにいったら・・・
おみやげに“ふぐヒレ”をもらったんです・・・
そう、そうなんですヒレ酒を飲みたかったんです・・・
そしてその“あて”を探しに行ったとゆうわけです
そこで見つけたのがこれ『背子がに』
“せこがに”と読みます
あの有名な松葉がにのメスです
おなかに“子”をいっぱい抱えてます・・・背負ってません
ほんまやったら『抱子ガニ』(ほうこがに)やんといつも思っている
それはともかく思惑通り半額やった“199円”安いがな!
小さいけどそく購入
朝6時営業終了
急いで片付ける
まずダイエーで98円で売ってる発泡酒“バゲンブロー”を飲み
リラックスする
背子がにをさばく・・・
いい感じで“子”が入っている
私はかにを食べるんが大好き!
細い足やけど割り箸つっこんで押し出し食う
徹底的に食うのである
お酒をチンチンにしてふぐヒレが入ったグラスに注ぐ・・・
小皿でフタをし1分・・・
店内に照明を営業バージョンにして
BGMを“演歌”にする
これで“晩酌”の用意はできた
まずヒレ酒を一口・・・
香ばしさとコクがお酒とスクラムをくんで私を襲う・・・
ええ感じでグイグイ押してくる
次に甲羅の赤身を一口
“こんなシアワセを味わってもいいんやろか”
と思うくらいうまい
最高に贅沢な晩酌!

もう1杯“注ぎ酒”をする
これで完全にできあがる
そして何も考えずスコーンと寝た


11月23(土)

「スーパーテレビ」

朝6時営業終了
今日は家に帰る予定で店のクローズ業務を急ぐ
住んでるマンションが外壁工事をしていて騒音が激しく寝てられへんのです
従って店で寝てるんですが・・・
今日は日曜日で工事は休み・・・
1週間ぶりに家に帰ります
ビールサーバーの洗浄、ゴミだし、レジ閉め等、全部終わらせコートを着ようとしたら・・・
"ガチャ"
「4人なんですけどいけません」
6時30分です
「1分ほどお待ちいただけますか」
「はい」

とゆうわけでもう1回営業になりました
照明を営業バージョンにしBGMをかける
男性3人と女性1人の4名様
この4名様のリーダー格の人がここに来てるお客様を何人か知っていて噂を聞いて来店してくれたんです(ありがたや 々)
その方と話をしていて私の前職の話題になりました
宇都宮(現UGグローイングアップ)に17年間勤務してた・・・
などの話をしてたら4年前にスーパーテレビの話になりました
「社長にメッチャ怒られてた人いましたよね」
「あーそれは私ですよ」
「エエエーッ」

とゆうわけで久々にいわゆる"目撃者"にあいました
「なんかどっかであったような気がしてたんですよ」
今さらながらにテレビの影響力は強いなーと思います
4年たった現在でも半年1〜2回くらいこんな出会いができる・・・
番組の内容はあんまり思い出したくないんやけど・・・
今日は多いに○(丸)です・・・
感謝!


11月22(金)

「オロブランコ

オロブランコっちゅうもんが八百屋にあった
「スウィーティーとちゃうの」って聞いたら
「ちょっとちがうんですよ」とのこと
そんなに安いものでもない
そんでも向学のため2個購入
切ってみる皮が厚い
食べてみるとスウィーティーっぽいけど・・・
だいぶん劣るし果汁も少なく感じる・・・
はずれぇ
調べたらオロブランコとスウィーティーは同一種で
イスラエル産がスウィーティー
アメリカ産がオロブランコ

とゆう名前になるそうです
とれるところがちゃうとここまでかわるんかな?


11月21(木)

脳細胞の壊死」

「脳細胞の壊死」
最近・・・
とゆよりここ3〜4年前から本当にこれが進行している・・・
ことにここ数日多くなっている
M氏来店
なにを飲もうかボトル棚を見て考えている
すでに"しこたま"ヘネシーをくらっている
私は今日コニャックの"オタール"を新しくラインアップに加えたことを伝えると
早速口開けして乾杯!
そしてM氏が勘定をすませて帰ろうとしたとき
M 「ア〜マスター・・・ボジョレあるやろぉ〜」
私 「あ〜忘れてた〜あるよ〜」

そう今日はボジョレヌーボーの解禁日
M氏は絶対オーダーしてくれるであろうと思ってたのでわざわざ購入したんやけど・・・
忘れてもた・・・
来たら"いの一番"に言おうと思てたのに・・・
記憶中枢が機能不全を起こしている・・・
原因は"脳細胞の壊死"

お客様はM氏・キリンマ大将・カズちゃん・ゴロヤン・まいこの5人私を含めて計6人で
カンパ〜イ!
M氏のおごりぃ〜・・・
ゴッチャンです
そこでM氏
M 「オレな昼から思てたんや」
私 「なにを」
M 「今日はボジョレの解禁やからマスターが用意して待ってるや
   ろなって・・・
   そやから行ったら1番最初に『ボジョレヌーボー』ちょうだいって
   ゆうつもりやったんや・・・
   そやのに忘れとった」
私 「ほんまゆうてくれてよかったわ ありがとう」
M氏も私ほどではないにしても確実に"脳細胞の壊死"が進行し
   ている(笑)
そしてマジ顔でこう言った
   「これを思いださなんだらしばらく後悔しなあかんところやった」(爆)

ほんまにありがとう!


11月20(水)

「オープンラッシュ

景気が悪いとゆう
いつ回復すんねやろ?!
異口同音である
私にしてみれば悪い時期からはじめたのでこれが普通と思ってるんで
特別不景気だとは感じていないがお商売の先輩達の話を聞いていると
不安になるのは否めない
でもこんな社会情勢の中でも新しいお店がオープンしていく
バチ氏のお店、立花の駄菓子屋が11日に伊丹に移転オープン
当店のお客様のみゆきさんが18日南塚口で喫茶店リュウズカフェをオープン
尼崎でMビレッジとゆうバーをやってた"しゅんちゃん"が18日に新地に
ber syunsukeをオープン
この店のお客様の大本氏が12月12日南塚口で
MARVELOUS THE BER をオープン
このビルの2F「ラカナール」とゆうラウンジが22日オープン
この店のお隣が来年1月和食系のお店がオープン
そして今日来店のお客様が来年ラウンジ系のお店をオープンするとゆう

私の知人、友人、お客様など周辺の人はみんな何かと元気である
負けてられへんなと素直に思う


11月19(火)

きつ〜」

現在の時刻(PC表示)
2002 / 11 / 20 / 9:35
です
朝です7時に営業終了して2時間30分たっています
なにをしてたかって?
日記書いてました
なんと金土日月4日間分を溜めてたんです
今日(昨日)の夕方2時間そして今日2時間以上
今書いている分を含めて5日分をUPしなアカンわけです
ほんまきついです
まぶたが落ちそうです
もうあきまへん
今日は愚痴ゆうて終わり
ボンボンベッドのセッティングもできてるし・・・
WEBには明日UPぅ・・・
後はこのデータを保存してPCの電源を切って寝るだけです・・・
ではおやすみなさ〜い


11月18(月)

「サントリー復刻版ホワイト

昨日サントリー山崎蒸留所でしか販売していないこいつを購入した
昭和初期から30年頃にかけて発売していた
"サントリー復刻版ホワイト"です
正直おいしいかどうかはわかりませんし・・・
今のホワイトと比べてどうちがうのかもわかりません・・・
ただノスタルジーな思いだけで購入したのです・・・
しかも3000円で・・・
前のラベルを見るとWHITEの文字はみあたりません
当時は"白札"とゆう商品名だったからです
こいつをの口開式(くちあけしき)はいつするか決まっていました
それは本日
しかもたいへんおごそかかに・・・
PM10時・・・M氏来店
M氏のお酒に対する概念と私のお酒に対する概念はひじょうに似通っている
彼には失礼かも知れないが多分今まで出会ってきた人の中で最も接点、共通点が多い人物である(お酒に関してですよ)
もちろん今日の主役はこの"復刻版ホワイト"
脇役は水無瀬神社でいただいてきた日本名水100選にもなってるこのホワイトのマザーウォーターともいえる"名水"
そして"裏方"は山崎蒸留所の笑顔のステキなお嬢さん"山田さん"に教えてもらった
サントリー流おいしい水割りの作り方
M氏はお酒の嗜好はオールマイティー
つまりなんでも好きなんやから嗜好はないといえる(笑)
といっても私も全く同様である(爆)
でもしいてゆうなら彼の1番お気に入りのウイスキーは
"サントリー山崎18年"
でスピリッツをやるときはもっぱらロック・ストレートでやる
しかし今日は"水割り"なのである
では再現してみよう

8オンスのタンブラーにアイスをめいっぱい入れる
復刻版ホワイトを30mlそそぐ
そしてステアする・・・
13回転半・・・
口でカウントしながら回す
溶けた分だけアイスを補充し再びめいっぱいにする
名水を注ぐ
グラスの表面がうっすら白くなるまでしっかりステアする
できあがり!2人で乾杯!飲む!
「・・・・・・!!!」
「うまいなぁ」とM氏
私も思った確かにうまい
「オレ何年ぶりに水割りのんだやろ・・・・水割りもうまいなぁ」とM氏
M氏に水割りのすばらしさを思い出させたファクター
 ・復刻版ホワイト
 ・水無瀬神社の名水
 ・サントリーの水割りレシピ
 ・これらを薦めた私
みんなひっくるめて・・・
もう一度乾杯!


11月17(日)

「第1回研修会

朝7時前最後のお客様が帰る
そして即開店準備を始める
掃除・仕込みそして着替える
そこへメンバーのライアンとキヨが来店
時間は9時店での集合時間になっていた
塚口駅集合は9時20分3人でスタート・・・

ところが"旗"を作ってなかったのを思い出して慌てて店に作りにかえる
プリンターの調子が悪いんです・・・
色がちゃんとでーへん・・・トホホ
塚口駅に6名集合
あと6名はJR大阪駅で集合
10時無事全員集まる
総勢12名!
第1回
研修会(大人の遠足)のスタート
10時45分JR山崎駅到着
宝寺に向かう・・・
山道・・・
急な坂・・・
全員すぐ息があがる
全員完全な運動不足

ようやく到着
重要文化財の"閻魔大王の像・十一面観音像"を拝観する
地元の観光ガイド(ボランティアの主婦)の方に詳しく説明をしてもらった
(天王山の頂上やいろんなところをガイドしてくれるそうです)
11時30分、宝寺の宿坊で食事
紅葉がある庭にめんした日当たりのいい部屋で
ほっとする・・・
ほっとしたら・・・
「お酒飲めるんかな?!」
全員不安におちいる
フットワークの軽い独身男性軍が奥深くの厨房まで聞きに行く
ハハハッビールもお酒もありました
まずビールで乾杯!
一気に気分がリラックスする
「お弁当ができました」とここのオバチャン
またしても独身男性軍がフットワークも軽く弁当を取りに行く
そのお弁当がこれです

おいしかった!
個人的にはちょっとモチ米が入った
炊き込みご飯がベスト
全員ひじょうに満足する
気が付いたら12時35分
境内の紅葉に下の石段にて記念撮影をしようとすると・・・・
ここでもさっきのボランティアのオバチャマがいて撮影してくれた写真がこれ→
紅葉きれいでしょ
ほんまありがとうございました
親切な方で
"地元を愛してはるんやなと
"全員感心しきり・・

徒歩でサントリー山崎工場に向かう
お昼1時到着
受付をすまし今日これから案内をしてくれる"山田さん"とご対面
笑顔のステキなかわいいお嬢さんで全員一様に満足
製造、貯蔵の工程を勉強していく
私の目から見ても全員"真摯な態度で前向きな姿勢"で話を聞いていた
「今日一日でウイスキーをわかってしまおう」とゆうのが今回の研修会のテーマ
なんで当然といえば当然のことかも・・・
いよいよ山崎12年の試飲の時間がきた
テェイスティンググラスにはいった山崎12年・・・
香りを楽しみ、そして味わう
水割り、ロック、ストレート、ウイスキーフロート、トワイスアップ、いろんな飲み方でガンガン飲む・・・
なかでもサントリーが推奨する"水割りの作り方"は印象的やった
(山田さんの笑顔のパワーのせいかも)
特にタンブラーに氷を入れウイスキーをそそぎ水を入れずにマドラーで"13回転半"回すとゆうレシピのくだりではみんな一様になごやかな笑顔で聞いた
わたし自身もしっかり覚えた
今日これへんかったメンバーのこのレシピで水割りを作ってあげよう!
見回すとみんな一様にしっかり味わって飲んでいるのが伺える
ぐんぐんボトルが空いていく1本空き2本目も残り2分目くらいまで減っている
私が「ちょっと飲みすぎかな」山田さんにゆうと
「いいえたっぷり飲んでください」と返答が帰ってきた
そして「こんなに早いペースで飲まれるのをみたのは初めてです」と笑顔で付け加えた
私はとっても充足感に満たされた(超小市民なのです)

みんなほどよく酔う
続いてテイスティングバーにいく
まずは全員で工場見学で見た1番最初にできる原酒"ニューポッド"を飲む
まだウイスキーとはいえない透明な液体・・・
1杯100円・・・
気前よく全員におごる(笑・超小市民)
実は私にはここで達成しなければならない大きな目的があった
40年物樽だし原酒1杯5000円を飲むとゆう・・・
実物を目の前にしてビビッてしまう
ほかにも"飲む"とゆうメンバーがいたのが5000円の現実には手がでぇへんようになってもうたようや
マッカランの30年でも3500円・・・
世界中でもここでしか飲めないウイスキー
聞くと1日1人か2人くらいのオーダーしかないそうです
とゆうことはこいつを飲む人は年間1000人にも満たないのです
え〜い
清水の舞台から飛び降りたような気分で
「40年物樽だし原酒ください」とオーダー
目の前の1杯・30ml・5000円のウイスキー
1分くらい香りを楽しむ
そしてすする
感想はいいません
くやしかったら行って飲んでください
ただ一つこれだけはいえます
たしかに原酒です

余韻からさめるとみんなそれぞれいろんなウイスキーを飲んでいた
全員素直で私がグレンウイスキーを飲みなさいとゆうとオーダーし回し飲み・・・
ちゃんとゆうことをきく・・・
まぁなんといってもリーダーであり最年長なんですから当然かも(笑)
続いてショップでここでしか買えない1923年(大正12年)復刻版「サントリーホワイト」を2本購入
最後に全員整列をして"山田さん"にありがとうございましたと挨拶をするそして記念撮影

だんだん日がくれる中を水無瀬神宮へと向かう
ケッコウ遠くてみんなバテバテ・・・
たっぷり飲んでるんで当たり前かも・・・
到着・・・
お水を汲めるのが5時までとゆうことなんでまずお水を汲む
ここのお水は「日本名水100選」に指定されている由緒正しいお水!さっき購入した"ホワイト"のいわばマザーウォーターとゆうわけです
2?のペットボトル2本とさっきのホワイト2本を抱えてヒーコラいいながら
JR山崎駅へそしてここで解散
とゆうわけで第1回研修会は終了
その後参加者からメールがきました

・ウイスキーのことがすこしわかって、親しみがわいてきました

・普段ウイスキーを飲まない私でしたがこらからいろんなウイスキーを飲みたいと思います
あの山崎12年は忘れませんこれからおりのふれ飲んでいこうと思います・・・
山田さんの笑顔を思い出しながら・・
・ふだん飲んでいるウイスキーがあんなに大変な工程を経て作られているとは思いませんでした・・・またいきたいです山崎蒸留所
とまぁ
こんな感じです
今回の趣旨
「今日一日でウイスキーをわかってしまおう」
はほぼその目的を達成した・・・

といっていいと思う
次回は来年になると思うが行いたいと思います
今回行けんかったメンバーも大体同じ行程でもう1回行こうと思ってます
ご希望があればゆうてきてください

その日の営業はしんどうて死にそう・・・
昼からお酒たっぷり飲んでるし約40時間寝てへん・・・
そやけどなんとかこなす
朝6時・・・
お店終了とともに死人のように眠りの淵に・・・
お後がよろしいようで・・・
木・・・チョン


11月16(土)

「明日たいへんやのに」

明日は朝9時出発やから家に帰ってしっかり寝とこと思たのに・・・
マンションの外壁工事の音がうるさぁて寝られへんかった・・・
今日は(明日の朝)は多分ねないで研修会にいかなアカンと思われる・・・
ちょいとまずい・・・
めったか行かへん選挙へ行った
明日は研修会やから不在者投票とゆうわけです
2重の封筒に用紙をいれるんですが上の封筒に自分の名前を書かなアカンのはなんとなく「?」を感じた「しゃーないか」ってゆう感じ
頭が重い・・・
大好きな"SCUP C1000"を飲む
いわゆる"ドリンクとゆうやつです"
かれこれ5〜6年お世話になってる
定価は1本300円ですが薬局によって値段はバラバラ・・・
今は1箱10本1380円で購入している
なぜこれか?
・胃のに負担がかからない
・おいしい
・まとめて買うとかなり格安でお徳感がある
からです
これでなんとか"しのいでいこっと"


11月15(金)

「ちょっとかわったやつら来店Vo.3」


左のやつ
ジョージディッケル
といいます
“TENNESSEE”
と書いてある
つまりテネシーウイスキーである
この手の代表はやはり
“ジャックダニエル”
メジャーでいい酒ですがこいつもなかなかいいです
口あたりはやわらかくソフトです
ロックがちょうどいと思います

この酒とであったのは6年前
家でも飲んでたんですが・・・・
3〜4年程出会えへんかった

「ひさしぶやなぁディケル君」



11月14(木)

「第1回研修会」

17日の日曜日
アロマオブザライフ第1回研修会を行う詳細はこんな感じ

AROMA OF THE LIFE
「研修会のお知らせ」
場所
宝積寺
サントリー山崎蒸留所
山崎ウイスキー館
水無瀬神社
日時集合
11月17日(日)
AM10時JR大阪中央コンコース案内カウンター前
阪急塚口駅北口集合は9時20分
趣旨
ウイスキーを知ろう!
日本のウイスキーはイギリスのスコットランドで作られる
スコッチウイスキーとほぼ同種
下記の3種のウイスキーを理解しなければ本当の
面白みは半減してしまうのではないかと思われる
・シングルモルトウイスキー 
・グレンウイスキー.................
・ブレンデッドウイスキー.....
製造方法の見学および試飲をします
山崎12年は無料ですが
1杯100円から5000円(樽出し40年原酒)
までの有料試飲もあります
水を知ろう!
なぜここ(山崎)に蒸留所があるのか
1番の要因は「水」です
良質の地下水がここにあるのです
(水無瀬神社でこのお水がもらえます)
この水のことを
マザーウォーター
といいます
当然のことですがこのマザーウォーター
で作った水割りは相性抜群で最高です!

とゆうわけで趣旨は
「今日1日でウイスキーをわかってしまおう!」
です
日程
AM10:50・・・・・・・・・・・JR山崎駅着
徒歩10分
AM11:00・・宝積寺(たから寺)着散策
AM11:30・・宝積寺内「宿坊」にて昼食
徒歩15分
PM 1:00・・・・・サントリー山崎工場着
徒歩10分
 PM 3:00・・・水無瀬神宮参拝 水汲み
歩10分
PM 4:15・・・・・・JR山崎駅にて解散

アロマはいつも通り20:00オープンです
以上

参加者は13名で45歳から22歳までの全員大人
「今日1日でウイスキーをわかってしまおう!」
なんてたいそうなテーマをぶち上げていますが参加者の"きねこ"がこう言いました
「大人の遠足」・・・・と
ええ大人13人・・・
胸をワクワクさせながら日曜日はまだかと待ち受けているのです(爆)


11月13(水)

「インターネット」

今日ホームページを見てきてくれたお客様があった
ほんとうにうれしいかぎりや
今日のようなお客様は20組をこえる

オープン時のPC関連の出資は40万円を超えた
ホームページのデザイン製作はPCの師匠に格安でしてもらったが
これらは正直大きな出費やった
果たしてそれなりの"効果""見返り"があるのか全く未知数やった
「WEBでの情報はもうたいして価値がない」とゆう人もいた
でも大して顧客をもたない私が少しでもすがる"もの"として購入を決意した
検索サイトの登録は20以上掲載した
ヤフー、グーグルなんかはひらがなで「だてひろし」と入力して検索したら1番トップに掲載されている
結果としてはインターネットをやってなかったら多分今頃は店を閉めなアカンはめになってると思う

その他にも副産物がある
友人、知人との連絡、邂逅、応援
日記やプロフィールをみてくれる方からのお便り
などである

1日2時間くらいはPCの前に座っている
またご意見等ありましたらどんどん"カキコ"してください


11月12(火)

「yasasisa」

PM8:00クール宅急便が来た
なんやろ?
「!」
ちょっと前に来たメールのことを思い出した、それがこれ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お疲れ様です。
HPの日記で、先日の近大行で風邪をひいたらしい
というのを知りました。
サラリーマン時代と違い、何より身体が資本なのに、
風邪で寝込んでる場合じゃないよ。
もっとも寝込んでないだろけど、その方がよっぽど
心配です。
風邪ぐらいと甘くみてると、エライ目にあうよ。
くれぐれも、ご自愛下さい。

というわけで、栄養がつくように食い物を贈ったよ。
本当は最初にお店に行った時に、開店祝いを持参す
るところだったんだけど、どうもタイミングを逸し
て、気になってました。
HPを見て、よしこれだと思ったわけです。
自宅に送りたかったけど、住所がわからなかったの
で、お店に送らせてもらいました。
来週の火曜日(12日)の20時〜21時に届く予
定です。
少し先なので、もう風邪は治ってるかな。
まあ、その時は今後の予防だと思って食べて下さい。

では、また12月に。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大学時代の同輩O氏からのメールです
届いたものは“すき焼きセット6人前”
ほんまビックリ
1枚ずつラッピングされた霜降りの牛肉に松茸、食べ終わったあとのダシで作るうどん
冷凍なので今から食べることを決意!
ところが野菜がないことに気づく・・・
時に時刻はPM11:50
いまから野菜を買えるところはない・・・
考えたあげく近所の居酒屋さん「くっちゃん」に電話
「白菜と白ネギ貸してぇ」
オーナーのクッチャンから「アルヨ〜」と返事をもらった・・・
ヤッサンにとりにいってもらう
かくしてすき焼きの始まり
とにかく“食いたい”・・・
でけた・・・
肉と松茸を死ぬほど食う食う食う・・・
ほんまに死にかけた・・・
動けん・・・
たくさんあるんで“奥”と身内ともいえるメンバーに電話・・・
AM2:00
4人集合・・・肉と松茸を食べさせてやる
食うてんのみてたらまた食いたくなって再び食べてもた(笑)
すき焼きのタレにうどんだしを入れてうどんを食う
みんな大満足!
AM3:00
常連の居酒屋のマスターが2人
「うどん食べる?」って聞いたら食べるっちゅうので作ってあげる
夢中で食べる2人
「ほんまうまいわ・・・これ何うどん?」
「すき焼きうどんやで」

「ふーん珍しいな、ほんまありがと」
とゆうわけでみんな大満足!
私自身もこんないい肉と松茸を死ぬほど食べた経験はない
そらもう元気100倍!(レトロチックな表現ですが)
O氏・・・
ほんまありがとうございました
なんかぐずってた風邪もふきとんだで〜
ほんまほんまおおきにぃ


11月11(月)

「ちょっとかわったやつら来店Vo.2

「ヘネシーナジェーナ」
下の写真のボトルの名です
勉強不足のせいでこうゆうウイスキーがでてるのを知りませんでした(汗顔)
「エッ〜ヘネシーってブランデーちゃうのん」
とゆう声がきこえてきそうですがじつはれっきとした“アイリッシュウイスキー”
オープン当時アイリッシュウイスキーを“タラモアデュー”1種類しか用意しなかったのでもう1種類1ランク上の物をと考えていたところに見かけたのがこれ
「へーヘネシーがこんなんだしてんねや」
ボトルシェイプ、ラベルもコニャックのVSOPに似てるんでテイストもなんとなくコニャックをイメージしてしまう
ヤッサン、M氏と3人でお初のテイスティング
「・・・・・」
3人とも声なし・・・・
いろんな表現方法はあると思いますがこれはまず飲んでみることをお勧めしたい
3人の共通意見は
“ストレート”で飲むこと
このお酒のことを色々調べているとアイルランドやイギリスの歴史までどんどんいってしまうのでその結果はお酒の話に近く掲載したいと思います


11月10(日)

「なんでやろ」

なんでやろ
なんでやろ自分がおもてることがいえんのは
なんでやろしたいとおもてることがでけんのは
なんでやろこんなくるしおもわなあかんのは
なんでやろくいちがうのは
なんでやろわかってくれへんのは
なんでやろあいてのいいぶんがきけんのは
なんでやろわるいおもてもやってまうのは
なんでやろそれでも生きていけるのは
なんでやろ
             酩酊亭 浩宗


11月9(土)

土曜日の朝
お客様が帰った後"寝よ"と思て毛布をかぶる・・・
ところが咳きがとまらんようになって眠れんようになってまう・・・
起きてイソジンでうがいをしてビタミンCの"のど飴"をなめて咳きをとめる
「もう1回医者に行かなアカンな」と思おもわずつぶやく
「まてよ・・・今日は土曜日か・・・」
というわけで早朝医者かよい・・・
ビタミンと抗生物質を入れた点滴をしてもらう
10時45分頃 "奥"に電話して仕入れの買い物を頼み寝る
夕方6時"奥"が来て起床
エスプレッソを入れすする
PCの電源をいれメールのチェック・・・
立ち上がりが遅いここんとこデスクトップの調子が悪い
K氏にノートンの使い方を教えてもらわなアカン
さいわいにも今日は体が軽い・・・
やっぱ点滴が効いたようや
ピザ生地を打つ・・・
なかなかいい仕上がりで1人ご満悦
アロマ1回目の研修会の参加人員の確認をする
最終最多で13人くらいになりそうや
きねこが"大人の遠足"やねと表現したのを思い出しニヤケル
営業は「もぉ〜」とゆうこともあったけど無事終了」

今日は日曜日工事がないので家でゆっくり予定です(笑)


11月8(金)

この店の最近のジンクス
金曜日はヒマ〜
やっぱヒマになってもーた
「経営分析し原因を追究して戦略を立てる」
ことくらいしなアカンのではないかと思うには思うが思うだけ(笑)
全く行き当たりばったりのくせに"いっちょまえ"に不安だけはおしよせる
このいいかげんさ・・・
現在朝6時49分風邪薬をのんでるのでかなり眠たくなってきた
家に帰ってもマンションの外壁工事・・・
うるさぁて寝れへんので今日は最初から店で寝る予定です
なんとぉ・・・
今電話がかかってきて今から10分後にお客様がくるそうな
おみあげに牛丼をかってきてくれるそうな(笑)
とりあえずボンボンベッドを片付けて開店準備します・・・
8時29分閉店業務完了
2回目のボンボンベッドセッティングをして後は眠るだけです
ほんま行き当たりばったり・・・
しかしこれもまた楽し・・・


11月7(木)

「やっぱ風邪ひいたらアカン」

ぺティナイフがきれない
ガラスが汚れてる
電球が切れてる
発注もれをする
CDの棚がぐちゃぐちゃ
数え上げればきりがない
やっぱ風邪ひいたらアカン
ふだんからダラダラした性格やのによけぇひどなる
昨日は
「マスターしんどそうやな」
と気をつかわしてしまった

オレが気つかわなアカンのに
ほんますんません
朝がた雨やったから店で寝る
ほんまに珍しいことやけど10時間くらい寝れた
多分今日は動けるやろと思う
食べ物の味はわかるようになってるし
明日はほとんどなおるやろと思う


11月6(水)

「風邪絶好調」

いい感じで風邪がひどくなっていく
のどの腫れから鼻水・くしゃみ・頭痛とパレードのようにやってくる
しかも今日は忙しかったんです
このお仕事の不思議
・人が少なかったら
・仕込みをせぇへんかたら
・しんどかったら
   いそがしくなるんです
ご多分にもれずそぅなったハハハ
でも仕事はいい感じでこなした
けっこう飲んだんで酔いざめもてつだってか朝6時頭痛が激しい
"奥"TEL
「9時に保険証もってきて」
とたのむ
9時30分"奥"到着
昨日ラウンジKのママに教えてもらった近所のお医者さんに行き"点滴"をしてもらう
もらった薬をのみ眠る
夕方5時起きる
おなかがすいてる
大好きなサッポロの塩ラーメンを野菜スープなみに野菜をいっぱい入れ作る
できあがり食う
「アカ〜ン味がせぇへ〜ん」
鼻つまりで味が全くわからんのです
私的に一番なりたぁないのがこれ
ほんまつらい・・・
しゃーないから咀嚼して飲み込むだけ〜
はよなおそっと!


11月5(火)

「敏腕マネージャ-」

当店にはヤッサン(カタカナでないとダメ)とゆうマネージャーがいる
いっても従業員ではなくお客様です
とにかく何かとつけて世話になっています
この間のハロウィンのときも急に呼び出してしまった
「もちょっとはよゆうといてくださいよ」
っていわれてしもた・・・
でも来てくれるんです

当HPにチャットがあります
夕方6〜7時にはログインしとかなアカンのですが忘れてたら・・・
ヤッサンがきた
私の前のデスクトップのモニターを見てから
ノートPCで当HPのチャットをチェック
そして・・・
「マスター"ゆうかちゃん"とこいくんはええけど自分のとこもちゃんとはいっと
かな」と叱られた・・・
自分のHPのチャット・・・
ログインせんまま"ゆうかちゃん"とこ遊びにいてたんで怒られたわけです
「あ〜ゴメンゴメン」
そう・・・私の管理もしてもらってます
ゆうかちゃん
自然体でピュアなステキな女の子です
なんで"ステキ"ってわかんねん!・・・って?
それは彼女のHPいけばわかりますよ
彼女のチャットにはだいたい毎日20時30分〜21時ころ彼女自身が挨拶にきますよ
機会があればよってあげてちょ−だい!
http://ww31.tiki.ne.jp/~harutan/index.htm

BBSにこんなカキコがきた

おじゃましたい!         2002年9月16日 23:45:19 DIPPER
お初です.失礼します。中で,アロマをかんじたい。
東京からでは,想像を.それをたくましくしてます。
御茶ノ水,本郷,界隈で,こんな素敵な店は、ありません。
トム・コリンズをたのんで、だんだん,アロマスターに、せまります。
話が、はずんでも、次回におくりながら、背中に、"DUKE PERSON"を浴びて、"また,きます"
この時間が,永遠であるように・・・

おじゃましにきてちょうだい   2002年9月18日 0:10:13 アロマスター
ただの酒場やよ〜(笑)
でもそれがええんよ。
せまりにきてちょうだい。
待ってるわ!

ここで問題になったのが
"DUKE PERSON"
デュークパーソンと読んだらええんやろか
背中に浴びる・・・っちゅうくらいやから多分ミュージシャンやと想像される
早速検索開始 デュークパーソン
DUKE PERSONと入力するも・・・見つからない
ライアンが来たときもHOTBOT(アメリカに検索サイト)で英語で検索してもらったが見つからず・・・
ところが約50日後の昨日・・・
ヤッサンがきた
ヤッサン 「マスターDUKE PERSONの謎がとけましたわぁ」
私    「ほんまかいな!」
ヤッサン 「デューク パーソンやのうてデューク ピアソンやったんですわ」
私    「デューク ピアソン?」
ヤッサン 「メッチャ有名なジャズピアニストですわ」

正直言って私はこの件は忘れていた・・・
しかしヤッサンはずぅっと問題視し謎を解き明かしたのだ
さすが当店のマネージャー・・・恐るべし 
そしてもってきてくれたCDがこれ・・・聞いてみる
ほんますばらしい・・・ええかんじぃ
このCDはブルーノートのレーベルからがでてるんです、ということは、
デューク ピアソンはジャズの超メジャーなピアニストやったんです

なんでもすぐ忘れてしまい完結ようせん、この性格・・・
どないもなりなせん・・・
しんどいとは思いますが"ヤッサン"これからもよろしくお願いいたします
PS
DUKE PERSON ではなく DUKE PERSON やったんです・・・が
でもこの解釈が正解やったんでしょうか?
DIPPERさんもし見てたらご返事ちょうだい


11月4(月)

「い、いかん」

うとう風邪ひいてもーた
元来私は風邪と熱には強いのでたいして問題はないんですが・・・
後輩の芝居を観に近大へ行った時・・・
"ブルっ"ときたんでやばいかなと思てた・・・
その朝・・・
家へ帰ったらマンションの外装工事が始まってて・・・
足場をくみ上げる作業が・・・
「ガランガラン」ゆうててとても寝れる状況やなく・・・
やむなく店へUターンして寝る・・・
夕方起きたらノドがいたい・・・
扁桃腺がはれやすい体質なんです
葛根湯ドリンクを買い飲む
いまいちようならん・・・
ノドに宿った風邪さんと1週間くらいのお付き合いをしなあかん・・・
しゃーないからまずは最初のデート・・・
"イソジン"でお付き合い
明日は"naika"へいって"cyusya"を嗜みに行く予定です
もっとステキな人とお付き合いしたいもんや・・・
トホホホ


11月3(日)

「4半世紀ぶり」

いわば自分を形成した20才前後
人生において多分1番ピュアに何事も楽しめた輝かしい時期・・・
私は芝居をしていた
近畿大学演劇部覇王樹座(さぼてんざ)とゆう空間にどっぷり浸っていた
(プロフィール大学生の頃参照)
とにかく一生懸命芝居をしてた・・・
約25年ぶりに近畿大学の門をくぐった
近畿大学演劇部覇王樹座の公演を見る為に・・・
メンバーは28期生の3名つまり我々はOBとゆうことになる
メンバーの大橋は役員サラリーマン、南はショーダンスの振り付けの仕事をしている
私と大橋は関西に在住しているが南は埼玉に居をかまえている、今日は後輩達の芝居を見るとゆう目的だけで早朝から車を飛ばして埼玉からやってきた
期待と不安(笑)の中、芝居は始まった
結論は「面白かった」の一言である
こうゆうたら後輩に怒られるかもしれないが
“ジェネレーションギャップは”全く感じひんかった・・・
オレもやりたい・・・
すおなに思った

その後3人でこころいくまで語り合った、そして12月14、15日の一心寺シアターの公演を少しでも多くのOBをかき集めて観に行こうと決めた
AM4:00南は埼玉に帰った「またくるわ」と言い残して・・・


11月2(土)

「師匠の披露宴パーティ」

パソコンの師匠でありこのHPのデザインをしてくれたグラフィックデザイナーのツヨキが結婚した
お相手は前の職場仲間のミーちゃん
私も含めた計3名はその会社をやめそれぞれの道をあゆんでいる
ツヨキとミーちゃんはいっしょにくらいている
この度結婚とあいなったのは「赤ちゃん」を授かったから・・・
ハハっつまりできちゃった結婚
ツヨキは会社を退職し若くして独立の道を選ぶ無謀とゆうか勇気があるというかとにかく男っぽい男である
独立企業した時期がほぼ同じなので私とは年齢を超えた同士愛?(笑)のような感情が2人の間にある
ミーちゃんとの出会いはもっと古く震災より前の話になる
私が北新地のでカラオケBOX
(故佐治敬三氏も訪れたことのある由緒正しいカラオケ笑)
を担当してたとき彼女の父から紹介してもらいいっしょに仕事をしたのが出会いやった
その後茶屋町のジリジリとゆうイタリアンに転勤、それから本社の企画部へ出向、今年退職し現在グラフィックデザイナーとして第一線で活躍している
ミーちゃんは接客者としても卓越した能力を発揮していたが自分のしたい仕事はデザイン関係である確信しいわばツヨキに師事を請う形になる
そして2人は恋に落ちることになる
新郎新婦ともによく知っているとゆうパターンはまれなんで感慨深かった
とにかくがんばってほしい!
かれらのHPをもっていてその日記に現在の心境をのべている
「独立企業した自分の将来は」「伴侶とは?」「おなかの中の命と母になる女の会話」等これは必見の価値あり
下のバナーからとんでください


11月1(金)

「驚いた外国の話(3)」

キヨとライの夫婦がきた。
ライはアメリカのオハイオ出身
私はかれらがくるとアメリカの文化習慣について尋ねる。
今日は家庭における食文化について聞いてみた。
8月20日「驚いた外国の話(1)」を振り帰ってみると

その中で驚いたのは野菜に対する概念
「野菜」は動物(家畜)が食べる物という概念が根強くあんまり食べないらしい。
「えーほんだら栄養のバランスどーすんの」と私
「ビタミン剤飲むんですよ」とライ
無理に食べたくなくてもそれでことは(栄養のバランス)すむんやからそれでいいそーです。

とまぁこんな具合
今日も色々聞いたがその中で驚いたのはまずキッチンの捉え方
アメリカ映画をみてるとキッチンはごっつい豪華や
ところがそのキッチンではほとんどなんにも作らないそうです
なぜか・・・
においが部屋につくのがイヤだからそうです
だから家で食べる食事はレトルトがほとんどなんですって
(そやから庭でバーベキューとかするんやろか)
だからお客様がきても手料理でもてなすことなどまぁないそうです

なんせ家での食事は小食らしい
子供の頃の夜の食事がポテトチップ3〜4枚とミルク・・・
なんてことが普通だそうです
「えーほんだらなんであんなにみんなでっかくなんの?」と私
「ビタミン剤飲むんですよ」とライ
そうかビタミン剤か・・・

ところかわれば文化がかわる・・・
不思議ですなぁ


10月31(木)

「ハロウィンの夜」

今日はハロウィン
じつはチームを組んでお世話になってる店をおそうつもりやった
残念ながら組織を作れず断念
ハロウィンのことは何人かに打診していたのでだれかそれなりの雰囲気で店にくるかもしれんので迎える準備だけはしとこう・・・ということで
今日はママになろうと決意
6:00pm化粧開始
「なんねんぶりやろ」ひとりごちる
私のメイクは舞台用メイク
昔芝居をやってた・・・
それしかできひん・・・
はでになってしまいます
7時"トモ"がくる
彼女にはつけまつげをつけてもらうために来てもらった
お化粧終了
着替える
""が昔着ていたミニスカート
"奥"の新品のブラ・・・など
ごっつい面白がって貸してくれた
ブラはさすがにしんどい
細いがそこはやっぱり男
胸囲は85cmはある
アンダー85の女性はそうそうおらへんやろ(笑)
すね毛剃ろうと思たけど"奥"が「見えたほうがええんちゃうの」とゆうから剃
らんかった
着替え終わって最後にラウンジKのママがかしてくれたズラをかぶる
はいママになりました
今日はラストまでママで通すぞぉ・・・オー!

  ↑おぞましやー
    こわいでこわいでぇ〜

 

ライアン&キヨ
  来年は彼らが主役!
  よろしくね!





  ↓悪い夢見んようーに!
    オエッ

ママになったらやっぱイロイロやりたなってきた
マネージャーのヤッサンを電話で呼びつける
8時30分ライアン&キヨも夫婦がきた
「ハロウィンやからなんかやってるかなと思ってきた」とライアン
美しいママがお出迎えしたんやから2人はご満悦!(ほんまかいな)
10時前ヤッサン登場
今回もマネージャー(ヤッサンのこと)には世話になりっぱなし
かぼちゃグッズいっぱい買ってきてくれたうえに、いまから私と2人で町を徘徊しなアカンかわいそうに・・・
ヤッサンの格好はカボチャの面にドナルド仕様の金髪ズラとマント仕様のコート
カゴにいっぱいお菓子を入れてスタート
おまわりさんとおうたらイヤやなぁといいながら1件目
ラウンジKへ
皆さんびっくらこいとった
居酒屋Kへ
若い男の子に「ええ足してはるむしゃぶりつきたいわ」といわれたのでお礼にセクシーポーズでウインクをあげた
バーKへ
バーHへ

お世話になってるところはいっぱいあるけどなんせお客様に留守番してもらってるからはよ帰らんならんしヒールで足がいたーてたまらん
帰って営業に戻る
ライキヨとヤッサン私とで来年こそはチームを作って派手にハロウィンやらかそうと固く誓う
その後回ったそれぞれの店からお客様が来てくれお店はにぎわった
AM6:00営業終了
服を脱ぎブラをはずす
メッチャひどい"肩こり"
ポンズのコールドクリームでメイクを落とし洗顔
マスターにもどる
アルマニャックシャボーXOをストレートで入れすする
全身がリラックスしていくのが心地よい
最近ずぅーっと素のままで仕事をしてたんで今日はいいアクセントになった
やっぱなんかせなアカンなとあらためて思う
次は研修会です
ヤッサンまたお世話たのんます


10月30(水)

「新たな思い」

A子とF氏が来店
F氏は私と同級生、昭和32年生まれ
そやからどっからでも話があう
昨日の南沙織をひきずってたのBGMでかけてみる
"17才" (森高ではない)
チャチャチャチャーチャチャン・チャチャチャチャーチャチャン
だーれもいない海〜
F氏 「おっ」
反応は非常にいい
F氏 「ええなぁこれをリアルタイムで聞いててんで」
彼はプロのベーシスト
現在あるアーチストと全国ツアーをしている
忙しい中帰阪し来てくれている
F氏はだいぶんお酒が入っている状態
南沙織に続いて思い出の歌謡BEST20
60年代から70年代の曲が収録されている
5曲目の
奥村チヨの“北国の青い空”
くらいからF氏に変化がおきる
"かみしめて聞いている"のだ
続いて
伊東ゆかり“小指の思い出”“恋のしずく”
小川知子“ゆうべに秘密”
黛ジュン“天使の誘惑”
と続く
F氏  「なぁほんまええ歌やろ」
    「オレはほんまエエ時代に生まれたは]
    「こんなええ歌聴きながら青春期をすごせたんやからなぁ」
私   「ほんまやね」

続いて
石田あゆみの“ブルーライト横浜”がかかる
F氏 「ボクの音楽の原点がここにある〜」
とうとう感極って・・・・お目目がうるるぅ・・・
続いて
辺見マリの“経験”
F氏 「あ〜〜〜」
もーわけわからん状態
落ち着いてきたとき
F氏 「今流行ってる歌謡曲30年後にきけるか?」
なるほど今のグレイやアユを聞いてる若い世代の人たちが30年たって・・・
F氏や私がいま感じている大いなるノスタルジアを同じように感じることはないのではないかと思う(偏見かな?)
う〜んまいった ほんまにまいった
やはり同世代の人間のゆうことは素直に入ってくる
私はこんな考えになったことはなかった・・・
でも今から新たに言おう
「僕はほんまにええ世代に生まれたと思う!」


10月29(火)

「溜まってる」

お昼12時電話がなってる・・・
よろめきながら電話にでる
「アロマオブザイフでございます」
「帰ってこんのん?」
「う〜ん帰ってこん」
「ねてたん?」
「ねてた・・・ごめん連絡せーへんかって」
「まっててんでぇ」
「ごめんごめん」
とゆうわけで起床
エスプレッソをダブルで入れてのむ
ちょっと元気になる

今日中に全部かたづけなアカンことが営業に関すること意外でいっぱい溜まってる

●10月28日分の日記をまだUPしてないのでしなアカン

●10月31日・明日のハロウィン対策
じつはアロマでチームをくんで"ハロウィンお礼参り"を敢行するつもりやったけど組織がきっちりくまれへんかったんで今年は断念。
しかし残り火があるので逆に私が襲われる可能性がでてきた、一応迎撃する準備をするためこの後買い物にいかなアカン

●11月2日師匠の披露宴
このHPをデザインしてくれた私のパソコンの師匠の披露宴があるので衣装を新調しに今からでかける

●11月3日に観劇および飲み会
母校近畿大学演劇部覇王樹座の公演がある
同期と先輩ともども25年ぶりに集まって観に行く
そのための連絡(東京から佐賀まで)をとって最終の段取りをしなアカン

●11月4日
ちょっと早いが立花軍団の忘年会があるのでアロマからも何人か出席しなアカン人員を選抜し連絡

●アロマの第1回研修会の日程と企画と最終調整と連絡をしなアカン

ただ今30日のお昼12時40分
エスプレッソを飲み終えて元気になってきた状態です(笑)
今日1日やらなあかんことまとめてるうちに"日記にしたろ"と思いつきました
今後の日記の予告編も兼ねてね(笑)

昨日初めて南となりの焼肉屋さん大豪亭(だいごうてい)へいった
炭火の無煙コンロっちゅうのは初めて見た
「叙々苑」游玄亭新宿をはじめヨーロッパ、アジア諸国にいたるまで焼肉はたくさん食べた(もとい食べさせてもらった)けどほんまおいしかった
おなかいっぱい食べたんでしばらく動けんかった
冷麺や参鶏湯(さんげたん)もメッチャうまそうやったけど時すでに遅し・・・
入るすきまは全くなし・・・残念今度絶対に食べたい
大豪亭関連記事
http://www.itown.co.jp/daigotei/
http://www.pulgogi.net/report/hyogo.html


10月28(月)

「哀愁のページ」

"秋"・・・ 人を感傷的にさせる季節
常連のM氏
珍しく10時に登場
くるやいなや
「マスターこれかけてくれへんかなぁ」
とだしてきたのは
"ゲイリームーア・オブ・ベスト"
ゲイリームーアはギタリストそしてボーカリストでロック、フュージョン、ブルース等ジャンルも豊富
特徴は"なき"のギター、このアルバムのサブタイトルは
"泣きの美学、ここに極わむ"
まぁよう泣きますわ
M氏の音楽のこだわりはものすごいもんがある
(音楽だけではない)
このアルバムは秋の深まる頃、車を運転している時に聞くと決めているらしい(笑)
そして・・・こう思うとのこと(運転中につぶやいているにちがいない)
「人恋しい〜」
深まる秋に車で高速を走りゲイリームーアを聞く・・・
究極の人恋しさをもとめて・・・(さすがマニアック)
ヘネシーVSOPをロックでオーダー
まず1曲目はあの名曲「パリの散歩道」ライヴバージョン
郷ひろみが"愛しき他人(ひと)〜パリの散歩道"とゆうタイトルでカバーしている
2人でじっくり聞く、もうほんまギター泣きまくり!
ほとんど無言で飲み続けるM氏
このCDを聞き終わるまでに4杯のんだ
11時A子来店
最近仕事が忙しかったらしい、在宅ワークもしてる彼女ここんところ家に閉じこもっていたとのこと
she said

「すっかり秋ですよね〜・・・」
「ずうーと家で仕事してて人と話ししたんは電話でくらいしかなくて・・・」
「なんか急にさびしくなって・・・」
「メッチャ人恋しくなっちゃって・・・」うんぬん

おっ本日2度目の"秋は人恋しい"や
やっぱこの季節はこんな気持ちになる人が多いんやな・・・
まっオレはこんなんなることないわ

朝6時40分帰りの自転車運転中のこと
メッチャ寒い!(この秋一番の冷え込みやったそうな)
「Sei Do you knou what loneliness ?
      I believe, its one of girls “Happiness”」
無意識にブツブツゆうてる自分がおった
これは私の大好きな"南沙織"の"哀愁のページ"
前セリフに続いて歌が続く
「秋の風がふいて〜船をたーたむころ〜・・・」
そこで"ハっ"ときがついた
「オレもおんなじかい!」
「もっとベタやんけ」

思わずさけんでしもた
通勤を急ぐ人がびっくらこいてこっちを見て金髪のこの妖しいオッチャンと目が合う
あわてて視線をはずすオネーチャン・・・・
おびえとった・・・
かわいそうに・・・
そんなこんなの秋の1日
("哀愁のページ"についてはプロフィール中学3年の頃参照)


10月27(日)

「来ました甘い物10号」

マネージャーのヤッサンのおみあげ
「大山のミルクプリン」
成分をみたら卵がはいってへんからプリンよりゼリーかなぁ・・・
まぁおいしいからなんでもええわ!
“みんなにおすそわけしなアカン”
と思てたのに1日で5個くうてもーた(爆)

8個しかないのに5個もくーたらアカンわな・反省


10月26(土)

「オープンして半年」

4月26日にオープンしてちょうど6ヶ月が経過した
私は飲食関係の仕事を始めて25年になる
この世界にある"諺"というか"言い伝え"っちゅうか・・・
こうゆうのがある
オープンして
3ヶ月もったら6ヶ月もつ
6ヶ月もったら1年持つ
1年もったら3年もつ

よくみるとこの論法やと3ヶ月もてば3年もつとゆうことになる(笑)
ともかく6ヶ月やれた

17年間勤めた会社をやめたのが3月
その会社をやめた・・・

人には器とゆうものがある・・・
年商100億を超える企業の取締役など到底自分にあうはずがない
この世界を生き抜くためには絶対的なバランス感が必須となる
私は従業員の教育指導を担当していた
この私がですよ・・・
一生懸命がんばったのは事実やけど・・・
もちろんいい時期もあった・・・
思い上がりえらそうにして反感もたくさんかった
とにかくバランスが悪い
時代の流れにともない景気が一向に回復しない常態の昨今、会社の体制も変化していった
企業はどう生き残るか"勝ち組"にはいるにはどうしたらいいか?
成果主義とゆう理念でもって各自のモチベーションを向上させていくやりかた
もともと能力がないうえ"企業人"ではない私は急激な変化についていけなくなり、脳が機能不全をおこし同じ過ちを繰り返した
成果をあげないうえにミスを繰り返すんやから当然制裁を受けることになる
常務取締役から本部長
本部長から営業課長
とゆう具合に階層でゆうと6段階ほど降格になった
給料は常務の時の半分以下になった
正直生活もままならん状態やった
今年1月会社の人たちにフォローしてもらい3段階昇格して部長になった
しかし会社の方向性と本来の自分とのズレはますます大きくなっていった
2月退職を申し出る
有難いかな社長以下全員でとどまるよう説得してくれた"1ヶ月休んでゆっくり考えろ"
とまでいってもらった
リフレッシュしたらまた頑張れるかなと思ったけど全然そうはならんかった
とにかく会社に行くのが嫌やった
やめたかった
逃げ出したかった
"狂ってまうんちゃうか"と不安に苛まれる日々が続いた
3月最終的に退職を申し出る
「野垂れ死にするつもりか」とか
「逃げ出すのか」とも言われた
それは自分自身が1番悩んでいることなんで人に言われてもなんとも思わんかった・・・
けど、ほんまに会社やめて生きていけるんやろか?・・・
17年勤めてた会社の看板をおろして世間は自分を人間扱いしてくれるのか・・・
このドロップアウトした人間を・・・・

正直言って他の会社に勤めようとは思わんかった
そうなると自分で起業するしかない
つまり"やらなあかんから"とゆうのが起業開店した動機になる

でもそうともいいきれん部分がある
実はどうであれ"バー"をやることは将来のビジョンやった
ただ"海の見えるところ"のはずやったけど(笑)
つまり夢でもあるわけだ
はからずしもその夢が早く実現したわけです
神様に感謝!

店をオープンすることは難しいことではない
"くっていけるかどうか"
これが1番のポイントであることは否めない
鈍感で無神経な私でも経営者となった限り一生この不安と戦っていかなアカンのです

今私はフーフー言いながらも充実した日々を送っている
この店は自分の部屋といっても過言ではない
1日最低15時間はこの中に棲息している

もともと1箇所にじっとしてられへん性格やったのに・・・・
なんの苦痛もない・・・
それもそのはず・・・なんで?て?

自分の好きな人
自分の好きな酒
自分の好きな食べ物
自分の好きな音楽
その他のも自分の好きなもがいっぱい

この中に浸ってるんやから充実の日々が送れるのは当たり前!
もう少し近辺が落ち着いたらもっといろんなことを一杯したい

こんなえらそうなことを言えるのはなんでやろうって考えた
答えは一つ

"応援してくれる人がいるからである"

自分は
身勝手で
すぐ思い上がりテングになり
デリカシーがなく
冷たい人間である
といわれてきたし自負もしてた
ほんまにそう思てたし・・・それでもいいと思てた
でも実はそうではなくほんまは
同調し
協調し
みんな仲良く
励ましあって
輪の中にはいりたいと考えていたんです
それを自分自身より・・・
"私の周りの人たちのほうが感じ、理解していてくれた"
のです
"こんなことってほんまにあるんやろか"
と自分でも思う
でもここまでやれたのは事実やし
この「応援」がなかったら、絶対やっていかれへんかった

周りの人たちから支えられてる私・・・
感謝することしかできひん私・・・
どう応えたらええんやろ・・・

ともかく半年やれてんから1年はやれると確信しています(笑)
ずうずうしいですがこれからも応援していただきますようよろしくお願いします(爆)


10月25(金)

「バーのある光景」

シアトル在住のサイモンとゆうアメリカ人が来た
そうあのイチローがいるシアトルマリナーズがある町
彼は貿易輸入関係の仕事をしてて日本へはビジネスできている
奥さんは日系2世やとゆう話
なかなか渋めでいい男でなんとなくベッカム似
ベッカム、ベッカムってゆうても首かしげてる
「フットボール!イングランド!」
「OH〜ベッカムOKサンキュー」
(文字で発音のちがいを表現できませんでしたすんません)
マルガリータのダブルをグイグイ飲む
いい感じで酔ってきた
なにを思い出したのか
"ニッ"と笑うと、カウンターの上のノートPCをひきよせ
IEを開くとURLを入力しEnter
目を細めて嬉しそう見つけるサイモン
その横、後に6人の男女
みんな喚声をあげニコニコ笑顔笑顔!

私もカウンターごしにスクリーンをのぞきこむ
う〜んかわいい
でてた映像はかわいい"ベイビー"生後7ヶ月らしい
動画で手足をちょこちょこ動かしている
ほんま天使のような赤ちゃんがいた

店の中の空気が浄化されていくように感じた
(けっして店内にいた大人達がけがれている(笑)というわけではないのであしからず)
この映像はアメリカからやってくる
インターネットバーならではの光景でした


10月24(木)

「バイオリズム」

どうも気分がのってこん
やらなアカンことがたくさんあるのに"おざなり"にしてしまっている

ぬか床・・・
黴さしてパーにしてもーた
珍しく漬物のオーダーが入らんかったんと最近右手に火傷をおって(しかも2回続けて)しもたせいもあって4日ほどさわらんかった・・・
「あ〜混ぜなあかんなぁ」と思ったことはなんべんもあるのに・・・
"やろう"と思えばいくらでもできたはず・・・
なさけない

プリンターの調子が悪い・・・
カラーのカートリッジはずしてガーゼでふいたらなアカン・・・
けどまだしてへん・・・
この日記UPしたらすぐにやろっ・・・
ちょっと待ってや・・・
今からやるわ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
只今帰りました、テストも終了

やればできるのにせーへん
まっこんな具合にいろんなことが滞ってる

"バイオリズムが低いからや"
と思てここは
"ちょい辛抱して"
じょじょにあげていこ!


10月23(水)

「コーヒー」

8時30分雨の降る中、上品なご婦人が(私より年上とおっしゃってました)お見えになった、初めてのお客様です

婦  「コーヒーください」
私  「濃い目のイタリアンブレンドでいいですか」
婦  「普通とちがうんですか?」
私  「今やこうゆうコーヒーも一般的なんですが、普通の
    コーヒーはやはりブレンドコーヒーですね、両方あります
    がどうなさいます?」
         最近はエプレッソショップもたくさんできて
         若者には浸透してきてはいるがまだまだ
         知らない人も多い
婦  「う〜んじゃ濃いほうで」
私  「はい」


というわけで愛用のDELONGHI(デロンギ)のエスプレッソマシーンにWエスプレッソ分のコーヒーを詰めスイッチオン!
60ccでとめたらエスプレッソ
そのまま倍の120cc抽出する
これがマイルドエスプレッソと呼ばれるイタリアンコーヒーで特徴は表面に泡が立っていること

私  「お待たせいたしました、イタリアンブレンドのコーヒーで
    す泡がが立ってるでしょこれが特徴です」
婦  飲む
   「ほんと濃いわね〜イタリアではみんなこんなコーヒーな
    の?」
私  「ホテルの朝食なんかは普通のブレンドですけど大体は
    こんな感じですね」
婦  「イタリアは行ったことがないの・・・」


こんな話をしながら私はイタリアのサンレモの町を思いだしていた
あの市場のバールを!(HPコーヒーの話参照)
また、コーヒー飲みに来てください、お待ちしております


10月22(火)

「億劫」「ちゃんぽん同盟Vo3」

「億劫」(おっくう)
面倒くさくてきが進まないこと
とゆう意味らしい
ピザ生地うたなアカンねんけど・・・
実はこの日記を書く前にやろと思ててんけど・・・
おっくう・・・
またぼやいてもた

「ちゃんぽん同盟Vo3」
じつはこの「ちゃんぽん同盟」とゆうのは仮称である正式名称はまだ決まっていない
じつはもう一つ仮称がある
「Chanponist Alliance」
チャンポニスト アライアンス

と読まします
Chanponistとはチャンポンする人、できる人、受け入れることのできる人のこと、こらからは頭文字をとってCAと記します
Allianceは同盟という意味
同盟とは
個人・団体もしくは国家が互いに共同の目的のために同一の行動をとることを約すること。
とゆうことは共同の目的を明確にしなければ同盟とはいえないのである
CAの目的・・・観念ではわかるが文字にすることは難しい
(私の文章力ではの話)

前回「なぜ"チャンポン"してしまうのか・必然性から考察しよう」とゆうことでしたが
今回は内容を変更しました。
なんせ私が一貫性のない人間ですし構成を無視して文章を綴っているので内容がワープします、そんへんは寛大によろしくお願いします

話をもどしますが「なぜ"チャンポン"してしまうのか・必然性ら考察しよう」をしていけばおのずから共同の目的たるものも見えてくるのではないかと考えられます
これについては質疑応答が必要かと思われるので方法を考えます。


10月21(月)

「ゆうせん」「ちゃんぽん同盟Vo2」

音楽に関しては雑食の私
なんでも聞きます
店に"ゆうせん"を入れている
営業前のはだいたいJPOPのベスト20を聞いている
その中でゆうせんが押す推薦曲が3〜4曲挿入されている
久々の衝撃を感じた
「土曜の夜何かが起きる」
1970年黛ジュンのカバー曲
1970年やったら自分は13歳
そやからこの曲のオリジナルはリアルタイムで聞いている
昔オールディーズのバンドをやってたことがある
ベンチャーズもやってたんでいわゆるGS(グループサウンズ)やエレキサウンドもかじってた
こんな要素があってノスタルジーなのか感じ入るものがあるみたいや
歌手は"箱山リサ"さんとゆうらしい情報は下記URLまで
http://www.bellmusic.co.jp/bellmusiclabel.html

「ちゃんぽん同盟Vo2」
10月18(金) 「新コミュニティーVo1」の続き

とゆうわけで"チャンポン"は医学的に見てあんまりよくないことがわかった
でもこれは周知のことなのである
取り立ててガタガタゆうことではない
なぜチャンポンを医学的見地から見た項目から始めたのかとゆうと今後一切この項の内容には全くふれないようにするためなのである
次回はチャンポンの必然性・すばらしさ・奥深さ・について語りたい


10月20(日)

「ぼやき」

最近の日記を読み返してみた
よくでてくる文句が
「しんどい」
「8時まで営業」

の2つ
じつは延長営業したからといってしんどくなるわけではないんです
6時に終わったからといって楽だとゆうわけではないのと同じです
昨日終わったのは7時すぎ
でもしんどいとか全然思わんかった
むしろ気持ちよかったしリラックスできた
ここがご接客業の面白いところ

コミュニティの"キネコ"が私の日記を見て心配して「大丈夫?」とゆう書き込みをしてくれた
その時の僕の返事は
「全然大丈夫、ちょっと日記で甘えたかっただけ」
文字にしてはじめて改めて思った
実に素直に今の自分を表現していると・・・・
「オレは弱いやっちゃなぁ」
ただぼやいているだけなんです
しっかりしなな!


10月19(土)

「やられてもたぁ」

夜中12時過ぎ
ポォンッ
シャンパンを派手にあけ
奇声?と共に数人に人間が乱入・・・
「なんや!どうしたんや!」
あわてながらもボーゼンとする私・・・
カウンターの中にいる私に十数人の人たちが
「お誕生日おめでとうございます!」
はいケーキです
シャンパンをすばやく注ぎわける
"メッチャだんどりがいい"
頭ではそんなことを思いながらも固まったままの私

ガブリエルアップルパイ
かな?
大合唱が始まる
「ハッピーバースデートウーユー・・・」2コーラス
アカ〜ン
一番苦手なパターン・・・
照れるどころではない
ローソクを吹き消してシャンパンで乾杯!

「ギクッ」

その時気づいた
いとこのジョージの手にオルメカ(テキーラ)のボトルがにぎられていることを・・・

紹介します
こいつらはJR立花駅南側にある「CAFE FLAMINGO」の面々(笑)
震災のボランティア活動にたんを発して継続している立花では超メジャー?なCAFE
上記のいとこのジョージを筆頭に気のいいやつらが集まってるお店です
まだ会社勤めをしている時の・つて・でお酒のメーカーに彼らの活動主旨を伝えて冷蔵庫やバーツールなどを寄贈させたことがある
まぁその縁でこの集団の「顧問」という立場を授かっている
(名ばかりである笑)
隣はジョージがオーナーの雑貨屋さんで亀のマークの「ジョーズマート」は何年やったか忘れたけど「雑貨屋オブザイヤー」にもなったことがある知る人ぞ知る超有名店

彼らのお店の名物行事で月々のお誕生日会がある
まぁ名づけるなら「撃沈ショー」
タラララタッタタンテキ〜ラ!
あのラテンの名曲テキーラをバックに全員狂喜乱舞して誕生日の当時者にテキーラを一気飲みさせるのである
ショットグラスならいいけどタンブラーやワイングラスという具合にドンドンエスカレートしていく
やがてブクブクと海底深く沈んでしまうのである、あ〜怖っ!
実際に死にかけたやつ(私の義兄イッシー)もいるのだ
なんと彼らはこの行事を3年以上も続けている(どんなやつらや!)

そのFLAMINGOからBBSに「例のお酒をもって盛り上げに行く」とゆう書き込みがあったので「自分は一気という飲み方は好きではない」「くれぐれも自重してください」と慌てて返信したのがおととい・・・
そやのにジョージの手にはオルメカが・・・
「もぉ〜頼むわぁ」「ほんま頼むわぁ」
と心の中で叫ぶ!
やがてジョージが
「こいつでお祝いするわ、最初はフーチャン」
とゆう具合にテキーラを次々一気飲みしていく
4、5人回ったところでジョージが
「こうなったら浩君(私のこと)も飲まんわけにいかんやろ」
たしかにここで飲まんわけにはいかん!

かなりの量のテキーラ

その時の私の心理状態
みんなが一気飲みをするのを見て血が騒いでたみたいで
"よっしゃ"
と知らず知らずに気合いを入れていた

テーキラのグラスを持つ"3口で飲んだらぁ"と思いつつ
「やっぱあの曲がなかったらアカンわぁテキーラ歌ってぇや」
と私・・・みんなで合唱してくれた
「タラララタッタッタンテキ〜ラ!」
いくでぇ!
 ンッ

グビッッグッ・・・「?」

みんなおなかを抱えて爆笑の渦
「真剣に飲むつもりやってんでー」
「メッチャ嬉しそうやったやん」とかいっぱい言われた
"やられたぁ〜ちくしょう〜ただの水やんけぇ"
"このオレ様がこんなんにひっかかるかぁ〜"

顔をあげる・・・・・と

みんなのやさしいやさしい笑顔笑顔

explosion・・・・
自分の中から湧き上がる"もの"を抑えきれんかった 
抑えきれんかった"もの"が目から溢れてもーた

みんなでケーキを食べながら談笑
「3年の歴史(撃沈ショー)があるから成功したんや」とジョージ
"その通りやな"と思わずつぶやく私
「浩君一杯テキーラ飲みぃや飲みたかったんやろ」
"憎たらしいこと言いやがって"と思う局面やのに・・・
素直に
「飲むわ」
という私がいた
冷凍庫から凍ったサウザシルバーを大ぶりのショットグラスに注ぐ
飲みたい!・・・という感情だけになった
"ぽいっ"
と放りこむ
"甘いぃ"

甘露とゆう言葉がある、私はメッチャおいしいものに出会ったら甘いと感じる習性がある
とにかくうまっかった
"テキーラはほんまにうまい酒やで〜"
"怖い酒やないで〜"
って叫びたかった
「ほんまに飲みたかったんやなぁ」と・・・・にやけるジョージ 
またまた憎たらしいことをいいよるけど
「わかったぁ」
とゆうしかなかった(笑)

とゆうわけで14人のFLAMINGO軍団には心から感謝したい
ほんまありがとう!
PS
ともよんへ
お母様の白菜のお漬物ポンズで食べてるよ
普通やったらお客様におすそわけすんねんけど、これはよーせんわ(マジ)
うしし&なわっちへ
手作りケーキほんまに1日置いたほうがおいしくなってたよ
今日ね某有名ホテルのパティシエの方がきたんでガトーショコラ食べてもらったよ
「焼き加減」「気泡のはいり方」等すばらしいって、アマチュアでは文句なしにトップクラスやって(マジ)またよろしく!

表に時計のネオンがある
それは開店祝いで
ここにいるみんなと立花軍団に送ってもらったものなんやけど
知らんうちにネオンが割られとった
それを知
新しいのをプレゼント
してくれました
「ジャガーのネオン」
です

「うしし」と「なわっち」
2人が合作の
手作りケーキを
プレゼントしてくれた

「うしし」と「なわっち」

フラミンゴの従業員です

 

色紙の寄せ書き


10月18(金)

「新コミュニティーVo1」

新しいコミュニティーをたちあげようとしている
その設立の意義は?
インターネットにおける新しいタイプのコミュニティーとは?
お酒と人とは?
嗜好とは?
考察すべき点は多々あるのでじっくり"ねりあげたい"
しばらくこの日記において骨子を公開していきます
すでに賛同してもらってるメンバーもいますので11月中には立ち上げたいと考えております
しかし一番大事なことを忘れてはなりません
なんだかんだと大仰に語りましたが所詮「お遊び」でしかないことを!(爆)
その名は「ちゃんぽん同盟」
"ちゃんぽん"とは簡単にゆうと"ごちゃ混ぜ"
ラーメンの"ちゃんぽん"のことではありません
お酒を飲む際に使う"ちゃんぽん"つまりいろんなお酒を飲むということ
しかしこの"ちゃんぽん"とゆうボキャは日常の会話においても非情にネガティブな意味合いで使われる
「ちゃんぽんしてもーたから気分悪いわ」
「えー今甘いお酒飲んだらちゃんぽんになるからやめとき」
「あんまりちゃんぽんせんほうがいいですよね?」
とまぁこんなぐあいである
確かに医学的見地から考えると"ちゃんぽん"は肝臓に負担がかかる、アルコールだけではなくその他の成分も分解しなアカンからである、"ちゃんぽん"すればするほどその他の量が増えて肝臓が疲れるのである、そのけっか二日酔いになりやすいとゆうことになる
明日に続く


10月17(木)

「爽快」

今日は久々の6時クローズ
後片付けをして帰宅
ウルトラ(インラインスケート)を履く
前はフラフラになってもーたけど今日は大丈夫やろか?
と思いつつスタート
前と随分ちゃう・・・いい感じ!
朝6時30分しかもエエ天気!
まだスケート靴とは一体感を感じるまでいかへんけど
もう2、3回でそれもクリアできるやろと思う
バック走行もできたし久ぶりに爽快感を感じれた
路面の悪いところで2,3回こけかけたけどまぁご愛嬌
もう少し足に筋力がつき膝が柔らかくなったらそれもクリアできると思う
そう簡単に老いぼれていくわけにはいかんのでかんばります


10月16(水)

「77」

ななじゅうなな・・・ではなく
セブンセブンと呼ぶ
スタートレックのセブンではない
あれは「セブンオブナイン」
なんちゅう女優さんなんか名前は知らんけどとにかくセクシーで大ファンです(私の友人知人にもファンは多い)
あの制服姿よかったなぁ肉じゅばん〜・・・・ヨダレ〜ジュルー
すんまそ〜ん話が脱線してしまいましたぁ
セブンセブン
これはカクテルの名前です

アメリカンブレンデッドウイスキィーの「シーグラム7クラウン」を炭酸清涼飲料水の「7UP」で割ったシンプルなカクテルです
「CCジンジャー」とともに一斉風靡したなつかしのカクテルです。
じつはオープン当初からメニューにラインアップしたかったのですが7UPが安定供給できるか不安だったのでやめたんですが偶然ディスカウントショップで見つけたので買って来ました
しばらく楽しんでもらえると思います
「シーグラム7クラウン」は私のお気に入りのウイスキィー!
たくさんに方にのんでほしいなぁと思っとります・・・はい


10月15(火)

「My Birthday」

10月15日は私の誕生日
20歳前後から誕生日は苦手な日やった
とにかく・照れくさい・んです

「おまえが何を抜かしとんねん」
といわれても仕方ないけどほんまやからしょうがない
その他にも記念日とゆうやつは全般的に弱い
結婚記念日もその一つ(9月17日参照)

部下にお祝いされるとゆうのも辛かった
どうリアクションしたらええんか迷ってまうんです
33、4歳のころの誕生日にこんなことをゆうてしもたことがある
「誕生日って1年1年、年とっていくちゅうことやろ、そやからそんな嬉しないねん」
バイトの18歳の女の子が泣きそうな顔をして私にこう言った
『自分の生まれた日が嬉しくないなんて、店長って心が貧しすぎる、ほんまにそお思ってはるんですか?』
決して嬉しくないことはないんです・・・
その後あたふたしながら話を取り繕った・・・情けない

前の会社にいるときはこの時期にはたいていオープンがあって超多忙を極めていた
多分17年間中半分以上は大阪にいいひんかった
そやから自分で誕生日のをお祝いする機会がほとんどなかった
(自分でさけているところがあるんやから当然やねんけど)
5〜6年前から「ご来店のお客様にバースデーソングを歌ってあげよう」とゆうことでオープン前のご接客の研修でも練習した
このころからようやく
「自分の誕生日が嬉しくなくて人の誕生日を心から祝福できひんやん」
と思うようになった
この感性の乏しさといったら・・・ほんまなさけない

東京でのライバル会社「グローバルダイニング」がやってる「ゼスト」の世田谷店ここによくいった
スタッフとも仲良くなって東京出張の際は安らげる空間やった
偶然10月15日にいったことがある
連れが私が誕生日であることを告げるとほんとに心のこもったお祝いをしてくれた
私にとってこの店で同じ光景を何度も見てるい珍しいことではなかったがやはり自分のこととなるとやはりメッチャ照れた

特に家族とは甚だしくその傾向がでてしまう
"奥"の前でも喜びを表現するのにとまっどってしまうんです
夕方5時頃店に到着パソコンのスイッチオン
インターネットのコミュニティーの「天秤座くらぶ」のメンバーから祝福のメッセージがたくさんきていた
「そやそや今日誕生日やった」
改めて思い出す
お礼の書き込みをしてるとき
突然"奥"登場!
はいいが・・・全身びしょびしょ
「くやし〜」
とにかくタオルをわたす
外は雷様がゴロゴロ鳴っててすんごい夕立
「これ」
と手渡されたのが下の花かご・トルコ桔梗とバラのアンサンブル
カードに"奥と娘"の名前がはいってた
「お誕生日おめでとう」
「ありがとう」
また戸惑ってしまった(笑)
暖かいカプチーノを二つ入れてカウンターにならんで座り・・・すする
奥 「実はな、この花玄関のテーブルにそっとおいてずらかるつもりやってん」
私 「はぁ?」
奥 「気が付いたらテーブルの上に花がある、お父さんビックリするやろ」
私 「そらビックリするわなぁ」
奥 「ほんでカード見たらY子とS子の名前が書いてあるわけよ」
私 「うんうん」
奥 「ってゆう計画やったのに雨にふられてもうたからできへんようになってもーた」
私 「ほんで・くやし〜・ゆうとったんかいな」
これをするために私が家におるとき何にも言わんかったらしい(笑)
ほんまありがとう!

7時過ぎ
突然ヤッサン登場
ヤ 「マスター今日誕生日やろ!」
私 「あっ・・うん」
ヤ 「これ」
見るとガブリエルのケーキ箱
ヤ 「今日の朝気がついてん、はよわかってたらもっとちゃんとしたやつを持って来たのに!」
私 「そんなもぉ〜ほんまありがと」
ヤ 「そしたらまた10時頃きますわ〜」
風のように去っていった
ヤッサンは当店のマネージャー
飲み会の時はいつも幹事
私がどっかのお店に行くときも大体同道してもらっている
酒を飲みながら「酒飲み」「酔っ払い」を観察するのが好きとゆう男です
持って来てくれたのは下のケーキ
ちなみに私の名前は「ひろし」です(笑)

夜中2時
お客様は・ヤッサン・Yマスター・Bマスター・と私の4人
私  「そやケーキ食べんの忘れとったがな」
Yマス「ケーキ」
私  「うんおれ今日誕生日やってん、ほんでヤッサンがケーキこうてくれんたんよ」
Yマス「ほんまかいなマスターはよいいぃな、白ワイン1本抜きぃな」
私  「白ワイン?」
Yマス「そおやぁ白ワインとケーキはあうんやでぇ」
私  「まぁ元ケーキ職人がゆうんやからまちがいないわな」
Yマス「ええからはよ抜きぃな」
というわけでケーキをカットしてワインを注ぐ
そして男達3人でバースデーソングを歌ってくれた
みんな「乾杯!・・・おめでとう」
やっぱり照れた!
照れて言葉がでんかった
「ありがとう」ってゆうので精一杯やった
白ワインとケーキほんまにおうとった
一度お試しあれ

はいってくるメールは大体こんな感じ
・楽しい一日でしたか?
・みんなにお祝いしてもらってる?
・お誕生日会やってますか・・・?
みんな誕生日を楽しんでるかぁ?と言ってくれてるんです

みんなに盛り上げてもらって今までで一番の誕生日を迎えることができました
ほんまありがとうございました


10月14(月)

「連チャン」

ここんところ毎日朝8時まで営業している
必然的に家によう帰らんで店で寝る
昨日は帰るつもりやったけど・・・
酔うてるってゆうよりも頭がいたぁてよう帰らんかった
寝たんは9時
12時に目ぇさめる
「いか〜ん頭痛い!こら二日酔いやん」
ちょっとでも寝な思て毛布にくるまる
1時30分目ぇさめる
「はきけするやん」
胃薬のんでまた眠る
4時目ぇさめる
2時間30分寝たことになるこれは珍しいこと
頭痛も吐き気も少し残ってるけど
「とにかく風呂いかな」
のろのろ起き上がって洗面器に着替えなんかをつっこんで
チャリでGO!
湯船につかる
後頭部にズシリと重い衝撃
「ズーン」
歯を食いしばって耐える
あと例の温水冷水のシャワーを交互に浴びる
元気になってきたと思たら腹が減ってきた
帰り「あかべこ本店」へ行く
ここの責任者大川氏は同年輩
中ジョッキ1杯198円という破格の価格
ところがこちとら二日酔い明け
ウーロン茶で食事
「なさけないなぁ昔やったらこんなん平気やったのに」
とぼやきつつ自分の体をかばう
さて営業は連休の最終日ヒマが予想される
やっぱりヒマやってんけどなぜか営業終了は8時トホホホ
死にもの狂いで家に帰る
夕方起きて即マッサージへGO!
「腰の張りえげつないですよ」
やて・・・・
オレッチ体もつやろかぁ・・・ハハッ


10月13(日)

「コミュニティー」

私は「ぱどタウン」(バーチャルの町)とゆうインターネットのコミュニティーに属している
コミュニティーとは
一定の住居に居住し、共属感情を持つ人々の集団
とある。
私が住んでいるのは「阪神東ときめきタウン」といわれる尼崎市伊丹市を中心とした地域
全国にこのようなコミュニティーが何箇所かありそれらも相互にコンタクトがとれるようになっている
この「ぱどタウン」の中にさらにコミュニティーがある
その中のひとつ「天秤座くらぶ」なるものがある
生まれ日が天秤座であれば申告すれば誰でも入部できる
かくゆう私も天秤座なので籍を置いている
今日はこの「天秤座くらぶ」のオフ会の日
梅田のイタリアンで会食したあと2次会で塚口くんだにまで足を運んでくれた、感謝の至りである
中には東京から訪れた人もいる
まさに一定の住居に居住し、共属感情を持つ人々の集団
天秤座生まれとゆう共通点で結ばれ人間関係を広げてゆくのです
私みたいに「属する」ことが苦手な人間にはうらやましいかぎり
でも私ももうじき45歳いつまでもそんなことをゆうてられません
最近
「返事くれへんしぃ」
「さみしいですよ」
等とお叱りを受けるこが多くなっている
これをゆゆしき事態と捕らえ
コミュニティーの一員としてモラルをもって活動できるようがんばろう
と素直に思った


10月12(土)

「来ました甘い物9号」

Mr.Tがもってきてくれました
これが噂の南塚口にあるケーキ屋さん「ガブリエル」のチョコレートケーキ
この種のケーキは昔チャイショップなる業態がブレーク(今でもある)したときに登場したケーキに似ている

前勤めていた会社でも「チョコレッティ」というネーミングで売っていた
レストランで提供してたんやけどそのときは生クリームをデコレーションをして提供していた、生クリームとの愛称はとってもグーッ(死後かな)でした


http://hccweb1.bai.ne.jp/matinavi/matiama/shop/eat_cake.html

ガブリエルの
チョコレートケーキ

10月11(金)

「邂逅」

広辞苑
邂逅(かいこう)
 思いがけなく出会うこと、めぐりあうこと

近畿大学へ行ってたとき演劇部に所属していた
その名は「近畿大学演劇部覇王樹座」(サボテンザ)
実は学校は3年で中退していたんやけどクラブは4年やった
卒業公演もしたし追い出しコンパも無事(笑)してもらった
OB名簿にも名を連ねている
今では考えられへん古きよき時代!

超不義理男の私がこの店をオープンするにあたり同輩に連絡したのを期に2人の先輩と同輩が来てくれた
15年ぶりの邂逅である。
3人で談笑
2人とも会社では取締役を務め活躍している旬の壮年であるが・・・
学生時代から何にもかわってへんかった(笑)
思いでの物置の奥のほうからいろんな箱を取り出して虫干しした
ほんまにあっという間の3時間やった

11月3日の後輩の芝居を観に行こうと約束した、楽しみである
私の同期は大阪3人東京2人佐賀に1人いる、いまから連絡を取る
生きていてくれたらええんやけど(笑)


10月10(木)

「飲んでるときのヤキソバ」

フードメニューに「ソースヤキソバ」なるものがある
なんで?・・・とよくいわれる
じつはラウンジKのママのリクエスト
「よおてたらこんなんが一番ええねん」
っちゅうからやってる

通常ヤキソバを焼く油はラードとされている
私はオリーブオイルかゴマ油で焼く
お客様の雰囲気で決める(アカンかな?)
当然オリーブオイルで焼くとアッサリしあがる

この前、武庫之荘のバーのオーナー「マー」が来たとき
珍しくこいつをオーダーした
私のセレクトはオリーブオイル
だした時
「ワァ〜まずそう!」
でっかい声っ・・・
この人の辛らつな口調には慣れてるのでどうってことはないんやけど
・・・味は?
くうとる、くうとるぅペロッときれいに食べた。
「あ〜おいしかったぁ」やて。

2時30分ママ登場!
ペロンペロンのフラフラ、上半身揺れまくり状態
ママ 「マスターここヤキソバないの?」
私  「あるよ」
私内心 (自分がやれっちゅうたんやろ)
ママ 「スパゲッティしかないんやろ?」
私  「なにゆうてんの普通のヤキソバやで」
ママ 「えーっソース味のヤキソバやで」
私   (メニューを見せながら)
   「ほらここにソ・お・ス・ヤ・キ・ソ・バって書いてあるやろ」
ママ 「ほんまやぁ」
私  「たべんのぉ?」
ママ 「うん食べる」

どんな感じで作ったろか考える・・・

回想
20年前曽根崎でラウンジを経営してたころよくヤキソバを焼いてた
新地のお姉さんにもよくきたもらってた
この人らがヤキソバ頼んだら麺だけ食べてその他の具は残していることが多かった

「よしっ」・・・ということで
普通なら豚肉・キャベツ・ピーマンをイッパイ入れるところやけど全部抜いたった
焼くのはソバだけ

油は肉を入れへんからゴマ油とオリーブオイルの半々にした
とにかくよく焼く
水を打ってさらによく焼く
そしてソースを打ってさらに焼く
焼きあがったソバに青海苔をたっぷりかける
その上から花かつおをてんこ盛りに盛る
できあがり!

ドラエモン風で・・・「超シンプルソースヤキソバ」

私  「肉もなんも入れてへんで」
ママ  (たベながら)
    「キャベツはほしかったなぁ」
といいながら一気食いしとった(笑)

飲んでるときにはいいですよ!


10月9(水)

無理したらアカン

午前6時営業終了
片付けしてゴミだしをする
いい天気や
今日はインラインスケート(以後スケート)で帰ろう
自転車をおいて帰るんやから明日の出勤もスケートでこなアカンわけです
走り出して1分メッチャ足がだるい
家まで帰れるか・・・不安が頭をよぎる
曲がる時ひざをクロスさせながら行くんやけどしんどうてヒザがあがらん
うまく曲がれない
踏み切り・・・線路のがたがたをヒザのクッションが吸収できずこけそうになる
バック走行やジャンプなぞとうてい無理
すでに息が上がって汗ビッショリ
もうちょいもうちょいと言い聞かせながらなんとか走りつづける
金髪のオッサンがスケートで走っている絵は珍しいらしくかなり「凝視」される
妖しいからか・・・人も車も自転車も大きくよけてくれる
それは助かる
なんとか家にたどりつく
即シャワーへ・・・
ふらふらでベッドにもぐりこむ
3時起床
よく寝れた
そのわりには全身に倦怠感
やはり足腰の筋筋に張りを感じる
4時30分スケートをはいていざ出勤
相変わらず「見られ」「道をあけてもらい」
5時店に到着
しばらく動けず
思った
「無理したらアカンな」


10月8(火)

再生の時間

なんと最後のお客様が帰ったのが午前10時
営業が長引くことは私的には何の問題はないんですが、さすがちょいとしんどい
バタンキューということで今日も家に帰らず
夕方4時30分目がさめる
なんかフラフラ
シャキっとしたい・・・
風呂いこっ
洗面器にタオル、シャンプー類を入れてチャリでスタート
5分で塚口本町の清美温泉につく
こじんまりした銭湯です
ジャグジーもある(赤外線風呂と銘打ってある)
寝そべる・・・5分6分・・・顔から汗が滴る
体内にくぐもっていた昨日(正確には今朝)の酒が抜けていくのが実感できる
ここでいちばん気に入ってるのがシャワーなんです
いわゆる湯上り用のシャワーなんやけど「お湯と水」が2つならんでついている
なのでお湯と水を同時に出してお湯・水・お湯・水と容易に交互にあびれる
大沢在昌の「新宿鮫」の主人公鮫島がいつもこのシャワーの浴び方をする
効果は血管が収縮し血行がよくなる、したがって体内に空気をたくさん送り込む
細胞分裂が活発になり疲れが抜けシャキっとするのだ
ほんまかうそか知らんけど「思い込む」事が大事(笑)
こうして「再生」は完了
清美温泉に入浴料は270円、なぜかほかより安い
またお世話になりなす


10月7(月)

「いよいよピンチ」

おなかがでてきた
やばい
久しぶりに体重計に乗ってみる
51k
ベストの体重より2.5kオーバー
何本かのズボンがはけん状態になってきた
久しぶりに来るお客様にも
「太ったんちゃう」といわれた
心配なのはみかけではない
太るということは
・運動不足である
 しんどうてインラインスケート出勤ができひん
 これをを克服するためにはかなりの精神力が必要
・体重増加に伴い足腰に負担がかかり疲れやすくなる
・暴飲、暴食していることが多い
 したがって胃腸に負担がかかっている
以上のことがらをかんがみると
私にとって太るとゆうことは
危険信号点灯しているといっても過言ではない
いろんな意味も含めて私自身いまが勝負所かと思う
がんばらねばならぬ


10月6(日)

「越智順子ライブ2」

AM3時ユウコがやってきた
「明日11時にイッシー迎えに行きますけどどうします」
そう明日(日付的には今日)は越智順子さんのライブの日
「うん行くよ、ほんだらその後迎えに来てや」
というわけで6時30分から寝ても5時間は寝れるなと頭で計算
5時30分ノーゲスト
6時閉店・・
6時20分
ボンボンベッドを出してジャージに着替えようと裸状態のとき電話が鳴った
「コーヒー飲ませテェ」
ランウンジMのママや店の表からかけている
「今裸やから2分待って」
服着てベッドを片付けて鍵をあけて
「どうぞ」
2人
「めっちゃようてんねん」
かなりご酩酊の様子
付き添い?のmaちゃんが正気なんが救い
6時40分またまた電話
「マスター今から行っていいですか?」
「ええよおいで」
S屋のHさん
といわけで結局寝たのは8時30分

ふとめが覚めたら11時20分・・・急いで用意する
45分・・・けえへん
おかしい・・・ユウコに電話
でえへん・・・も〜たのむわぁ・・・
50分ユウコから電話
「今起きましたぁイッシー迎えにいってからすぐいきます」
とのこと
やれやれと想いローソン行ってオニギリこうて朝食
バックにビールと氷を詰めて待機
12時45分
けえへん・・・イッシーに電話
「ユウコから電話あった?」
「なんもないよぉ」
ということなんでユウコもう1回電話
でえへん・・・も〜たのむわぁ・・・
1時開演やのにぃもぉええわ・・・独りごちる・・・決めた!
イッシーに電話
「ユウコから連絡あったらもう寝るし行かへんゆうといて」
ちゅうて寝る・・・
まどろんでた・・・電話がなってる・・・時計みたら12時23分・・・でる
「今イッシーとそっち向かってます」
「あ〜オレ寝るしいかんとくは」
「あかん!」
ごっつい声で怒りよる
あかん・・・って理不尽な・・・とにかく目ぇ覚めた
「うんわかった行く行く」
というわけで服部緑地の野外音楽堂についたんが1時50分

開演時間を30分くらい押したらしくまだ最初のセッションやった
ラッキーや!
座って早速イッシーとビールを飲み始める
結局5時30分の終演まで飲み続けてもうた(笑)

最初はストリート系のラグスタイルのバンド
順子さん気持ちよさそうに歌ってた・好調なすべりだし
タンゴ
つなぎのMCが今いっちょやった
タンゴとなるとやはり聞くほうも構えてまう、そやからMCは重要やとおもう
メンバー紹介のしかたが重い「重鎮」とかではなくもっと柔らかいボキャを使ったほうがよかったと思う。
順子さんが歌う1曲目
タンゴは基本的には「男と女・恋」の音楽
硬い!
見てて思わず「笑わな・笑わな」とつぶやいてしもた
ユウコがびっくりしてオレを見た
ある女が過去の恋愛や相手の男性たちのことを歌ってる・・と
終わって曲の説明があった
順子さんにとってこの手の歌はもっとも得意とする詩の内容やと思う
正直「こなせてない」って感じた
サルサのセッション
ここはスペイン語で歌うんかなと思っててんけど
選曲は「クロストーユー」カーペンターズの名曲
デラルスがカバーしてるからカバーのカバーになる
もちろん英語で歌う
でもこれはこれでよかったっと思う
気持ちよく歌ってるって素直に感じたし自分自身も気持ちよく踊れた
後フレンチホルンのセッションとエンディングバンドへと続いた

これだけの長丁場でMCをやり歌う、しかも初めてのジャンルをこなしながら・・
やはり企画に無理があるといわざるをえない
しっかりしたMC入れて順子さんの負担を軽くしたほうが歌に集中できたやろうし順子さん得意の「しゃべり」もメリハリがきいたんちゃうやろかと思う

学生時代、舞台照明のバイトをしてたから仮設の舞台などの経験は多々あるが野外のライブを見るのは20数年ぶり。
延々酒を飲みながら見る野外のライブはほんま気持ちがよかった
順子さんはそら大変やったやろなと思います
ほんまお疲れ様でした

帰って日曜日の営業・・・激しい雨
今日は激ヒマやろなと思いつつ日記を書こうとしたがかなり酔ってるうえに寝てへんもんやから全然頭が働かへんし激しい睡魔が襲ってくる
すると来客・そのままいい感じで来客が続き営業はいい感じやった
6時営業終了、しんどかったけどなんとか家に帰りつく
さすがにしっかり寝れた
そして今は月曜日夕方7時34分元気に日記を書いており後はUPして終了
さぁ営業がんばろぉ〜(飲むでぇ〜)笑

越智順子ライブ(1)は8月18日を見てください)

10月5(土)

「来ました甘い物8号」

Mr.Tがもってきてくれました
これが噂の南塚口にあるケーキ屋さん「ガブリエル」のチーズケーキ
ほんまやったら切る前に撮影するんやけど酔ってたせいもあって
むしゃぶりついてしもた
僕の持つチーズケーキのイメージは「質量」「密度」つまりケーキの中でも「重い」という感覚がある。
ナイフを入れた瞬間から・・{違う}・・と感じた
(一般的なチーズケーキとは違うの意)
ふんわりした感触
刃にひっついてくる感じがしない
食ってみる
あむっ
とやった瞬間・・・上の歯と下の歯がコツンとあたった

そしてまどろみと恍惚がとけだす
ふ〜っ・・・・
我にかえってちょい分析
軽い!
それだけにとろけるんや
チーズとスポンジ「ハイブリッドハーフケーキ」と勝手にいわせてもらおう!

私はケーキには紅茶系やねんけどこいつはコーヒー系やなぁと思った
これはエエですよ・・いやほんま
http://hccweb1.bai.ne.jp/matinavi/matiama/shop/eat_cake.html

ガブリエルの
チーズケーキ

10月4(金)

「看板」

AM5時
初めてのお客様のご来店があった
この店をどうやって知られたか聞いた
表の看板を見てきたとのこと
1時以降にご来店のお客様の9割が看板を見てこられた方です

私自身も何百回となくバーへいった
でも初めていく店に入るときにはどんな店でも
背筋を伸ばして・・・
エリをただして緊張感をもって・・・
さらに勇気をだして・・・
店の中にはいる
かなりの労力を使うもんなんです
それだけに朝5時に入ってもらえるお客様については感謝に他ならない

ウチの看板君にもほんまに感謝しなアカンと思う
雨の日にはビニールをかぶせて雨ざらしにしてる
ようがんばってくれる

最近この看板を消す時間が7時8時になる日が多くなった
そのせいで6時を回ってからでもご来店がある
この看板がついているかぎり何時でも遠慮なく入ってきてください
おまちしております


10月3(木)

「フレグランス」

いよいよ秋本番
秋といえば・・・・たくさんあるけど
私はこれっていいたい・・・・
学名Osmanthus fragrans var. aurantiacus

お客様をお見送りするときほとんどの方が
「ア〜いい匂い、金木犀やね」
「私この匂い好き!」

とこの芳香に気づく
みんなその瞬間いい顔になる
「体の中がきれいになったような」
「心が爽やかになったような」
「やさしく抱かれたような」
そんな感情に浸るようだ

どこのあるのか知らんけど1週間ほど前からこの芳香はしている
塚口町というところは庭のある家がほとんど
よくみてみると4〜5軒に1本くらい木犀の木がある
私は毎日、自転車かインラインスケートでかよっているが木犀の木を探し探し行くのがすごく楽しい、とくに少ない銀木犀をみつけると嬉しくなる
小さいころから道草は大好きやった(笑)

けっこう大きな木があり塀を越え枝を伸ばしている
その枝に顔を突っ込んで大きく深呼吸
目をとじてウットリしてた
気がついたら小学生の男の子が3人いてて不思議そうに私を見てた
恥ずかしいてコソコソ自転車にのって逃げた(笑)

夢枕獏に短編集に「木犀の人」という作品がある
幻想的な話で印象にのこっている
この木犀の匂いはある種トリップするような要素もあるといっても過言ではないとおもう。

多分、後1週間くらいで花は落ちてしまうやろう
今のうちに充分楽しませてもらおぉっと!


10月2(水)

「フロント模様替え」

プランターの花が枯れて久しい
あんまり見苦しいのではずしてあった
いいわけになるかもしれんけど
一人やとようやりきらんことは多々ある

というけとで
「奥」にスケテもらう
玄関を明るく派手にというテーマのもと実行
その間私はお疲れで昼寝
起きたらこんな感じになってました




10月1(火)

「オープン以来初めての出来事」

オープンから一環して上下黒の服を着ている
理由は黒がラッキーカラーだからです
プロフィールを見ていただいたらわかるんですが
生まれ日は庚申 生まれ年は酉 七赤金星
というわけで木火土金水の五行でみたら「金」だらけ
じつは金のラッキーカラーは白
じゃなんで・・・ということになる
大過(たいか)
金が多すぎるんです
四柱推命学はバランスを重要視します
だから白の対極・黒・をもってバランスを整えるのです
そうすると「やりすぎ」「無神経」「冷酷」等が抑えられるのです

というわけで黒を着ていたんですが・・・・
ラウンジKのママが着てた服・・・(下記)
一目見て気に入ってしまい思わず
「ちょうだい」
ってゆうてもうた・・・
ほんだら二つ返事で
「ええよ」
やてラッキィー!
というわけでオープン以来
今日初めて黒以外の服を着ました
「やりすぎ」「無神経」「冷酷」になったらどうしょう
不安でいっぱい・・・

似合うかどうかは見に来てのお楽しみ

9月30(月)

「オイルサーディン」

8月16(金) 「フードメニュー改正」をした(日記参照)
なつかしの「パブメニュー」というコンセプトにもとづいてラインアップした一品
「オイルサーディン」
最近人気が上がってきた
調理法はいたって簡単
缶を開けて半分くらいオイルを捨てる
醤油を少々
一味少々
玉ねぎのスライスを一面にのせる
そのままレンジで焼く
玉ねぎが醤油色になるまで焼く
焼けたらレモンを絞る
出来上がり
付け合せはソルトクラッカー
なんかやっつけ仕事と思われるかもしれんがこれでいいんです
23年前パブの主任をやってた時の作り方です
しかしうまさの秘訣は調理法ではないみたい・・・・
かなりグルメのお客様なのかパクってやってから
「うまい! これどこのオイルサーディン?」
メーカー名は「モミジ印」
「見たことないなぁ〜・・・これはほんまおいしいよ」

よくスーパーでみかける「ひげじいマーク」のやつはいまいちだそうです
どうです「モミジ印のオイルサーディン」食べにきません!?


9月29(日)

「13回忌」

今日は奥のお母様の13回忌
朝10時から始まったので寝ないで参加
真言宗の80歳のお坊様で
形にとらわれずざっくばらんな法要となった
久しぶりに親戚とあう
奥が4人兄弟なので甥姪がけっこういる
今までこのような場では後に必ず仕事あってそうそうに退散してたんですが
今や勤め人ではない
ゆったりした気分でビール3本4本と開けていく
寝てないせいもあってええ気持ちで酔う
親戚一人々をウォッチング
義理の父
義理の兄弟
甥姪
しっかり見た
話もたくさんした
これは初めての経験やった
結婚して22年こんな気持ちになったことはない
「今までどんな生き方しててんやろ」
「やっぱ普通ではなかったのかもしれんなぁ」
とつくづく感じた
「普通に自然に生きていこぅ」
今日はある意味で忘れられん1日になった
お義母さんほんまありがとう!


9月28(土)

「ほんまにええもん」

お客様のHD子さんがええもんをもってやってきた
HD子さんが前に来てくれたときに話てた
カルバドスの57年物
メッタにお目にかかれるものではない
カルバドスとはフランスのノルマンディー地方で作られる「アップルブランデー」のこと
グラス4つにストレートで入れる
それだけで半径2〜3mくらいに芳香が広がる
手のひらでグラスを覆って持ちゆっくり回し温めながらノージング
なんともいえん・・・・
とにかく甘い
リンゴ?! バニラ!? チョコレート!?
すえばすうほど恍惚に浸れる
いつまでもこうしていたい・・・・
心臓がバックン々ゆうてる
一口すする
舌先がトロ〜リと蕩けた
アルコールのピリピリ感を全く感じない
スムースにのどを通っていく
そして静に燃える暖炉の火にあたっているような
包んでくれるようなあったかさに包まれる

フぅ〜
しばらく目が開けられへんかった
ほんまええもんはほんまにええ


9月27(金)

「花金」

本日「花の金曜日」
このお商売では1週間で一番売り上げがよい曜日
当然気合も入るし、営業前の準備にも力が入る
昨日朝がけが忙しかったので洗い物が山のようにある
必死で洗う、そして仕込み
トマトソース
ホワイトソース
ピザ生地打ち
気合で仕上げていく
実はここ2週間金曜日のご来店が少ない
1週間で1番売れない日になり下がってる(泣)
今日は汚名挽回といきたいところ
結果発表
3週連続のワースト曜日になってしまいました(なんでやねん)
お商売はむずかしいぃ!


9月26(木)

「すっからかん」

忙しかった
喜ばしい限りである
3時頃洗い物もいっぱいたまってシンクは麻痺状態
お料理も立て続けにオーダーがありてんやわんやしてるところに
「奥」登場!
こうゆうことは初めて
ほぼ満席状態なんで目を白黒
どうせヒマやろうからとゆうことで励ましに来てくれたらしい
まずは皆さんに紹介
それからせっせと洗い物をしてくれた
ほんま助かった
4時30分頃帰った
6時45分最後のお客様が帰る
洗い物などする気力なし
ごみと火の元チェックしてよろけながら帰宅
ソース類等仕込んであるものはみんななくなってすっからかん
明日はちょとしんどいかも
がんばらなぁ・・・・な


9月25(水)

「オープン5ヶ月」

今日のご来店は9組
9時頃から7時くらいまでだれかお客様がいた
これはそんなにめずらしいことではない
今日の来客数9名様
つまり9組9名ということになる
これは開店いらい始めてのできごとです

いろいろ聞いてみると世間的に昨日は暇やったみたい・・・・
それはともかくお客様と1対1の時間が多くいろんな話ができた
ほんと感心する話
驚愕する話
思わず泣いてまうような話
専門的な話
ほんとはこんなお話を日記に書けばいいんやろうけど、紹介できるのはほんの一部だけ
私だけ勉強させてもらい、楽しませていただいいた
こんなへんなオッサンと話をするためにワザワザやってきてくれるのである
ほんまにほんまに嬉しいかぎりである

オープンして丸5ヶ月がたった
まだ店の休みはとっていない
確かに体の疲れがきているのは感じる
44歳という年齢ではかなりハードなことをやってるのかもしれんけど
いままでの経験ではもっとしんどいことに耐えてきたこともある
まだまだ大丈夫!
全然いける!
という自負もある

それに前述したとおり
「私に会いに来てくれる人が大勢いる」
この人たちのおかげでエネルギーが枯竭することはない

最近私のことを心配してくれて「休んだら」といってくれる人が多くなったきた、それも本当に感謝です
無理するつもりは毛頭ないです「アカン」と思たら休みます
お店に来てくれたら私はどんどん再生することができます、会いに来てやってください
(急に商売気になってもーた(笑))
これからもよろしくお願いいたします


9月24(火)

「きました甘い物6.7号」

ちんすこう

当店のマネージャーヤッサンが沖縄へ里帰り。
律儀なヤッサンがおみあげを買ってきてくれました。
沖縄の超メジャーのお菓子2品

まずは「ちんすこう」
砂糖、小麦粉、ラードで焼くそうです、早い話がクッキーですな
グリーンのシーサーがかわいいですな

紅いもタルト

無添加、無着色ヘルシーそのものの銘菓!
エエ色してまんな〜


9月23(月)

「ジュース」

オープン以来ずっと悩んでいたことがある
それは生ジュースを使うがどうかということ
オレンジとグレープフルーツ
値段的なこともあるけど
季節によって味が変わるのがどうしてもいやでよう使わんかった
お客様からもソルティドッグのときなんかよく生ジュースでやって
と言われ続けていた
リップルのマスターに相談したら
「最近はだいぶん味も安定してるし生でええんとちゃう」
背中をポンと押してもらってようやく決意
頑張って絞ります


9月22(日)

「大相撲」

私は今年の3月にやめた会社では寺内大吉といわれていました

寺内大吉って誰?
多分35才以上の人でないと知らない人です
浄土宗大吉寺(住職) 浄土宗宗務総長
大本山増上寺(第87世法主)
そして直木賞作家
スポーツ解説者(いっつもベレー帽かぶってる)

そう私は会社でスポーツ解説者をやってたんです
浅く広〜〜くスポーツを知っています
というわけで大相撲の話

今日大相撲秋場所の千秋楽でした
12勝2敗どうし東西両横綱の相星決戦!
日本中が注目した大一番!

きびしい相撲やった
いっぺん四つになりかけたけど突き放した武蔵丸の判断がよかった
「優勝!武蔵丸」

NHKのアナが武蔵丸のことを「鬼」というとった
意味わからんわ!
ええのん?っちゅう感じ

うっとこのお客様お反応
「優勝してほしかったけどこれでええんかなぁ」
ってゆう人が9割でした


9月21(土)

「ステキなお店」

6時集合
ヤッサンと取り決め
店からチャリンコ暴走族発進
行く先は伊丹市安堂寺町
居酒屋「せっとん」
所要時間予定15分
この間常連のシローさんがこの店のママを連れてきてくれた
創作料理もやってるらしくて興味津々
来店を約束した
次の日マネージャー(といっても従業員ではない)のヤッサンに報告
さすがマネージャー「せっとん」のことは知っていた。
ネットのコミュニティのタウン情報に掲載されていたのです
しかも場所はわかるということなので今日行くことに決定!
到着
ママが笑顔で迎えてくれた
ほんまに喜んででくれてうれしかった
店はカウンターが7、8席と奥にお座敷がある
女性らしい柔らかい雰囲気でなんか心地よい
メニューも豊富でびっくり
生ビールを飲みながら
シローさんに聞いてた「和風ピザ」と「生春巻き」をオーダー
もちろんもんくなしにうまかった。
個人的には「水菜とパプリカのサラダ」が気ぃ狂うくらいうまっかた。
生ビールを飲み終えて次のドリンクを頼んだ後
私   「ずうとここに座ってのんでたいなぁ」
ヤッサン「うんうんメッチャ居心地ええですわ」
2人の気持ちは見事にシンクロしてた
ママの人柄・お店の内装・メニューの構成なんかがすばらしくバランスがいい
居住性すら感じるアットホーム的な空間やった

あっとゆうまに7時45分・・・タイムアップ
泣く泣く引き上げる
「また行こな」
ヤッサンと誓う(笑)
「せっとん」の詳細はこちらです。
http://search.padotown.net/shop_detail.php?shop_cd=3201-00082312-000


9月20(金)

「あるエッセンス」

レッドアイ
ビールとトマトジュースのメジャーなビアカクテル
見た感じが赤いからついた名前ではない。
訳すと「赤い目」になる
どんなとき赤い目になるのか?
答えは二日酔いの時
そうこのカクテルは向かい酒をしにいく時に飲むというコンセプトがある
本日4杯の注文があった
最近よくこいつが売れている
だからといって二日酔いのお客様がたくさんくるというわけではない(笑)
じつはあるエッセンスを加えている
「セロリシードソルト」
セロリの種と塩、鮮烈にセロリの香りがします
こいつを入れるとトマトとあいまってほんまにサラダ感覚になるんです
そしてはまるというわけ
これはコンソメに入れたりとかで料理にも活用できる
百貨店で売っているがあんまり見かけない
興味のある人には少量ですがお分けしてます
おきがるにぃ(こずえ・みどり風)


9月19(木)

「回顧」

常連のBマスが店のオーディオを見て
「カセットないの」
っちゅうから家からエッチラ運んだ
TEACのダブルカセットデッキ
最後に動かしたのはいつか記憶がさだかでない
押入れの奥からカセットテープの箱をひっぱりだして一緒に持ってくる
今日改めてその内容を見た
アハハっ
ここではご披露できん思い出がいっぱいあったんです
懐かしいやら
おかしいやら
会いたいな思った人もいっぱい

一本どうしても思い当たらんのがあった
こいつです
とにかくBマスに感謝!

9月18(水)

「1番の願い」

例によって疲れ果てて店で寝てまう
ボンボンベッド君とはすっかり仲良しのお友達になってしまった
最近・・・
とゆうよりここ1年くらいの傾向として「ぐっすり寝れない」日々が続いている
2時間置きに必ず目がさめてまう1時置きの時もざらにある
家で寝ようと店で寝ようとなんらかわりはない
8時に寝る・・・やはり10時頃目がさめる・・・トイレ
再び眠る
目がさめる・・・いつになく気分がいい
ゆうせんのデジタル時計を見る
4:08
ん〜ほんまかいな
約6時間連続して寝たことになる
、どれくらいぶりやろ
今日1日元気1ぱいやった
お酒もおいしかった8時過ぎから7時まで11時間ぶっとおしで飲んでたけど
「平気の平左」
毎日ちゃんと寝れたらとっても幸せやろなぁ
私の1番の願い


9月17(火)

「anniversary」

帰宅したのが朝8時
奥が「今日は何の日かおぼえてる?」
と聞いてくる・・・ぜんぜん思い当たらん
私 「なんか約束しとった?」
「結婚記念日」
私 「そうか9月17日やったんか10月かとおもとった」
奥 「もーこれや」
私 「何回目?」
「22回目」
私 「そうかもう22年か」
人生の半分を結婚生活で過ごしたことになる。
ということなんですがとにかく眠い
就寝
お昼2時・・起きる
私 「飯できてる」
奥 「あるけどなんか食べに行く気ない?」
私 内心 なんで食べに行こっちゅうんやろ・・・そうか
  「ん〜いこかぁ・・・どこにいくん」
奥 「どこでもええよ私わからへんし」
やっぱワインくらい飲みたいし・・・と思て
自転車でスタート
武庫之荘のスペイン料理、フランス料理の店にいってみるが
お昼の3時過ぎでは開いてるはずもなく・・・どうしょう
そうやジョリパやったらワインあるやろ・・・
というわけで塚口のジョリパデビューを果たす
結婚記念日の食事がジョリパ
この夫婦にはお似合いやなと思う(笑)
デキャンタの赤ワインを頼み乾杯
普段気持ちがささくれている私は奥にやさしい言葉をかけることすらできひんのやけど
なんでか今日は2人の間にほのぼのした空気が流れてる
いい感じでいろんな話ができたし、聞いた
「ささえあってる夫婦やねんな」と素直に思った
「陽子さん・これからもよろしくお願いします」


9月16(月)

「偶然の産物」

今日は珍しく早い時間からお食事をするお客様が多かった
オリーブオイルで焼くソースヤキソバ
ダシ茶の梅茶漬け
ピザ
ペンネアラビアータ
ペペロンチーノ
チヂミ
結局この波は朝方まで続いた
朝5時45分
ベーコンのドリアフライドエッグのせ
のオーダーが入る
が・・・
ご飯が品切れ
ペンネでグラタンにしてぇもいい・・・
と了解をえて始める
ペンネ80gボイル
冷凍してある仕込みのホワイトソースを溶かす
そしてモッツァレラチーズのシュレッドをスタンバイする〜ぅ〜
「チーズないやん」
なんと今日はピザだけで5枚でてしまい前のピザでチーズもなくなってたんを忘れてしもとった。
「ごめんチーズ切らしてんねん」
おなかをペコペコのお客様2人
「ちょっと待ってね、なんかかわりにするから」
う〜んと考える・・・
なんせホワイトソースを無駄にしたない
「!」
よしゃこれでいこ
玉子を2個割ってとく
それにホワイトソースを入れて塩コショウする
茹で上がったペンネを混ぜてフライパンで焼く
さらにケチャップとオリーブオイル・チキンコンソメでソースを作ってトッピング
「ペンネのホワイトソースオムレツ」(ドラエモンの雰囲気で読んで)
「モーニングサービス!」
でっかいオムレツやったけどペロリでした
というわけで偶然に新しいお料理ができました
まだメニューには記載されてないけど注文受けたら作ります。
おきがるにぃ(こずえ・みどり風)


9月15(日)

「インターネットカフェ」

「インターネットカフェって書いてあるから一体どんな店なんやろ?と思てました」
と初めてご来店いただいたお客様に言われた。
じつはこれが初めてではない。
店の看板にInternet cafe bar と銘打ってある。
普通にショットバーと銘打っていればよかったんかなと思わんでもない。
しかし「気軽にインターネットができます」
ということはなんらかの形で知ってほしかったので悩んだすえ歌うことにした。
店にはパソコンが2台あり自由にネットで遊んでもらっている
バーにパソコン・・・・・アナログにデジタルなんかあえへんやん
といわれることがある。
そのときは(今日のお客様も同様に)こう説明している
「例えばビデオを映してるバーがあります
ダーツがある店があります
とか本を読むお客様がいるお店があります
こうゆうような絵には違和感がないですよね
じつはこのインターネットもそれらとかわらんのですよ
ハイテクとかデジタルとかゆうけど所詮は道具です
つまりバーのパソコン、インターネットはアナログなんです
ダーツといっしょなんです

私自身全然特殊なことではないと思っている。
パソコンをさわる人はさわるし、さわらん人はさわらん・・
それでいいんです。
なんやかんやとややこしいことをいいましたがここは只の酒場です(笑)


9月14土)

「相性抜群のやつら」

残念ながら人間の相性にことではない
食べ物と飲み物の相性のこと
チヂミのオーダーを受けた、すかさず「マッコリ」を紹介する
チヂミのピリ辛とマッコリの甘味と酸味が最強のコンビといってもいい
このマッコリをのんでもらいたいがためにチヂミをラインアップしたんです
結果・・・・相性抜群と評価をいただき大満足していただけました。
続いてモッツァレラチーズとトマトソースとバジルのピザ
こいつにあうドリンクちょうだいとオーダーを受ける
「う〜ん そやこれでいこ」
昼からやってるバー「リップル」で飲んだときのこと
ここのマスターの作るガーリックトーストは絶品で2人前を一度にオーダー
パリジャン風のパンにカリッとフライドしたみじん切りのニンニクとにかくメッチャうまいんです。
「何飲もかなぁ やっぱワイン系がええな」
まず浮かんだのがワインスプリッツァー、ワインのソーダ割りのこと、
「それに柑橘系でいこ」
ということで赤ワインとにグレープフルーツジュースそれをソーダで割る
一番大きなグラスでなみなみと作ってもらう
トーストをバリバリ
ワインをゴクゴク
一心不乱に飲み食べる・・完食!
なんともいえん爽快感!
自分のオーダーリングにも自己満・・・・
とうわけでこの変形ワインスプリッツァーをチョイスして提供する
そこで一言
「このカクテルはのどで味わってね」
そうビールのような感じで飲むとうまいカクテルなんです、チビチビやっても全然うまないんです。

結果・・・・相性抜群と評価をいただき大満足していただけました。

また相性抜群のやつらを探して喜んでもらう!
満足してるお客様を見るとほんまに思う・・・
この仕事やっててよかったなぁ・・・と


9月13(金)

「ブリーチ」

今日久々に髪の毛のブリーチをした
所要時間約1時間・・・集中力もいるしけっこう体力も使うからしんどい
そやからもうちょっとこまめにしなアカンねんけど・・・できひんのが現状
だいぶん黒いところが目立ってきてどうしようもなくなったんで、勇気をだして敢行!
頭皮が強いから(男なら普通かも)液を調合したらどばどばかける
よくしゅっぱいするのがみえへん後頭部、たまにブチをつくってまう
終了・・・・ほば完璧!
美容院いったらなんぼかかるか知らんけど自分でやったら700円と手間代、やっぱ庶民はこれやないとやっていかれへん
そもそも金髪をはじめたきっかけは前勤めてた会社の社長のアドバイスやった
35〜6歳くらいから急に髪の毛が生えへんようになってテッペンがさびしくなってきた
社長がそれを見て
「オシャレなレストランの教育担当がハゲやったらアカンやろ」
「金髪にせぇ外人でも金髪やったらハゲ目立てへんやろ」

というわけで始めた、だれにでもメッチャ好評でほめられた。
社長 「ハゲもわからんしみんなにオシャレやって言われるやろ」
私   「はい」
社長 「誰のおかげ」
私   「社長のおかげです」
社長 「誰のおかげ・もういっぺんゆうて」
私   「社長のおかげです」

なつかしい会話やなぁ・・・・
今でも感謝してますし
本当に思ってます
「社長のおかげです」


9月12(木)

「悔恨」

酔ったお客様が帰りしなにこけて大怪我をしてしまった
しかも自分の目の前で・・・・
「最善をつくしてたら・・・」
と思うとほんまに苦しい。
身内の方が(奥さん)一番つらいやろに謝る私にほんまに気を使ってくださった
「反対やん」
と思いながらもその言葉で楽になる自分がいることに気づく
早くよくなってくださいと祈るばかり・・・・

こちらの続編は・・・
2004年12月10日「「1番来てほしかったお客様のご来店」
ですこちらからどうぞ


9月11(水)

「いい感じ」

今日はオープン以来初めてといえるような営業やった
といのは・・・・
酒飲みにもいろいろなタイプがある
男性
女性
悩みを語る人
喜びを語る人
怒る人
しゃべらん人
パソコンする人
1人の人
複数の人
20才代
30才代
40才代
50才代
60才代
お酒を飲まずハーブティ、エスプレッソを飲んでる人

深夜1時過ぎ、こんな人たちが一堂に会した

60才代のお客様2人が酔って大きな声で喧嘩しよるから
「OOさん大きな声だしたらダメ!」
教育的指導・・・・
けど60才を過ぎてもメッチャ元気で酔ってフラフラやのに
「エンジェル!」(エンゼルキッスのこと)
「ルシアン!」 (ブラックルシアンのこと)
昔なつかしのカクテルをオーダーしてクッと飲む。
このお客様みたいな60才代を過ごせたらいいなぁ!!
おない年のシュウちゃんが帰るとき
私   「うるさかったやろごめんな」
シュウ 「ぜんぜん問題なし」
私   「ほんま?」
シュウ 「いろんなお客さんが集まってきておもろなってきたやん」
私   「・・・・・そないゆうてくれたらオレもうれしいわ」

ほんまうれしかった
ホームページにこの店のコンセプトが記載されている
それは私が目指す理想の形で現実ではむずかしいと思ってたけど
なんとなく1歩近づいたかなと思う。
でもいつも教育的指導しとったらしんどーてたまらんやろな(笑)


9月10(火)

「貴乃花」

もうアカンやろといわれながら貴乃花は土俵に立っている
初日感動の白星発進
2日目黒星
しかし「座布団1枚も飛ばなかった」とのこと
普通このパターンなら座布団が乱舞してるはず
これはどうゆうことか
ニ子山親方の離婚など数々の問題がそして怪我が彼れを襲った
だいぶん休場して世論はこれ以上休むことを許さない
まさに背水の陣
今日負けたら明日引退発表も辞さない状況
隣のママがツミレ汁をもってやってきた、その時5時35分
「ママテレビ見せてーや」
ということでツミレ汁を持ってママの店にいく
2番後・・貴乃花が土俵にあがった
NHKのカメラアングルも普段とは全然ちゃうかった
ずっと貴乃花の表情を追っている
時間前のしきりがずいぶん長く感じられる
行司の軍配がかえった

右四つに組みとめた貴乃花が左からの上手投げ
勝負はあっけなくついた
会場も私もママも大きな安堵に包まれる
なんともいえん気持ちや
こんな気持ち今まで味わったことない
真剣に貴乃花に勝てほしいと思ってる自分に今さらながら驚いた
日本中でどのくらいの人が私とシンクロしたんやろ
それほど彼は大勢の人に愛されている
がんばってほしい


9月9(月)

「タイティ」

今日この店で初めてタイティを作った
全くお酒が飲めないIちゃん
何をしてあげようかなと考え思いついたのがこれ
3年ほど前、代官山のモンスーンカフェで飲んだのが初めてや
った
簡単にいえばココナッツミルクのアイスティ
紅茶はフレーバーティのほうがエキゾチックの感じになる
フルーツフレーバーやキャラメルティなんかでもけっこう面白
いが
アールグレイがてごろでなじみやすい
ココナッツミルクはいろいろあるがココナッツパウダーをつか
うほうが保存の関係もあって扱いやすい
パウダーとミルク、ガムシロップを混ぜるだけでいい
基本的にはかなり甘めに仕上げるものやけどやや控えて好みで
甘さは調整してもらう
コンデンスミルクなんかを入れてみたりもしたがシンプルな作
り方で充分おいしい
クラッシュアイスに冷たいアールグレイティとこのココナッツ
ミルクをあわせればできあがり
Iちゃんも満足してくれた
バリエーションでこれにココナッツリキュールを加えたらティ
カクテルの出来上がり
これもいいですよぉ
ココナッツミルクは料理にも使えるしちょいと掘り下げて勉強
していこうと思う
フフフ・・・・楽笑


9月8(日)

「やっぱアカン」

従兄弟のジョージがやってきた
久しぶりにテキーラのショットの一気飲みをやった
メッチャうまい
話がはずんでさらにもう1杯
さらにもう1杯
計3杯飲んだ
けっこう酔ったけど平気やった、これ10時くらいの話
その後4~5杯いろいろと飲んだ
6時営業終了
お茶漬けを食べる
店で寝る
10時・目が醒める
恐ろしく胃がむかついてる
「エッなんで」
その後は・からえずき・の連続で眠れずフラフラ
4時ごろようやく・うどん・が食べれた
「ん〜やっぱり胃はだいぶんへたっとるみたいや」
やっぱ無茶な飲み方したらアカン
 なさけいわぁ〜 とほほ


9月7(土)

「なぜか快調やった一日」

夕方5時30分立花の一品料理屋さん「くつみ」に集合
日頃ここのママさんにはかわいがってもらってて
前から行きたくてたまらんお店なんです
ということで4時からピザとトマトソースをフルスピードで作る
5時20分自転車で一路立花へ5時32分到着
イッシーはすでに到着済み
イッシーのことを私は(1つ年長でもあるのだが)「アニィ」呼ばさせてもらっている
もし「酒飲み道」なるようなものがあったとしたら必ずや道場長になれるような人物で敬愛すべき人間である
じつはここのママさんを紹介してくれたのがアニィなんです
ママも私もアニィにはほんとに感謝している
なにはともあれ「生ビールで乾杯」
仕込みして必死こいて自転車できたのでビールのそらうまいこと
ママが「ほんとにおいしそうに飲むねぇ」と思わずつぶやいとった
アニィと客同士という立場で酒を飲むのわ6ヶ月ぶりくらい
ビールから冷酒にかえグイグイ飲んだ
お料理もどれを食べてもおいしくてどんどん箸もすすんだ。
最後の仕上げにもう1杯生ビールをのんで7時過ぎ「くつみ」を後にする
かなりの酩酊状態で「今日最後までもつかな」という不安が頭によぎる
残りの仕込みをすませ7時50分オープン
最初のお客様は8時15分に来店
そしてS屋の店長がきたのが5時45分
それまでにかなり飲んでたけど全然元気。
いっつも彼が来たときは半分くらいは寝てる状態やのに(爆)
「きょうは元気やろ」笑顔一杯(見たんかい)
そこに電話・・・Yママからで「今からイッシーとモーニング行きます」やて
急いでゆで卵をつくる
「エエ感じ」スムーズに動く
そしてアニィと本日2回目のご対面お互い「お疲れさまです」
結局その日は8時15分から朝7時までお客様が切れることはなかった。
今日はほんまに快調やった・・・・
でも明日しんどなるんやないやろか・・・・
不安も感じる45歳


9月6(金)

「回想」

お客様が「ダルファーのCDある?」
とゆうことで久々に「ハイパービート」を聞いた
聞きながらこのあいだ梅田へ出たときのことを思い出した
阪急梅田駅の紀伊国屋の前に特設ステージがある
OO楽器のミュージックスクールのデモンストレーションをやってた
カルテットつまり4人組
左から男・男・女・女イスに座ってる
珍しいかなサックスのアンサンブルのカルテット
最後の曲と紹介されたのはドリカムのメドレーやった
演奏はすばらしいもので聞きほれた
でも申し訳ないんやけど「なんかへんやな」と思った
左から 男性がソプラノ
続いて 男性がアルト
続いて 女性がバリトン
続いて 女性がテナー

どうってことはないねんけど
「絵」がぎこちなく感じる
技術が云々ということであれば仕方ないけど
やっぱ男性がテナーとバリトンをやってるほうが
バランスよさそうに感じる。
皆さん、どう思います
ハイパービートが終わって我にかえる。
あの4人組みのグループ名なんやったやろ
知ってる人いません?
ご存知かたいらしたら教えてください


9月5(木)

「こんなんできました」

営業終了後はらが減ったのでペンネのやきそばソース風味を作る
まずペンネをゆがくこれは10分でちょうどよい
いっつもオリーブオイルでやってるので今日はごま油でやったみた
ごま油を熱したところでチヂミのとき玉子が残っているのを思い出して入れる
ゴマ油たっぷり入れてあったので玉子はフワッと膨らむ竹ターナーでスクランブル状態のして、塩・コショウ・味の素で味をつける
茹で上がったアルデンテのペンネを鍋に入れ玉子といしょにける
水分がある程度とんだらヤキソバソースをかけじっくりける
できあがあり
食う
ごま油をたっぷり使ったのにごま油の感じがしない
ん!・・・ん〜〜〜
玉子・・・え〜肉入れてへんやんなぁ
なんとあの玉子の食感と味が肉のようや
何肉?って言われたらようわからんのやけど
自分でもキツネにつつまれたような感じやった
コミュニティのきねこにこの不思議な玉子のレシピを伝えて帰った
翌日きねこからのカキコはこんな感じ
  2002年09月05日 13時49分 きねこより
   レシピさんきゅ☆
   さっそく昼メシにやってみた!1人なのに、ビール飲んでもた!(笑)
  2002年09月05日 13時59分 きねこより
   あの料理、名前付けて〜☆

「そんなぁ名前つけてってたいそうなぁ」と思いつつ
昨日の手順をふんで玉子を5つ使って作って見る
ちゃんと昨日どうりに再現できた
常連のシャド子に食べてもらう
「なんの肉やろ?」
やっぱり肉と思ったようや、玉子やとゆうとビックリしとった
そしてさすがというか
「マヨネーズつけてレタスに巻いて食べたらおいしいんちゃう」
やってみる、どっかで見たことある光景・・・そう「ミンチのレタス包み」やん
たしかにうまい
次は正真正銘のプロ2人、CマスとBマスに食べてもらう
玉子だけとは信じられんなぁどう考えても肉としか思えんな
との評価をいただいた
こうゆう食べ物を「フェイクミート」っちゅうらしい。
この肉のような食感は玉子とごま油そしてヤキソバソースがなんらかの化学反応を起こしてできたのではないか思われる。
写真付のレシピを作って掲載しようと思っていますが、
取り急ぎは下記の要領で作ってください。

玉子3個 ごま油50cc
ゴマ油たっぷり入れて熱したらとき玉子を流しフワッと膨らます(揚げる感覚)それから強火でスクランブルエッグ状態にする。
ミンチ状に細かく仕上げたい場合はピーター(攪拌機)でつぶしながら炒めるとやりやすい
塩・コショウ・味の素(お好み適量)を入れて焦げない程度によく炒める
ヤキソバソース(30cc〜50cc)を加えてもう一度よく炒める。

名前どうしょ・・・・


9月4(水)

「インラインスケート初乗り」

6時営業終了
かたずけをして、コミュニティサイトへ返事を送っていよいよご帰還
ウルトラ(スケート靴のメーカー)を履く
せまい場所を移動するのにむかないのが唯一の欠点
扉の施錠をしてシャッターを閉めまた施錠そして5段ある階段を上がる
酔ってるせいもあるけどこの段階で息があがってしまう。
走り出す
快適や
こけるイメージはない
しかし体力不足は否めない
500m位走っただけで早くも汗がふきだす
ひざ、足首にも疲労を感じ始める
バックスケーティングやジャンプなんかも
やろと思てたけどそんな余裕は消し飛んでまう
本日の目標を家にたどりつくに変更する
歩道を走るのがつらい
段差や目の不自由な人用の黄色のプレートにのると
つんのめるようになってきた
足の筋肉の弱さとひざに柔軟性がないからこうなる
全身汗びっしょり、息も絶え絶え
なんとか家にたどりつく
即シャワー
冷水を浴びながら思った
「焦ったらアカンなぁジックリいこ」

9月3(火)

「インラインスケート」

インラインスケートを買いに梅田まででた。
私のインラインスケート歴は約5年
始めたキッカケは中年男によくありがちなお話になります。
とある女性がいました、スノーボードのジャンプの選手でした。
その彼女が夏季のトレーニングの一環としてインラインスケートをするというのです。
「よかったらいっしょにやりません」
「オレそんなん苦手ねん」
「大丈夫ですよ」
「うん、ほんだらやってみよか」
彼女が魅力的な女性であったのはゆうまでもない。
しかし彼女といっしょに走ることはなかった(むなし〜)
でももう一つ始めた理由があった
それは「太りすぎ」
大体それまでは54〜56kくらいをいききしてた体重が58kを超えるようになっていた、当然足腰にも負担がかかってくる、お酒の量も増加する一方やった。
阪急イングスでローラーブレードを購入
武庫川の河川敷で練習をつんだ
東京出張では渋谷のサンルートホテルに寝泊りしていた
夜12過ぎその界隈を走り回った。
とにかく坂が多いところで初心者にとっては危険きまりないコースやった。
長い急な坂道で止まれんようになってガードレールに激突、ちょうどそこが鉢山町の交番の前・・・
お巡りさんがでてき「このあたりは坂が多いし危険だから止めてください」と丁重に言われる。
でもこりずに毎夜特訓につぐ特訓
走ったらストレス解消になるのか、お酒を飲まずにいられた。
食生活も野菜中心にして朝起きたら(ホテルの部屋)まずキャベツの千切りを作るのが一日の始まりやった。
そして1ヶ月・・・体重は10k減の48kになってた
鉢山町の交番の前を通過する時には手を振るくらいスケートの技術も向上していた。
日本テレビ系列の「情報最前線スーパーテレビ」に出演したときは世田谷公園でのロケやった。
練習中こけたのをおもしろおかしくオンエアされた。
このローラーブレードでよう走ったけど1年くらい履いていない。
いざ履こうと思たら中が「ボロボロ」ウレタンの部分がちぎれてもうた。
こいつとは武庫川の河川敷、渋谷・世田谷界隈、新宿歌舞伎町界隈、博多・天神界隈、名古屋・栄界隈のみならず他に
「ミラノ」「トリノ」「アビニヨン」「エクスアンプロバンス」「バルセロナ」
なんかのヨーロッパの町もたくさん走った相棒やった。
ほんま「ありがあとう」
長くなりましたが・・・
というわけで8月29日の日記にもあったように通勤をインラインスケートでするため新しい奴を購入しました。
立花・武庫之荘・塚口・界隈で金髪のオッサンがインラインスケートで走っとったら多分それは私「アロマスター」です。
新しいスケートのメーカーは「ULTRA」こいつです。


9月2(月)

「後遺症」

二日酔いを引きずる
5時くらいからようやくムカムカがおさまる
白かゆを炊いて梅干を入れて恐る恐る食べる
おいしい、幸いにもムカムカはやってこない肝臓も胃もソロソロ通常通り営業を始めたようや。
月曜日には珍しく早い時間からの来店があった。
本日の1杯目・・ブルドッグを入れて「かんぱ〜い」
「きつ〜」
と「胃」がゆうた、45歳・・・年を痛感そう胃も45歳なんや
なさけないなぁ・・・・
「お互いダマシダマシがんばろな」
と胃君そして肝臓君につぶやいた
しかし1杯飲み干したあたりから俄然元気になっていってすぐ2杯目3杯目
エエ気持ちで次々飲む
「アホは死んでもなおらん」
とはようゆうたもんやなと思う

5時30分居酒屋のH店長が来る

店長「マスター昨日大丈夫でした?」
私  「あれ昨日来てた?」
店長「昨日夕方店に来てくれたやないですか」
私 
 記憶をたぐる、カラオケでた後居酒屋さんにいったことを思い出す
   「そうや行ったわなぁ、完全に忘れとった」
店長「だいぶん酔うてはるみたいでしたもんねぇ」


いか〜ん 何を飲んで食べたかも覚えてない
誰がし払いしたんやろ
みんなに迷惑かけっぱなし・・・
ほんますんません。


9月1(日)

「飲み会」

朝8時まで飲んでそのまま店で睡眠3時過ぎ
今ちゃんが来て目が覚める。
6時間くらい寝たので体調はいいはず・・・・やったのに
朝まで飲んでた焼酎が残ってるというよりまだ酔ってる
今日の飲み会が参加者5名
「私」「ヤッサン」「今ちゃん」「りんまま」「ミッチャン」の5人
ビールどれくらい飲んだんかあんまり覚えてないけど記憶はとぎれとぎれ
日頃の鬱憤か、とにかく歌たいまくったのは覚えてる。
7時過ぎ全員店に帰りまた飲み始める
私はしんどくて飲めない
営業は早い時間からご来店がありにぎわっていた
12時くらいから 酔いが醒めだして頭が痛くなり、胃がむかつき始める二日酔いがきたんです。
ほんましんどくてフラフラ状態お客様にも「よっぽどしんどそうや」と言われてしまう
5時ノーゲスト
片付けも何もできひんままカウンターに突っ伏してしまう
ハッと気がついたら6時15分・・・
戸締りをしてそのまま昏倒・・・
お昼4時くらいまで・・・
脱水症状を起こして何を食べても飲んでもゲロゲロ七転八倒!
ほんま死にそうやった。
まあこれはこれでよし。
新学期も始まるし気ぃ引き締めてがんばらな・・・な!
なんのこっちゃ?


8月31(土)

「休み」

明日は飲み会やし両親と叔母が7時に来店する予定なので3時過ぎから仕込みを始める。
ピザの生地を打つことからスタート
いつも同じ分量でつくるのにいつも微妙に雰囲気が違う、不思議や
しかし伸ばすのはさすがに回数を重ねてきたので早くきれいにできるようになった
最近飲みすぎで腎臓あたりも疲労してるみたいで腰が重い。
オープンして4ヶ月たしかに体はかなり疲労している
みんなも心配してくれて「休む」ことを進めてくれるが、
私は精神的に軟弱者やから休んでもリラックスできへんと思う、
それでモンモンとしとかなアカンのやったら、
休まん方が楽そうや。

というわけで休まんとがんばってみようと思う。
営業はけっこう忙しく朝8時まで続いた。
結局今日も飲みすぎぃ


8月30(金)

「暇でした」

今月も残りわずか
今日は「花金」がんばるぞ〜
早い時間から3組ご来店があって
「エエ感じやなぁ」と思ってたんやけど10時30分くらいに皆さんが帰ってから2時過ぎまでノーゲスト、そしてその後も3組の来店でとどまってしまった。
大きく目標を下回ってしまった。
まだまだ実力不足を痛感する。
「そんなこともあるよ」とKのママになぐさめてもらい気が楽になる。
オープンして4ヶ月まだまだ赤字やけど先は見えつつある。
ふんどしを引き締めてがんばろぉ!
東京のH子から電話があった1年ぶりに聞く声
ホームページを見たらしい
そういえば前務めていたユージーグローイングアップをグーグルで検索すると2番目に「だてひろしのプロフィール」がでてくる
えらいエエ場所に掲載されている、ありがたやありがあや
オフィシャルのホームページは3000ヒットを迎えようとしている、後「gio」と「ドリームシティ」にミラーサイトがあるので実質的にはもうちょっとヒットしてると思われる。
プロフィールが更新できずにそのまま状態こっちのほうもがんばらなアカンのですわ。


8月29(木)

「やばい」

ここんとこ酒量がふえてる
今日はhe子さんが一升瓶を下げてやってきた
「東北泉」特別純米・・・そらそれのおいしいことゆうたら・・いやほんま
のめのめといわれるままに飲んだ。
その前にビールとクロウを3杯やってたのでまだ11時前やっちゅうのにできあがり〜
気持与三郎
4時頃ノーゲスト・・酔った頭をふりふりパソコンに向かう
多分5時頃「Yマス」と「Hマス」登場
麦焼酎「たる蔵」をやりだす、ここでものめのめといわれるままに飲んだ。
多分9時頃閉店
とまぁこんな感じなんやけど「やばい」のは酒量のことではない
「体重の増加」なんです
私は飲めば飲むほど太るんです、口がいやしいので飲んでるときは何かしら食べるんです
最近新メニュー開発で試作試食が続いたのも要因のひとつ
毎日朝起きたら二日酔いぎみなんで仕事の前にドリンクを飲む
「エスカップC1000」
ビタミンCの含有量が多いドリンクで甘いです「カロリーたかぁ〜」っちゅう感じ
これも太る要因
おなかでてきたんですわ
太ると足腰にも負担がかかる
運動しなアカンのですわ
ほんまにローブレ(ローラーブレード)で通勤しなアカンはめになってきた・・・


8月28(水)

「ちょっとかわったやつら来店Vo.1」

ヴァニラコーラ
20年来の知人であるK氏がヴァニラコーラなるものをもってやってきた。
アメリカのコカコーラボトラーズの製品で日本では作ってない代物。
グッといった後で「もあ〜」っとヴァニラの香りがやってきます。
まだ5本くらいあるのでご希望の方は飲みにきてください。
これに関してはサービス(笑)
ほんまに土の香りがするリキュール
常連のO氏のリクエストで「スーズ」っちゅうリキュールを仕入れた。
イタリアのカンパリに対してフランスはスーズというくらいメジャーなアペリティフ
朝鮮人参の仲間でゲンチアナという植物の根でつくられ、漢方薬っぽい独特の風味がある、ほんまに土の臭い、味がします。ピカソが好んで飲んでいたそうです。
今日はちょっと変わったやつらが来たんですが最後は「マッコリ」
前にも紹介した韓国のドブロクで商品名は
「抱川王家マッコリ」ポチョンワンガマッコリとよむ
そう私があのチヂミのパートナーに認定したお酒です。
M氏がやってきたのでさっそくチヂミを焼いてマッコリをどぶ碗で酌み交わす
「酸味」「甘味」がほんまにチヂミにあうあっという間に2杯づつ飲んでまう
以上3名本日来店


8月27(火)

「私の日課・バジル編」

当店の人気メニュー「ピザマルゲリータ」
和名モッツァレラチーズとトマトソースとバジルのピザ
マルゲリータはイタリア語・・・
英語やとマーガレットそうつまりあの白い花のこと
でもこのマルゲリータは人の名前
なんでも実在したお姫様の名前らしいそしてこのお姫様の誕生日を記念して作られたのがこのピザのゆわれらしい。
色をみたら
トマトソースは赤
モッツァレラチーズは白
バジルは緑
の3色・・・・
そうつまりイタリアの国旗になぞられているのです。
それはともかく
「バジル」別名バジリコ
ハーブの代表選手でイタリアンにはかかせない野菜です。
スーパーに売ってます(今の時期なら200円前後)
しかし市販のものは香りが弱いし、その上この店では少量しか使わないのでいくらかロスがでる。
というわけで自家栽培している。
出勤時に使う分だけチョンチョンと摘んでくるのです。
そのフレッシュな香りに頭スッキリ・・・半ば中毒的な「私の日課」
バジルは今の時期花をつけます。
しそ科の植物らしく花穂を立てて白い花が咲きます。
今からゆうことはマジバナです。
一級造園士にしてウッドドクター(木の医者)である従姉妹に教えてもらって実際に実績をあげていることです。
もし栽培している方いてはったらやってみてください。
バジル(植物)は花を咲かせ実(種)をつくり子孫を残そうとします。
一年草であるバジルは花を咲かせ実をつけると「これで責任を果たした」と安心して成長することを止めます、つまり枯れるのです。
ですので蕾の段階でちぎってしまうのです。
そうすると責任感の強いバジルは花を咲かせようと葉を繁らせ光合成をして蕾をつけようとするのです。
そしたらまたちぎる・・・・
また葉を繁らせる・・・・
やがて気温が下がるとやはり枯れてしまうのですが元気な奴はまれに越冬するそうです。

今日は今から帰ります。
「ただいま」をゆう前に蕾をちぎります。
そうそれも「私の日課」


8月26(月)

「新メニューに挑戦」3

昨日営業終了後、睡魔に襲われ耐え切れずダウン・・店で就寝
お昼2時起床、活動開始
まずは腹こしらえ、リップルのランチへ出発
到着、日替わりランチとジントニックをオーダー
目覚めてすぐのジントニック・・幸せいっぱい・・おいし〜い〜
マスターの作ったカツレツメッチャおいしかった
よっぽどおかわりしょうかと思ったけどガマン・・
ごちそうサマしてダイエーへ
日用品のコーナーでチヂミ用のフライパンをさがして購入。
カリフラワーの価格をチェック依然300円台、手ぇでーへん。
店に帰ってさっそくチヂミを焼く
ポイントは
・ゴマ油をふんだん使う
・生地の水を少し増やして伸ばして薄く焼く
いい感じで焼けた隣のママとこに行って食べてもらう
「たいへんおいしゅうございます」
と評価をもらった。
あとは熟練度だけ。


8月25(日)

「これからもお願いします」

Rのマスター来店
早速チヂミを食べてもらう、そして感想
・もっとゴマ油きかしたほうがいい
・生地はもっと薄いほうがいい
の2点をアドバイスしてもらった。
ゴマ油については焼く段階、特に生地をひっくり返した時にもう一回ゴマ油をたらすんやけどその量をどのくらいにするか悩んでた・・・
たっぷりでええんや
生地についても言われてなるほどと思う、今のフライパンでは生地を薄く伸ばすのは無理やから底面が広くフラットなパンを明日探しに行こうと思う。
Dのママが来店
くるなり「お香焚けへんの?」と言われた
当店はアロマちゅうくらいやから当然お香はあるし実際焚く
ところが私がそれを忘れる、日常ひとりでやってるせいかどこか緊張感が欠如してるんや
あわてて焚く。
Wのマスターが来店
チヂミが記載された新しいメニューを見て
「チヂミはじめたんや、なんか居酒屋みたいなメニューになってきたな」
と軽口、そのままメニューを凝視おもむろに
「FLYはFRYとちゃうの」
調べてみるやっぱりFRYが正解、メニューを作りかえる

皆さんにはお店のことでアドバイスいただいたり私を心配くれたり・・・・痛み入ります。
ほんま皆さんありがとうございます、これからもご指導ごべんたつよろしくお願いします。


8月24(土)

「驚いた外国の話(2)」

S氏が来た
この前来たときインドネシアに奥さんがいると聞いていた
それからふとっS氏をおもいだしてはどこで結婚したんやろ?
と考えている自分がいた。
なぜかというと知り合いが昔バリで結婚式をあげておりその際、新郎もメイクし口紅をさしている写真を見たことがあるからなんです
奥さんはインドネシア人でインドネシアで結婚したとのこと、その時に聞いた話
インドネシアでは婚姻届を提出するにはお互いが同じ宗教の信者でなければいけないそうです、奥さんはプロテスタントの信者なのでS氏はまず教会いって「洗礼」を受けたそうです。
それからプロテスタント担当の役所にいってそれを証明してもらい始めて婚姻届を受理してくれるそうです。
これって結構利にかなってるなと思う。
昨今夫婦のどちらかが宗教にはまって離婚というケースが多くなってる。
それが防げるというわけソー思いません?!


8月23(金)

「新メニューに挑戦」2

お昼3時家から近所の高麗飯店に向かう。
チヂミのタレのつくり方を店長の高山さんに教えてもらおうという計画。
果たして高山さんはいた、さっそくご教授願う。
「ヤンニン」というからし味噌?を使いそれに醤油と酢をあわせるとのこと
ヤンニンを購入して店に帰る。
まずヤンニンを使ったタレ作り
醤油・酢・ヤンニン・ゴマ油をあわせる
(5回目)
本日の1枚目を焼く、真ん中がうまく焼けない油が淵の方に回ってしまうからみたいや
タレはどうも醤油が勝ちすぎてると感じて酢の割合を増やす、ここでタレにネギと白ゴマを入れなアカンことを思い出す。
(6回目)
さっきの教訓を活かさなければならない。
生地をフライパンの周りからドーナツ状に流す、そして真ん中を埋める
これはうまくいってまんべんなく焼き色がついた。
食べてみる
なかなかうまい・・・食べてる最中にキムチを添えていっしょに食べなアカンことを思い出す、もっとうまくなった。
「タレの味なんか足らん」・・・・食べ終わってから気が付いた、と同時に「タレは少し甘味があったほうがいいんじゃない」という昨日のママの言葉が浮かんできた。
「甘味なにを入れよかな」味醂ではない、なにか・・・「これええんちゃうかな」入れてみる。
味に厚みと広がりがついた 感動の一瞬やった。
(7回目)
試作これを最終にしたい。
気合を入れて焼く。
実はこの段階で営業時間に入っていてお客様が2人いた、そこでいっしょに試食してもらった、M氏T氏ともにOKをくれたし自分でも満足のでき。
「マッコルリ」「韓国焼酎」「ビール」が本当においしく飲める!!
ウレピーっ
あとは・・・食べに来てください。


8月22(木)

「新メニューに挑戦」

「マッコルリ」(普通マッカリとかマッコリと発音する)
韓国のドブロクで微発泡、酸味があり飲みやすいのが特徴
こいつを楽しみたいんやけど愛棒がおらん、いろいろ考えてでた結論がこれ。
そいつの名は「チヂミ」
きょうはお昼2時から試作開始。
まずネットでいろんなレシピをチェックしよさそうなところをつまんで仮のレシピをつくった。
ポイントは
・表面をカリっと仕上げる
・生地には味をつける
・タレはこだわりたい
・短時間で作るためにはどうするか
の以上4点
とにかく焼いてみる
(1回目)
1人前としてはかなり量的に多くお好み焼き状態になってしまった。
味的には「まぁまぁ」かなという感じ。
タレは酢醤油にゴマ油そしてチョジャン、キザミネギ
(2回目)
量的にはよかったが粉の割合が多かったみたいで焼くとき生地が薄く伸びない。
(3回目)
生地の感じはよくなったがニラの切り方が悪いせいかにニラがかたよってしまう
(4回目)
ニラを2cmくらいにしようやく全体にいきわたりいい状態になった。
ここに隣のママ登場!食べてもらう。
ダメときはダメとハッキリいてくれる人や
「生地に味がついてるのね」
「タレは少し甘味があったほうがいいんじゃない」
とのご意見、まぁ合格点はもらえた感じ。
タレに関しては「ミリン」を使うレシピもあったのを思い出す。
今日はここまで
集中してやったせいかかなりの疲労を覚える
冷蔵庫からダイエーブランドの100円の発泡酒をだし一息・・・・
タレどうしょう
・・・・
やっぱここはプロに相談しょっと・・・・
明日はそこへ赴くことから始まる・・・・
続く


8月21(水)

「手造りぬか漬け」

買い物に行ったら少し傷んで値段が下がった野菜のコーナーを必ずチェックする習性がある。
「カリフラワー60円かぁ」正規のカリフラワーを見に行く
「320ー円たかぁー」もう一回コーナーへ
見た感じは正規物とほとんど遜色はない・・購入決定
帰って仕込みをはじめる
ぬか漬けの「ぬか」がかなり安定してきた。
浅漬けでも古漬けでもおいしい状態で漬かる。
水なすを半分に切ってぬかに潜らせる。

「そやカリフラワー漬けたらどーやろ」
買った時点では自分でサラダにでもして食べようと思ってたカリフラワー。
適当な大きさに切りさっとゆでてよく水を切りぬかに潜らせた。
それが昨日のこと。
以前カリフラワーのピクルスを作ったことがある。
生の状態で作ったからか漬かるのにだいぶん時間がかかった。
そやから今回はゆでたんやけど
ぬかをきれいに洗い流しキッチンペーパーで水気をしっかり吸い取る。
食べる・・・
「いけるやん」
これが感想
一人よがりはあかんから「Rのマスター」「Wのマスター」に食べてもらう
「Rのマスター」→まあまあ
「Wのマスター」→うまい、酒のあてとしてはかなりいける
という評価をえて・・・わたくしご機嫌!
「よ〜し次はなんでいこ〜!」


8月20(火)

「驚いた外国の話(1)」

K代とライの夫婦がきた。
ライはアメリカのオハイオ出身
私はかれらがくるとアメリカの文化習慣について尋ねる。
今日は家庭における食文化について聞いてみた。
その中で驚いたのは野菜に対する概念
「野菜」は動物(家畜)が食べる物という概念が根強くあんまり食べないらしい。
「えーほんだら栄養のバランスどーすんの」と私
「ビタミン剤飲むんですよ」とライ
無理に食べたくなくてもそれでことは(栄養のバランス)すむんやからそれでいいそーです。
次に肉に対する概念
どこで食べても肉はパサパサらしい、そしてそうでないと売れないそうだ。
「えーなんで」と私
脂身は健康の悪い、そう思い込んでるんですね」とライ
アメリカ人は肉汁したたるでっかいステーキにかぶりついているイメージしか思いつかんかった私。
ちなみにライはジューシーな霜降り肉が大好きで野菜もバリバリ食うそうです(笑)


8月19(月)

「おこげ」

阪急武庫之荘の駅の南側のある「PASE PASE」というスペイン料理のお店にいった。
正確には連れて行ってもらったんです。
スペイン料理はほんま久しぶり、6〜7年ほど前にバルセロナで食べて以来です。
メニューをみるとパエリアはパエジャと表記してあります。
イカスミのパエジャとミックスパエジャを頼みました。
来るまでの間ランチマットのインフォメーションを読む。
パエジャの食べ方が書いてありました。
一番おいしいのは鍋にこびりついた「おこげ」だと。
その「おこげ」の部分を「ソカレッツ」と呼ぶそーです。
ここで思い出したのが「飯盒で炊いたご飯」
いい具合におこげを作るのはかなりの技術となれが必要。
適度におこげのコーティングができた日にゃそらもぅ・・・
次は「石焼ピビンパプ」
前の仕事でこの料理を提供したときにする説明
「底のほうのおこげがおいしいですのでグリグリっと混ぜて召し上がってください」
あぁ〜なつかしい。
ここに世界的な法則があることに気が付く
「ごはんはおこげがおいしい」
イカスミのパエジャ
文句なしうまい
ミックスパエジャ
文句なしうまい
ほんまにおいしかった。
ソカレッツはどうなったかって?
フォークを使って削り倒したった。
ごはん1粒も残さず全部食べました。

まちがいなく「ソカレッツ」最高やった。

TPOページへ   マスタープロフィール

8月18(日)

「越智順子ライブ1」

「越智順子」のジャズライブを観に行った。
常連のユウコが越智順子というヴォーカリストのCD2枚を持ってきたのが2ヶ月前。
聞いたときごっつい鮮烈な印象を受けて愕然となったんを今でもおぼえている。
今でも毎日店でかけ聞いている。
ユウコが「帝塚山音楽祭で越智順子さんがでるからいきましょう」と誘ってくれたけど時間があわんので行かれへんかった。
そのユウコが報告にきた「よかったですよ〜最高でした」ほんまに感激しとった。
それから毎日CDを聞くたび順子さんへの思いはつのるばかり(笑)
そうしてるとユウコがやってきて「越智順子さん武庫之荘のアロウでライブやるんですよしかもお昼の2時30分からやからマスターもいけるでしょ」なぜか目がキラキラしてた。
「もちろん行くよ!」
それから指折り数えて今日とゆう日を迎えたというわけ。
越智順子さんはすでにこのHPのCDコーナーで紹介しているのでそっちを見てください。
阪急武庫之荘にある、アロウジャズオーケストラミュージック内のLIVE SPOT ARROWでの観客40人のライブ。
目の前で歌うので演者も観客も文字通り「一体」のライブや。
越智さんの印象・・ツルっとむいた「ゆで卵」(アハハ失礼しました〜)
とにかく人なつっこい、しゃべりもほんまにうまい。
ピアノ、ベースとのさわり、またお客様とのコミュニケーション?(いちじく万歳!爆)絶妙やった。
それはともかくライブは事前の期待をはるかに凌いだ。
「何が起きるかわからないというスリルがある」
「CDで聞くのとちがうよね」
「この距離感(目の前、近距離)でやれるのが好きです」

これは順子さんが語ったライブ感で私自身この彼女の言葉を裏打ちする体験をすることになる。
catch & release & synchronize
こんな感じかなぁ、うまく表現できひんねんけど
・catch「捕まってる」ってゆう感じ
イメージ的には「ブラックホール」
ホール(順子さん)の中心へ吸い寄せられいって逃げられへんようになってた(自ら飛び込んでるのかも知れんけど)自分がおった(これは終わってからわかった)
特に「目」・・・
何回か視線があった・・・
ぐぅぅっと見つめられてぇ・・・
心臓がドキドキドキ・・・
順子「こっちにおいでぇ」
私 「は、はい」
てな感じかなぁ。
・release「解き放つ」ってゆう感じ
彼女が放つオーラが優しく広がるの感じる、と同時に自分の中の自分も開放されていく、このオーラをベースに日々の生活や昔の想いでが脳の中でスライドショーを始める。
順子「行きたいところにお行き」
私 「は〜い」
ってゆう感じ。
・synchronize「同調してる」ってゆう感じ
「ジャズ」・・・なんかこうぅ「襟をただして聞かなアカン」とゆうイメージがどうしても浮かんでくるやけど、この空間(ライブのこと)はそうゆうものを感じひん。
どうゆうんやろぉ同じ関西人やからかなぁわからんねんけど。
ライブも終盤
今まで「捕まって」「解き放ってもらって」いた、これは完全に受身の状態。
やったんですが・・・・
「空間・時間」を共有していることが「聞かし手」「聞き手」の垣根を越えたのか、彼女が垣根をとっぱらったのかわからんけど、私は彼女と同じ意識・テンションであることを感じた。

今日のライブは忘れられん思い出になった、けどこれから「越智順子」を観ても2度と今日みたいにシンクロできひんかもしれん
「ライブは生きもんやもん」

次回は野音のコンサートをやるらしい、観にいこうと思う。
今回とは全然異なるシチュエーションで新しい越智順子を観ることになるんやろ。
私は音楽に関しては全くの「雑食」・・・
いろいろやらはるみたいやけどラテンは大好きなジャンルやから「サルサ」は特に楽しみやなぁワクワクするわ!

というわけで「アロマスターと越智順子を観にいこう」会をします
10月6日(日)PM1時 開演 前売り3500円 服部緑地野外音楽堂
詳しいことはまだ未定、常時私に聞いてください。


8月17(土)

「心境の変化なのか?」

ちょっと前に知り合いになったA子さんが初めて店に来てくれた。
彼女はこの店の印象をこう語った
「もっと暗いと思ってたけどけっこう明るくてよかった」
正直言ってこのご意見には驚いた。
私自身かなり暗いと思ってからなんです。
でもよく考えてみるとオープン当事はもっと暗かったんです。
キャンドルつけてなんとかメニューが見える暗さにしてたんです。
今はキャンドルをめったにつけることはない。
それと店の入り口付近と奥にライトをつけてひろがりをだしている。
グラスの棚にも同じくライトをあてている。
お店の外も明るくしている。
振り返ってみるとオープンして3ヶ月くらいしてからじょじょに明るくなってきているがわかった。
なんでやろ!
そして思わず私の口からでた言葉は
「最初はもっと暗かったんです、不安だったんでしょうかねぇ
今は精神的に多少安定してきたから明るくなったんでしょうね」
『えっ!オレなにゆうてんの』
という感じで自分でもビックリ!
ということでどうも私自身の精神的変化が店を明るくしたみたいや
(あくまで推測)


8月16(金)

「フードメニュー改正」

明日からフードメニューを一部改正する。
新しく加わるメニューのテーマは
1980年代の「パブ」メニュー
なんとおおげさな表現やろ自分でも笑ろうてまう!
「レーズンバター」「サラミソーセージ」「オイルサーディン」の3点が増える
実は40歳前後のお客様からのリクエストが多いので加えることにしたんです。
約20年前当時「そんなナイトパブ」てな歌が流行るほどパブブームがあった。
概念的にいうと「スナックはカウンター」「パブはボックス」といった違いがあった。
そんな業態のメニューには必ず上記の3品のようなメニューがあったんです。
ご近所のそれ系統のママに聞いても
「そやなしばらく見てへんなぁ」とか
「そんなんあったなぁ」とか
「お客様も注文せぇへんで」等とのお答え。
あんだけ花形のメニューやったのに・・・・・
私が昔の栄光に敬意を表してメニューにラインアップします。
特に40歳前後より年上の方!
昔のことを懐かしんで召し上がってください。


8月15(木)

「手造りぬか漬け」

ぬか漬けを始めて3週間目になる。
最初のころはヌカのにおいがきつく塩辛いだけの状態やった。
のごとに対して「思いっきりひねりをくわえる」もしくは「シンプルにする」どちらか両極端になるのが私の性格。
ぬか漬に関しては「思いっきりひねりをくわえる」でいきたい。
「甘味」「辛味」「旨味」「こく」
を追求したいので、とにかくなんでも入れて漬けよう。
唐辛子・昆布・米麹・乾燥みかん皮・りんごの皮・スイカの皮・ピーマン・おくら・みょうが・エリンギ・セロリ・瓜・きゅうり・大根・白菜・レタス・キャベツ・なす
以上が現在のところま使ったアイテムです。
かなり複雑な味になってると思う。
今考えてるのは「甘味のある塩」これを使ってさらに奥深い物にしたい。
人気はなんといっても「瓜」季節物やけどこれがうまい。
別に毎日まぜるのは苦痛でもなんでもない、これから進化し続けるこの漬物に私自身大きな期待をもっている。


8月14(水)

「開店準備」

今日も家に帰らず店で寝る。
とにかく朝は眠い、体が疲れているからやろかメッチャ強烈な睡魔が襲ってくる。
家に帰るのに恐ろしくエネルギーを使う。
お昼3時起床・・・だるい。
冷蔵庫からペプシをだし飲む、ソーダのピリピリ感で目が開く。
5分後、糖分のカロリーのせいかだいぶん体が動く。
今日はやらなアカンことがたくさんある。
まず仕込みは
・ピザ生地打ち
・トマトソース
・ゴイクン巻き
・ドリアのソースつくり
だいたいこれだけで2時間以上はかかる
清掃整頓関係
・冷蔵庫の整理
・扉のガラス拭き
・CDの整理
扉のガラスの汚れは気になってたけどなかなかようせんかった。
基本的に暗い店やからそんなに気になれへんねんけど朝がアカン!
店の扉はもろ東向き朝日が差し込む。
そうするとガラスに手の跡なんかが浮かび上がってくる。
朝がくるたび「拭かな々」と思いつつ2週間くらいたってもーた。
今日は絶対拭かなアカンのや。
CDがムチャクッチャでなにがどこにあるのかわからん状態。
250枚ほどのCDをジャンルわけして整理する。
ここで腹ごしらえ、ゴイクンを巻いた時にでた白菜とレタスの外側の硬い部分を炊いてコンソメと塩コショウで味付けスープを作った。
そんなかにご飯をいれ「猫マンマ」にしかきこむ。
時間は7時30分たばことつり銭をチェック
「いか〜ん」つり銭がない
「両替いかな」スーパー3軒はしごしてようやく目的達成そこで携帯がなる。
「ダテッチ今アロマの前よ〜」T美からの電話やった、時計を見たら8時2分!
「すぐ帰るしちょっとだけまっててぇ」ゆうて必死こいて帰る。
営業はこのままお客様がたえることなく朝6時まで続いた。
快い疲労と激しい睡魔に襲われたけどなんとか家にたどりついた。
まぁ充実した1日やったということかな。


8月13(火)

「PARFAIT AMOUR」パルフェタムール

ブルームーン
ジン・レモン・パルフェタムールをシェイクして作るショートカクテル
これをクラッシュアイスを使ってジンジャーで割りトロピカル風に仕上げた。
ここで提供したカップルのお客様からパルフェタムールについて質問があった。
「PARFAIT AMOUR」パルフェタムールと読むフランス語。
PARFAITは日本人にも以外に知られている「チョコレートパフェ」の「パフェ」のことでこれを英語になおすとPERFECTそうパーフェクトつまり完全という意味。
「AMOUR」アムールと読むこの言葉に意味は「愛」
つまり「PARFAIT AMOUR」パルフェタムールとは
「完全なる愛」

という意味になる、なんともロマンティックなネーミングや。
従ってこのお酒を使ったカクテルは恋愛関係のボキャが多く使われる。
このリキュールは通称「ヴァイオレットリキュール」
代表作は「ヴァイオレットフィズ」そうあのスミレ色のカクテル!
じつは色だけではなくほんとうにスミレの香りがする。
「匂いスミレ」の花から実際にエキスを抽出してるかららしい。
このリキュールは当店の「テーマリキュール」なんです。
なんでって?
店の名前「アロマ」やもん。
こんなええ匂いないよ。
プロフィールでものべてるけど私は自然回帰願望があるというか、森林浴みたいなことをしなければ精神的にまいってしまうような面を持っている。
4〜5月にかけて山にハイキングにいくと「タチスボスミレ」「スミレサイシン」などの
野生のスミレにであえる。
どういったらいいんやろとにかく「愛おしく」感じる。
まるで地面をなめるようにして鼻先を彼らに近づけアロマ(匂い)を吸い込む。
体中の血が浄化されるようなしあわせーなトリップ感に浸る。
てなわけでスミレの匂い大好きなんです。
お店をオープンしてしばらくは山にいけない私・・・・
パルフェタムールのボトルを開けアロマを吸い込み、精神的なゆがみを癒していく日々・・・・


8月12(月)

「がんばります」

6時40分最後のお客様が帰った。
フラフラ
ろくに片付けもできひんまま毛布にくるまり寝てもーた。
昨日は10杯くらい水割りを飲んだ。
私にしてみたらまぁ普通やのにしんどうていてられへんかった。
なさけないけど飲み会のダメージが残留してるからにほかならん。
26日がくるとオープンしてまる4ヶ月になる。
一日も休んでないし今んところは定休日は考えていない。
でもいよいよ体がゆうこときかんようになったら休まなあかんようになってまう。
ここらでもう一回ペースをたてなおそぅ。
そしてほんまアホでどうしようもないこの男の店に集ってくれる皆様に感謝したい!
ありがとうございます、本当にありがとうございます。
これからも何卒々よろしくお願い申し上げます。


8月11(日)

「飲み会」

朝6時10分ひょこっと現れた「K子」と「E子」
モーニングの卵をゆがく、最近なれたのでほぼ完璧な半熟卵ができるようになった。
7時彼女たちが帰ってかたずけと開店の準備をする。
ボンボンベッドをだして眠る。
10時40分ヤッサンが来たので目が醒めた。
「ヤッサンおはよう」
そう今日は「飲み会」
メンバーは私を含めて10名
「私」「ヤッサン」「スニッチ」「ヒメ」「アッキー」「F氏」「フクチャン」「ミヤチャン」「トリカブト」「ツヨキ」

11時20分・店で出陣式
まず挨拶の練習なんぼ飲み会でもケジメだけはつけたい!
休め!
気をつけ!
よろしくお願いします!
お願いします!
軍隊式の挨拶を練習する、いい感じや
キンキンに冷やした「マテウスロゼ」をあけて乾杯!
「ぷはぁ〜」全員そのうまさに歓声をあげる。
いい感じで気合が入る。
ヤッサンがAROMAの旗をもち全員を先導する、塚口の駅前をゾロゾロと歩く・・・・
とそこへパトカーが・・・・
中からおまわりさんが「なんやこいつら?」というゆう雰囲気でこっちをみている、一瞬息を呑むヤッサンと私・・・・
でももちろんそのまま通過。
会場リップルに到着、訓練通り「お願いします」の挨拶。
生ビールで乾杯!
その後は酒池肉林!
「飲むは食うは」のノンストップ飲み会が始まった
「飲むため」に集まったメンバーだけにすさまじいペースで飲んでいく
私もすぐ「ただの酔っ払い」になった
なにを話すのも感情が移入してしまい「涙がとまらん」ようになる。
「ミニライブ」をやる
普段わたしがいつしか口ずさんでる歌を3曲歌った
アッキーに頼んでミニキーボードで伴奏をしてもらった
1曲目は「七つの子」
「七つの子」の解釈は?の話の後歌う
2曲目は「かあさんの歌」
曲が始まる前に自分の母親のことを話そうと思ったが涙が溢れてきて話ができひんかった
アッキーが「歌いましょ」といってくれたので「ハッ」と気がついて涙ながらに歌った。
3曲目は「プカプカ」
これは「スローブルース」風に(演歌風ともいう・笑)自分でアレンジして気持ちよく歌った。
その後も各人グングン杯は進んだ・・・
フクチャンが2杯目のフローズンダイキリを飲んでいるのと「ポップコーン」がメッチャおいしいなと思っていたのを最後に多分3時ごろで私の記憶もシャトダウン・・・
記憶の断片
・みんなが総菜屋さんで買い物をしていた
・ボンボンベッドに寝た
7時30分嫁さんに起こされる、これは予定の行動。
でもどうやって開店準備をしたのか今でも思い出せない。
完全にまだ酔ってた。
気がついたら「ヤッサン」「トリカブト」「嫁さん」の3人がカウンターに座ってた。
「帰るときのあいさつした?」
「しましたよ」ヤッサン
やっぱなんも思い出せない。
そして2時間後くらいから激しい2日酔いに襲われる。
6時まで必死の思いで営業をこなす。
フラフラよろめきながら自転車をこいで帰る途中
「なんでこんなしんどい思いまでして飲むんやろ、ほんまアホやなぁ」
とブツブツゆうとった自分がいた。
「今度はどんな飲み会したろかなぁ」
と唇の端を吊り上げてニヒルにほくそえむ自分もいた。
I am dark sider!


8月10(土)

「北海道がテーマのオリジナルカクテル」

北海道出身のお客様と北海道をテーマにしたオリジナルカクテルを造る約束をしていた。
今日いきますとメールがきた。
イメージはしてたけど形にはしていない、さっそくやってみる。
意外にてこずり1時間くらいかかってしまった、でも「いいでき」といえる。
へんに凝り性のところがあるので「これもあれも」とひねりたくなってしまう。
でも残念なことにそのお客様は都合が悪くてこれなくなってしまった。
ということでこれに関してはまだ未発表、乞うご期待!
その後、ピザ生地を打つ麺棒を使いながら腰の疲れを感じる。
終わってトントン・・・・・
体の中までズゥンズゥンと響く
「腎臓疲れてんかもしれん」と頭をよぎる・・・・
最近ちょいと飲み過ぎの感があるちょっと気ぃーつけなアカンと自戒。
しかし明日は「飲み会」多分思いっきり飲むことになるやろなぁ・・・ハハッ


8月9(金)

「朝のマッサージ」

朝6時、営業終了後おなかペコペコ・・・・・
ペンネをゆがいてヤキソバソースで焼いて食う、うまい!
これなかなかいけます。
買い置きの発泡酒のプルトップを開け流し込むフウーっ・・・・
落ち着いたところでPCの前に座る。
デスクトップいっぱいに映し出された「局部どアップのヌード」・・・・
常連W氏のいつものいたずらハハッ・・・・
壁紙を張り替える。
日記を書く、このごろ日々更新ができなくなっている、修正しなあかん。
そしてコミュニティの返事を送る。
気がついたら8時過ぎ終了「帰ろっ」・・・
立つ「うっ」
右の腰に違和感・・・ストレッチしてみるが治らない・・・・
「!」
「そうや今からマッサージ行こっ」
診察券をチェック9時からになってる。
8時40分「とみひさ」に到着
「おはようございます」
院長の明るい挨拶
「仕事帰り?!」
「うん、朝くるのは初めてや」
院長にマッサージしてもらう
「あとは寝るだけやね」
「うん」

気持ちよかった、その後ぐっすり眠れたのはいうまでもない。
これからこのパターンでいこっと!


8月8(木)

「生ハムといちじくのオードブル」

夕方にいくと値段が安くなる八百屋さん「リンリン」でイチジクを買った。
商品の見た目もよかったし安かったのでなんとなく買ってしまった。
自分で全部「食うたろ」思てまず1個食べたけっこううまい、じゃもう一個と思った瞬間昔の記憶が脳に映像を映し出した、とある創作料理屋さんで食った「イチジクと生ハムのオードブル」を!
あきらかに「生ハムメロン」の改良バージョン。
不思議やなと思いながら食ったらうまいんでビックリした・・・・・
よっしゃこれや「生ハムといちじくのオードブル」をやろっ
作って食べてみるやっぱりうまい大丈夫やぁ
お客様の勧めて食べてもらった・・・・が
反応はイマイチ、全部食べてはくれるけど「メッチャうまい」という感じではない、聞いてみると
「なんか不思議な味やね」とか
「ドレッシングおうてないんちゃう」とか
、あげくにワチマスに「オレは実験台にされる時があるからな」とまで言われてしもた(泣)
そこで思い出した
「これはうまいんや」と思うたらたいていの物はうまく感じる自分の性格を・・・
あかんあかんヤッパ誰かに試食してもうてから、提供しななっ  
反省


8月7(水)

「100均」

なにかとつけて100均にお買い物!
今日のメインはキッチンペーパータオル。
いろんな使いかたがあるとおもうが私が一番「便利〜」と思う瞬間は
チーズの盛り合わせをカットして盛り付ける時。
プルサンアイユってゆうニンニク風味のチーズがある。
カットするとナイフに当然風味がつくそれを布で拭くと洗わなアカンようになる。
そんなときキッチンペーパーで一拭きポイ。
メインを購入して後は見て回る。
以外と無駄な買い物はせーへんけど、商品を見て「あれしょうこれしょう」と発想が湧きケッコウ買い込む。
けどその「あれしょうこれしょう」が実行できず買い物は置き去り状態・・・・・これってやっぱり「無駄な買い物?」
これはいい!!お勧め品
「CD−R」70MB 80min 2枚組
つまり1枚50円ということ、ケースなしやと1枚30円くらいで買えるがケース付となると50円を割ることは通常難しいと思われる。
しかも650MBならぬ700MBやし。
よろしかったらどうぞ(ダイソーです)


8月6(火)

「きました甘い物5号」

むらすずめ

R子さんのおみあげ〜〜!
岡山県の銘菓「むらすずめ」
中にあんこが入っているのでドラ焼き風なんですが食感がちがう・・・う〜ん「サクッていうのか」「歯切れがいいっちゅうのか」そんな感じ。
甘みは抑えてあってアッサリしている。
例によって2個一気食い、さらに連続食いしたかったけどなんとかガマン(笑)ほんと銘菓です!


8月5(月)

「発泡酒三昧の宴」

スニッチヒメがやったきた。
いつも「いつくるか」電話してくれるのでいろんな用意ができる。
お酒もカルトも全部おまかせで私が決める!
前回はスピリッツを集中的にフィーチャーしてもうてヒメがぶっとんだので
(しかしH子はなみの飲み手ではないそこらの男性では太刀打ちできないよ)
今回は醸造酒の発泡酒をフィーチャーした。
7時30分かれらはやってきた。
まずは
一口ビール
この「一口ビール」というのみ方は6オンスのグラスでグッと飲むだけ、「スコ〜ンと食道をかけおりていく感覚」と「もうちょっとのみたいなとゆう余韻」が最高のハーモニーをかなでるちょっとした技!
「アペリティフ」(食前酒)ミントジュレップ
自家製のミント葉とライウイスキーをシェイクしてクラッシュアイスをいっぱいつめたおおぶりのボルドーワイングラスに注ぐ。
ホンマに夏を感じさせ「視覚的」にも「味覚的」にもクールダウンできるカクテル。
二人ともここで「やっと一息」っていう感じようやく落ちついた。
ダブリコロワイヤル
H子のリクエストリキュールアプリコットブランデー
スペインはバルセロナ産のスパークリングワイン「カバ」銘柄は「カステルブランチ」!
これとアプリコットブランデーの組み合わせ、キールロワイヤルの応用バージョン。
カプレーゼ
完熟トマトとモッツァレラチーズのサラダ
当店おなじみのバルサミコと醤油風味ドレッシング、グレープシードオイルで作ったソースで食べる自慢の一品!ワイン系にはまずあう。
ここらから二人はニコニコ顔。
フレンチ75
さっきの「ダブリコロワイヤル」は甘口やったのでキリッとしめたい、彼らには今までの酒はゆる〜く感じているにちがいないのでここでハードリカー登場!
ジンとレモンとシュガー・・これをソーダで割ればジンフィズということになるが・・・
ここでさきほどの「カバ」カステルブランチ登場ソーダのかわりにスパークリングワインを使ったらフレンチ75になる。
一口すすった瞬間・・彼らの表情が引き締まる、さらに一口・・そして吐息・・・
ハハ狙い通りの反応や、まさに「飲ませ手冥利」につきる瞬間や!

玉真(ぎょくしん)
ここで休憩タイム。
「玉真」は抹茶入り煎茶、この種のお茶は5〜6種類飲んだがダントツにうまい、抹茶の甘さ、煎茶のすがすがしさがジワ〜とくる。
このお茶だけを飲みに来るお客様が4人いるくらいの逸品。
醸泉(れいせん)
さっきはスペインの発泡酒やったので今度は本家本元「日本の発泡酒」に進む。
吟醸純米活性冷酒「醸泉」瓶の中でまだ発泡を続けている活性酒。
あけた瞬間お米のいい香りがただよう、にごり(もろ味に近い感じ)ゆっくり混ぜ込みそーっとトールシャンパングラスに注ぐますます馥郁たる芳香はひろがる。
私もいしょにカンパ〜イ
お米の甘みと自然発泡のソーダのフレッシュさがあいまってなんともいえ〜ん!
じゅん菜ともずくの創作冷奴たらこのせ
隣のママから教えてもらったお料理のアレンジ版で「じゅん菜ともずく」をだし醤油であじつけしアンダーに・豆腐には生たらこをのせる
少し大ぶりのスプーンでこれらをズルズルと食べる。
司牡丹船中八朔
さっきは甘口やったので超辛口「司牡丹船中八朔」スカッと切れるお酒で気分もシャキっとする
さざえのお造り
やっぱり日本酒にはお造り!私の大好物「さざえ」にした
ほうじ茶
あつあつのこおばしいほうじ茶は次のデザートのためのアプローチ!
栗ようかんとココナッツミルクのバニラアイス添え
あずきがココナッツミルクにあうのは今や定石ともい
える。
スニッチ・ヒメは本物の「酒飲み」やけど甘い物も大好きな私といっしょのタイプ。
栗ようかんは東京浅草の老舗「船和」の物を使った超贅沢デザート!
一気食いしよった(笑)
「ディゲスティフ」(食後酒)アマレットティー
イタリアのディサローノアマレットを紅茶で割るティーカクテル
ここでレクチャー
アプリコットブランデーは実ごと使って作る「梅酒」同様の果実系リキュール
アマレットはアプリコット(杏)の種だけを使い作る種子系リキュール
アマレットのほうが倍ほどアルコール度が高いし個性も強い。
ショットグラスに両者を入れて利き酒してみる。
一瞬は全くちがうようだがすぐいろんな共通点をみいだすことができる。
これも利き酒の一つの楽しみ方!
あっというまに時間はすぎさる、私も本当に楽しいひと時やった!

↓ご質問等ありましたらこちらへどうぞ

8月4(日)

「アルマニャック」

お客様のM氏のリクエストでアルマニャック「シャボーVSOP」をラインアップに加える。
アルマニャックはフランス南部スペインバスク地方と国境を接する地域、そこの法律で管理され製造されているのがアルマニャックと呼ばれるブランデー。
よくヘネシーに代表されるシャンパーニュ地方で作られるコニャックと比較される。
コニャックの「洗練」「熟成」「女性的」に対して「忍耐強さ」「男性的」「若い明るさ」.などと表現されている。
M氏は歴戦の飲み手(私がいうんやからまちがいない)で最近アルマニャックにはまってるらしい、私自身も口にするのは久しい。
さらのボトルをあける、乾杯!ロックでやる。
「すばらしい躍動感!」てゆうか「グングンいくぅ〜スピードを感じる!」
元気になるっちゅうか、若返るっちゅうかとにかく明るくなれる酒や!
その後、杯を重ねながらの話は楽しかった青春期の思い出話がいっぱいいっぱい花咲いた。
ありがとアルマニャック!

8月3日(土)

「きました甘い物4号」

レアチーズケーキ

コミュニティーの「リンママ」がもってきてくれたチ−ズケーキ2種!
これらもすべて私の胃袋は吸収!
下のタルト仕上げのほうがよりおいしかった!

8月2(金)

「やってもたぁ」

営業終了後ビールを飲みながらPCさわってたらいつのまにかAM10時。
11時になったらRIPPLEに行こうと決める。
2時ごろ帰れば4〜5時間寝れるし問題ないやろ!
RIPPLE到着1杯目は「マルガリータ」2杯目はテキーラトニック3杯目4杯目もテキーラトニック好調!スムースに飲める・・・・・がこのあたりで時間の意識が消滅していた、最後に時間を確認したのは4時やった。

電話の音で目が覚める、女性の声が聞こえる(誰やったか覚えてない)「今9時やで・・」
電話をきってから「なに〜9時ぃ〜」ことの重大さを認識した、急いで店を開けようとするが体が動かない「完全に酔ってる」状態なのに気がつき愕然とする。
なんとかお店はオープンできた、お客様もポツポツ入ってきた、体は酔ってる状態から二日酔いへと移行していき、頭痛、吐き気が襲ってくる・・・歯を食いしばり耐える。
5時に最後のお客様が帰り一人になった、混濁する意識・・ハッと目が覚めるとちょうど6時、表回りを片付けて鍵をかけたところまで覚えているがそのまま昏倒・・・

目ぇ覚める、さすがに頭痛、吐き気はないが「だるい」
強烈におなかが減っていることに気がつく、そういえば昨日なにも飲み食いしてなかったこと思い出す、白粥を炊き塩をかけて食う。
やや元気になる。
買い物のチェックをしでかけようとしたら自転車がない「アッ自転車盗られてる」と思ったがよーく考えてみると昨日RIPPLEに乗っていったのを思い出す。
歩いていく、はたして自転車はRIPPLEの前にあった。
お店に行きマスターに昨日の話を聞くオレは6時までのんでて、そして何もいわず席を立ってフッと出て行ってそのまま帰ってこなかったらしい。
多分そのまま自分の店に帰って寝たのやろうと思われる、シャツを見ると背中が真っ白、右ヒジに擦り傷がある、多分こけたんやろう。

あかんなぁ〜  飲みだしたら止らん  早く大人にならな・・・・・・


8月1(木)

「きました甘い物3号」

「船和」の芋ようかん・栗ようかん

Hiroの東京みあげ「船和のようかん」浅草の老舗です。
黄色いのがシンプルな芋ようかんです。
もうほんまに「さつま芋」です。
限りなくスゥイートポテトにちかいようかんです。
自然で素朴な甘さなんですが「ひろがり」はごっついです。
「きゅ〜〜〜ん」とどこまでもひろがって僕をおきざりにしてしまいます。
ようやく追いついた時「幸福感」の波が押し寄せてきます。
ちあわちぇやぁなぁ!

7月31(水)

「うれしかったこと」

今日新しいフードメニューを始めた!
常連のワチマス氏
「ほんだら新しいこのベーコンのドリア・フライドエッグのせもらうわ」
この男、料理はうるさい、家におるときは自分でつくるらしい。
話をしていても「うそやかざりがない」ことを感じる・・・この男少々苦手(笑)
やっと完成
ワチマス食べる・・・・この男こんな時無表情!
「どう?」
「いけるいけるぅっちゅうかほんまうまいわぁ」
[やったぜセニョール! ふる〜]
でも思う
「この男にほめられて・・・・なんでこんなに嬉しいんやろ」

7月30(火)

「モルツ」

当店の生ビールはモルツです。
スーパードライとキリンラガーが鎬(しのぎ)を削ってトップ争いをしてる中苦戦をしいられてるビールです。
上記の2品目にはコーンスターチが入っています、とうもろこしで作った澱粉のことでこれを配合し味を調整しています。
私は発売当時からモルツを愛飲しています。
それは原材料が「麦・ホップ・水」しか使ってないこだわりの作りかたをしているからなのです。(といってもこれが普通のビールの姿ではある)
「モルツは泡までうまい」のキャッチコピー!
じつは内のビールサーバーはスタンドサーバーといってカウンターの上に設置する見栄えがいい「注ぎ口」なのですが、悲しいかなおいしい泡がでにくい機種なのです。
そのことのついてはずっと悩んできたのですがやっと決心して、それを取っ払い機種を換えました。
最新兵器搭載のそのマシーンは最高においしいクリーミーな泡がでてほんとにうまいビールが注げます。
「もっと早く決断すればよかった」・・・・・


7月29日(月)

「生春巻き・進化」

生春巻きを召し上がっていただいたとき、感想を伺っている。
社交辞令なのかたいがいは「おいしい」といってくれる。
なかでも真実味がある意見は「タレがおいしい」という意見。
このタレはスイートチリソースにあと2種類のソースとドレッシングを調合したちょっと真似できないもの。
しかしこれは裏を返すと「生春巻き」自体はそこそこということになる。
これについてずいぶんなやんできた。
元来これはベトナム料理で「ゴイクン」という。
和訳すると「エビと野菜の生春巻き」になる。
もちろんエビは使っている、だがコストは安くはない。
しかし「エビの・・・」とタイトルがつくんやからエビをもっとフィーチャーしょと決定。
ネーミングも「ゴイクン」に換えよう。
お楽しみに!

7月28日(日)

「ピアスの穴」

右の耳に1個だけピアスをしている
スラング的には「ゲイ」の印
左耳には2個穴を開けていた
7、8ヶ月ピアスを通していない
ふさがってると思ってた
大きいほうの穴
通すとスッと入った
ほとんど見えないくらいの小さい穴
通すとスッと入った
ビックリ!
右耳の上のほう
軟骨に3つ穴をあけていた
これは完全にふさがっている
ちょっとまってて・・・
(まじ・リアルタイム)
またまたビックリ!
2つ通るやん
全部で5つつけられるやん
明日ええピアスさがしにいこっ
たりらりら〜ん


7月27日(土)

「飲み会するぞ」

AM6:00営業が終わってPCさわってたらいつのまにか10時・・おなかもすいてきたので常連さんのいる近所の「あかべこ」へ11時からのランチを食いに行くことに決める。
1時間で掃除、開店準備そして寝る準備をして出発。
飯食って帰ってきて店で寝る、PM1:00〜7:00まで6時間寝れる充分や。
行ってみたらなんとランチは11:30から「なんや〜」と思ってるととなりでかわいい女の子が打水をしていた、その子が階段をあがっていった、ふとその店の看板をみるとランチのメニューがおいてある。
店の名は「DISH&BER THE RIPPLE」通称リップル、前から一度よらしてほしいと思っていたお店やった。
「ランチやってんねや」つぶやきながら吸い込まれるように階段をあがっていった。
昼の光がいっぱいに広がるステキな空間、やっぱりランチは明るい感じが好きや。
店内にはさっきの女の子とマスターらしき(実際にマスターやった)男性がいた、ホカッチャのサンドイッチのランチとエビスをオーダー。
そこで自己紹介、女の子は友達がアロマにきたことがあってうわさを聞いていたらしく「前から行こうと思ってた」と言ってくれた。
マスターは最初から「どっかであったことがあるんちゃうか」という気がしててんけど話をしていくうちに面識があったことをお互い思い出した。
私が3年ほど前出演した日本テレビ系「情報最前線スーパーテレビ」をマスターがみていたこと。
マスターがRIPPLEの前に梅田で「ジグザグ」というバーをやってたときに私が飲みにいってけっこう長い時間話をしたこと。(内容は忘れた)
つまり「縁もゆかり」もあったわけなのです。
メニューを見るとランチの他に「ドリンク、カクテル等バータイムの200円引き」と表示してある。
さっそく赤のグラスワインをオーダー・・すする・・・幸せや〜
だいぶん寝てないのでまわりが早い「気持ちエエ〜」
「この感覚むかし体験したことがある・・・そうや」
梅田にある大阪でも有数のバー「イスト」
その店のランチタイム、そこもランチのセットがあり、飲み物はオール半額やった。
休みのたびは行っては浴びるほどのんだのを思い出した。(飲みすぎてきがついてたら病院のベッドの上やったこともある(笑))
その話をするとマスターも同じ経験があり、今回のランチタイムを始めたということやった。
つまりマスターは真昼間から酒を飲む連中がいたらここに集めたいと思っているのだ。
そんな空間めったかない「すばらしいことやな」と思う。ほろよい加減でイカリスーパーで買い物をしてたらある名案が浮かんだ
「飲み会しょ」
なんせ休みなしで毎日朝6時までやってるんで「飲みに行けない」この時間に「呑み助」集めてRIPPLEへ行こう!
さっそく常連のヤッサン(多分幹事就任)と相談!
そして以下のように決定

日時       8月11日(日)AM11時  アロマオブザライフ集合
参加費      一律3000円 集合時に徴収、予算オーバーし
          た場合は均等頭割り
          (つまり1杯でも20杯でも費用はいっしょということ)
終了予定時刻 PM2時
参加資格    アロマオブザライフのマスターの本名(フルネーム)
          
を紙に書いて集合
した人
飲み会の趣旨 アロマスターが「のんで騒ぎたい」という、ゆわば
          個人的な願望を満たすための「会」である。

もちろんその日も営業はあるので最低5時間は寝たい、でもほとんど正気ではないやろぁ
まぁ楽しみ〜である。
下記はリップルさんのランチのフライヤーです!
ここには記載さえていないけどドリンク、カクテル200円引きを忘れてはなりませんぞ!


7月26日(金)

「きました甘い物2号」

ショータニのシュークリーム

コミュニティーの「リンママ」がもってきてくれたショータニのシュークリーム!
実物はもちょっと大きいかな?というところ。
「ちょっとあまいかなぁ」とリンママ。
食って見る・・たしかに甘いかなぁ〜と思ったけどそーでもないよーな感じ・・なんで?
ふた口目「アムッ」「わかったシュー皮や!」
シュー皮のサクッとした食感と味がやや甘めのクリームに調和して見事なハーモニーを奏でとる!
後はもうとまらずぅ、だれにも分けず、何ものまんと2個一気食い!
ちあわちぇやぁ
リンママありがと、またよろしくぅ!
甘えん坊の私・・・デヘヘ

私のかわいいイメージにあわせて(爆)クッキーも持ってきてくれました。
浴衣着てるでしょ、夏やねぇ〜!


7月25日(木)

「さぼるとえらい目にあう」

今日は体がだるい
5時に来て冷凍エビのブロックを溶かし仕分けをした
生春巻きようのエビ。
掃除やら隣のママと雑談とかであっという間に
19:50
開店10分前や!
「生春巻き巻かなアカン」と思たけど「どうせでーへんやろ」
という気持ちが勝ってしまった。

そこでH子からチャットが入ってきた
H子「マスターこんばんは」
私 「やぁH子こんばんわ」
H子「春巻き巻いてたの?」
私 「今日は春巻きサボリー」
H子「さぼったらオーダーは入るよ
私 「わかってんねんけど・・・」
その後の話はゆうまでもない。
ピザを勧めても「生春巻き」一点張り
自分もしんどかったし、お客様にもえらい迷惑かけてもーた。
絶対さぼらんとこぉ。


7月24日(水)

「きました甘い物1号」

Kamote

カモテっていいます! ハモ子がもってきてくれました
「唐芋レアケーキ」というカテゴリーに属するらしい。
まぁ「スゥィートポテト属カライモ科」というところ!
この手の物はやはり甘さのバランスが一番肝心!
自然な芋の甘みが絶妙にいい!
この写真は本物より2倍ほど大きい!
実物は直径4〜5cmです。
箱詰めの10個入りです、
私の経験で「箱入りお土産形式」では
まちがいなく最高峰のケーキです。

詳細は下記のタグをごらんください。


7月23日(火)

「一番行きつけのお店」

週2〜3回「かよう」店があります
そこはほんま「やみつき」になるところです
「体がゆうこときかへん時」
「精神的に疲れてる時」
に思わず行ってまうんです。
そこの大将はほんまに
「エエー男」です。
お年寄りから子供までくるんやけど
それぞれの人に対して細かい気遣いができるんです
今日もいってきました
大将にはほんま
「はげまされるっちゅうか」
「勇気づけられるっちゅうか」
とにかくパワーをもうてます。
行ってみてみぃ!


↓そのお店はココをクリック!


7月22日(月)

「思わぬ展開でビックリ!」

またまたお酒好き会より
思わぬ展開でビックリ!
「嗜好」というものについてぼやけた概念しか持ち合わせていない私
しかし今日レスをしていて「なんか見えてきたな」って感じた
「ちびたまま」と「スニッチ」に感謝感謝!

ちびたまま
好きなお酒:日本酒、ビール、焼酎、梅酒以外は全部好き!!!
役職:ナンパ部長(ダダでもませてくれそうな団体をキャッチ)
うわばみかな?今後とも、よろしくお願いします。

アロマスター
うわばみの「ちびたまま」こんばんわ!
お酒好き会No人間の煩悩の数「アロマスター」です
なんで「梅酒」はアカンの?

ちびたまま
だって、甘いじゃん。最近は酒好きすぎて、甘いものが苦手になってしましました。たまーに食べたくなる以外は。お昼のお弁当についている果物も苦痛です。アイスもいらない。って女としてダメじゃん。情けないです。

スニッチ
やっぱ、酒好きな方って"甘いものダメ"な人が多いんでしょうか・・・?
私は酒も好きですが、甘いものもだ〜い好きでして。。。
なぜか、辛い(キツイ?)酒を飲むと甘いものも欲しくなっちゃいます。
(とゆーても、アンコとかじゃないですが、チョコなんかあるとサイコーかな?)
んでも、辛いアテもすんごい好きだったりする・・・♪
シオカラ食べたい・・・(笑)
アロマスターさんも甘いもの好きでしたよね!?

アロマスター
ちびたママには甘いものをくってもらいたいなぁ!
デザートを「アムっ」あるいはお酒を「ゴクっ」とやったときドドーっと「やすらぎ」や「抱擁感」のような波が押し寄せてきます。
「ちわちぇやにゃぁ」(幸せやなぁ)と思わずつぶやいてしまうところが甘い物とお酒の共通点やと思います。
「こーゆーシチュエーションが多いほど幸せやん」
とゆうのが私の考えなんです!
特に甘い物とお酒にはそのパワーがあると思うの!
ちびたままにエスプレッソとほんとにおいしいティラミスを食べさせてあげたい!
そうすればもっともっとおいしくお酒が飲めるような気がします

でも梅酒、甘くて飲まれへんかったらしょうがないか(笑)

とこんな感じ
店を始めてから3ヶ月弱ほとんど尼崎からでてない私
しかも家とお店を自転車で往復するだけの生活が続いております
どなたか「ちわちぇやにゃぁ」と思わずつぶやいてしまうような甘い物をもって
来てください(お酒には満たされてるんで)
お願いしま〜す。


7月21日(日)

「鬱憤」うっぷん

「鬱憤」読めるが書くことができない字の代表選手
広辞苑によると
・心に積る怒り
・抑えに抑えたうらみ
とあります
だれしもが多かれ少なかれこの鬱憤をかかえています。
鬱憤=ストレス  
従ってなんらかな方法で晴らさないと精神的にはもちろん肉体的にも障害が生じる。

今日友人のSママがやってきた、来たときから酔ってる雰囲気やし目が釣りあがっている「やばっ」と感じた。
「ちょっときいてぇやぁ」から始まった「鬱憤話」1時間喃々(なんなん)と続いた。
この手の話の特徴は同じことを繰り返すこと、ちがう展開で話が進み続けていけば聞いてれるんやけど3回4回5回と聞かされるとボディブローをくってるみたいに体力と精神力が蝕まれる。
まぁなれてるんで平気なんやけど(笑)
困るのはとにかく大きな声しゃべりよること
でもそこはいくら興奮しててもプロはプロ
ピザとかを頼んで回りのお客様に
「ゴメンねうるそーしてよかったら食べて」と気を使う
そして再び6回7回と同じこと繰り返ししゃべりまくる
気ぃ抜いとったらいっぺんにやられてまうパターンやけど私には心の準備があったのでなんとか持ちこたえる(爆)
帰りしなのママの表情は、そらもぅー晴れ晴れ、ニコニコ笑顔で
「ほんまスゥーとしたわ、じゃぁねさいなら」
ゆうて帰っていった
「ほんま体力つけとかなもたへんなぁ」
と思いつつと姿の見えんようになったママにつぶやいた

「オレにゆうて鬱憤晴れるんやったらいつでもおいで」


7月20日(土)

「お酒を楽しむということ」

ネット仲間の「ヒメ」と「スニッチ」が来た
彼らは「お酒を楽しみたい」という一心で私に会い来た
「スニッチ」は内のHPを見て直感的に「絶対いかなアカン」と思ったそうでそれから毎日ここに来ることばり考えてたらしい

飲み始めてまもなく「酔うことを楽しんでいる」というオーラが二人からいっぱいあふれだし私をも包み始める。
このオーラの波動はなんかとてつもなく純粋で「今この時間をすべてお酒にゆだねます」
と私にメッセージを送ってくる。
スピリッツサーフィン!
もしこんなボキャがあるならまさしくこれがそうだ、どんどん杯を重ねていく
ズブロッカの凍ったヤツをショットで3人いっしょにポイっとやった!
そいつが身体中を駆け下りていく・・・・
充足感なのか墜落感なのか飛翔感なのか言葉にならない至福といえる刹那・・・3人がシンクロしていることをストレートに感じた。
「酒との一体感」
久しぶりだ、酒と語り合えたのは・・・・この感覚忘れていた。
「スニッチ」と「ヒメ」の二人に感謝感謝したい。
本当に来てくれてありがとう。


7月19日(金)

「ライトニン・ホプキンス」

ブルースを愛する男イッシーがCDをもって来てくれた
イッシーは「酒飲み道」なるものがあるとすれば師匠とゆうことになるような男や
CDは「ライトニンホプキンス」ギターの弾き語りブルース
この前イッシーと話をしてて偶然この名前がでた。
かけてみる
高校3年の春
一生懸命芝居をしてたときの記憶がよみがえる
清水邦夫の「僕らは生まれ変わった木の葉のように」
体制に反抗しても所詮流されてしまう、けどその気持ちだけは忘れない、忘れれたくない・・・
この芝居は私が演出で挿入曲としてライトニンを使った
鈴木という演劇部の同輩が洋楽の好きな男で彼の家に泊まりこんでLPを何枚も聞いて決めた。
これがライトニンとの出会いでありブルースとの出会いやった
20数年ぶりのライトニンにあって自分をひとつ取り戻した一日やった


7月18日(木)

「続ピーコとママの物語」

ママは毎日6時頃になるとなにかしらお料理をもってきてくれる
今日は
「ピーナッツオイルと自家製味噌のソース、ナスときしめんの炒め物」
「天然芽ヒジキのナンプラー風味」
の2点!
もぉ〜最高においしい!
ちょっとやそっとで食べれるものではない、ナスはもちろん有機野菜。
ママのお店はスナックではなく
創作料理を中心としたいわば「レストランラウンジ」
と呼べるようなお店なんです。
従業員はママ一人24年間一人でやってきたすごい人なんです。
私がお料理を食べる間なにかしらのおしゃべりをする。

ママ なんだか疲れるの
私  (食ってる)
ママ ていうか疲れが抜けないのよね〜
私  (食ってる)
ママ ピーコちゃんいた時は気が張ってて
   疲れていることに気がつかなかった

私  (冷蔵庫から発泡酒をだしプルトップを開け飲む)
ママ あら!?おビール
私  (飲みながらうなずく)
ママ おビールにあうでしょ
私  (食ってる)
ママ ゆっくり食べなさい
   (自分の店に帰る)
私  (つぶやく)
   もうちょっと時間かかるなぁぁ


7月17日(水)

「デジカメ日記ポーチュラカ」

この季節になると楽しみが増える!
祖父母が庭いじりを好きだった影響を受けて私も園芸を愛好している。
この季節はいろんな花が咲きそこここで目を楽しませてくれる。
パンジーが終わったころからベゴニヤ・ペチュニア・インパチェンス・などが花開いていく。
なかでも一っちゃん好きなんが「ポーチュラカ」和名は「ハナスベリヒユ


「あ〜この花かぁと思った方もたくさんいらっしゃるでしょうね!
3〜4年前は赤・白・黄ってゆう具合に色分けして植えてあって
「混ぜて植えたらええのになぁ」と思てたら知らんまにこんなってた。



名前覚えてやってください「ポーチュラカ」です!
和名の「ハナスベリヒユ」の「ヒユ」とは漢字で「滑」と書きます。
葉っぱを見てください光沢があり柔らかで滑らか見えません?

鉢植えもいいでしょう!じつは・・・・・

 

ハイビスカスとのコラボレートでした。
阪急「塚口」「武庫之荘」界隈で人気ダントツのケーキ屋
「ショ-タニ」さんにあったオシャレでかわいい寄せ植えです!
ごらんのように斑入り(ふいり)もあります、知らんかった。

----------------------------------------------------
仲間に「マツバボタン」があります葉も松の名の通り細長い形状ですし
花もボタンの名の通り八重咲きです。

7月16日(火)

「モーニングサービス」

午前4時30分モーニングサービスが始まる
一応の規則はコーヒー紅茶をオーダーしたら「トースト」と「ゆで卵」がサービスということやったけど、今は4時30分以降にドリンクオーダーを受けたらお声がけし上記2点をサービスしている。
さすがにこの時間帯になると年齢層は若くなり20代が中心になる、深夜まで仕事をしている飲食関係の人が主や。
みんなごっついうまそうに食べる!
「トースト」と「ゆで卵」なんかいつでも食べそうなもんやのにサービスとなるとうまく感じるんかな。
でもちょいとトーストにはタネがある
じつはバターを「これでもかぁ」というくらいつけてる
今家庭ではマーガリンが主体になってるのでここに大きな違いがでる。
このバターの上から蜂蜜を塗る
ジャム、ピーナッツバターも用意しているが蜂蜜が私のお勧め!ほんまうまい!
みんな元気になって帰っていく
お互い明日もがんばろな!

7月15日(月)

「お酒好き会」

とあるコミュニティサイトに「お酒好き会」なるものがある。
簡単にいうとお酒が好き、お酒を飲む雰囲気が好き、などお酒に関わっている人なら誰でも入会できる(あくまでもコミュニティサイト)
そこで今日こんな感じでレスってる。

手軽なお酒 投稿者:スニッチ 投稿日:2002/07/15(Mon) 09:52 <HOME> No.321
こんちゃ〜♪
先日入会させていただいたばかりの新人(?)です。
皆さん、ヨロシクお願いしますね!

カクテルとまではいかないまでも、
家によくある(?)お酒で手軽に作れるモノって何かありますか〜?私は最近、アプリコットブランデーを焼酎で割ってます。

  Re: 手軽なお酒 投稿者:アロマスター 投稿日:2002/07/15(Mon) 22:27 <HOME> No.324
じゃ〜ん
初めまして会員番号108番アロマスターです
こうゆうご質問は私におまかせを!
焼酎があるならあとはやはりフルーツが手ごろです
まずは
「巨砲」
皮をむいて茶こしでうらごし(親指でグチュッといってください)して焼酎といっしょにロックでどうぞ!
次は10月に出回る
「ラフランス」
ラフランスをリンゴ切りして薄くスライスしますそれを5〜6枚グラスにいれ焼酎といっしょにロックでどうぞ!
これは絶対お勧め!

  Re: 手軽なお酒 投稿者:スニッチ 投稿日:2002/07/16(Tue) 09:22 No.326
お返事ありがとうございます〜!!
"巨砲"を潰してロックの焼酎に入れるんですね〜♪
なんかスッゴイおいしそう・・・♪
でも巨砲を生で食べないってのは小市民の私にはチト勇気が要るかも?
でも是非やってみますね♪♪♪o(^-^)oワクワク
"ラフランス"これまたオススメってことで、絶対やってみますっ♪
って・・・因みに・・・ラフランスって何なんか・・・?
無知でスイマセン。。。

  Re: 手軽なお酒 投稿者:ひめ♪ 投稿日:2002/07/16(Tue) 10:02 No.328
おはようございます♪
なんか、すっごい美味しそうで・・・
巨砲と焼酎・ラフランスと焼酎・・・
やんやんやん♪なんか、今すぐにでも飲んでみたい♪

こんなお酒のおつまみって・・・どんなのがいいんかな?
朝から、アテを考えてしまってる人でした♪
やっぱ・・・チーズ系?安直すぎ?(笑)
ラフランスって・・・・洋なしやと思うんやけど

  Re: 手軽なお酒 投稿者:アロマスター 投稿日:2002/07/16(Tue) 17:54 <HOME> No.331
はい、ごめんなさいよ
ラフランスとは姫君がおっしゃるように「洋なし」のことです、「用無し」ではありません!
(またオヤジギャグやってもーた)
くわしくはこちらから
http://www.la-france.gr.jp/
姫君の「こんなお酒のおつまみって・・・どんなのがいいんかな?」
のRe.サラダ系なら無難かな、ちょっと贅沢にいくなら「カプレーゼ」がいいでしょう。
http://www.order-cheese.com/os2/r01.html
オリーブオイル仕立てが苦手でしたら、違うレシピご教授します。

「巨砲を生で食べないってのは小市民の私にはチト勇気が要るかも?」
すばらしいフレーズですなぁ〜
この気持ちこそがおいしくお酒を飲むに大切なことなの!
(親指でグチュッといってください)とあるようにホンマにやってみると「罪深い」ような、あるいは「自虐的」な感覚に襲われます、そのギャップが期待感となり多いなる感動を呼び起こすのですぅ
ハハハハハハハハハハハハハハ
オレはマッドドクターか?


7月14日(日)

「グレープフルーツジュース」

僕はグレープフルーツジュースとい素材について偏見をもっていたようや
スプモーニのグレープフルーツジュースはたしかにうまいと思てたけど、あとはどんなカクテルに使っても「にがみ」を感じて使いにくかった
最近この店をやりだしてお客様の希望を聞いた時「さっぱりしたもの」が一番多いのには驚く、やはりそうなるとグレープフルーツジュースを使う機会が多くなる。
それとソルティドッグとブルドッグの注文が多い。
このお客様は必ずといっていいほど3〜4杯おかわりをする。
今日のお客様もそうで4杯たてつづけに飲んだ。
僕も飲ましていただいて3杯つづけて飲んだ。
初めての経験やったけどやはりのどの通りがよくいい感じで飲める
ウチのオリジナル「レストワンセルフ」にもグレープフルーツジュースは使ってるが、もうちょっと研究の余地あり。

7月13日(土)

「生春巻き」

当店の人気メニュ「生春巻」
生春巻きの皮はライスペーパーのこと
お米を粉にして水に溶きうすくながして乾燥させて作る
和紙をすく(作る)のと同じ要領だ
しかしさすがベトナム産だけのことはあって一枚々厚さがちがうので仕上がりが一定しない(苦笑)

5種類くらいの野菜とエビを巻くしう当店の生春巻きは完全にサラダスタイルなんです、野菜はけっこうランダムに使う。
わかるお客様には味がちがうといわれるがそれがスタイルであることを説明している。
大体において2人前巻く
ホールディングタイム(賞味期限)は一日、つまりその日に売れなかったら終わり。
本当はオーダーを受けてから皮をもどし巻くのがベストやけど、なんせこの店の従業員は一人なんで巻いとかんと追いつかん場合が生ずる。
今日はさぼって巻かずいたら、案の定オーダーを受けた!
「あぁ巻いといたらよかった」とおもいながら巻こうとしたらなんと2組つづけてのご来店こんなことメッタにないのに・・・・
「まだ〜」と言われながら必死で巻いた(汗)
さぼったらこういう目にあうんや、わかってんのに・・・・


話はかわるが生ビールはなかなかやっかいなものである
正しくは生ビールサーバーのこと、毎日洗浄したらなあかんその際約一杯分のロスが生じる。

ロスな生ビール、当然もったいないから飲む。
生春巻きも残っていたら当然もったいないから食べる。
朝6時30分頃ささやかな宴が催される。


7月12日(金)

「ひよどり日記」ママとピーコの物語

最近ピーコの日記を書かなかったんですがそれには理由があります。
ピーコは飛べない状態がつづいていたんですが鳥かごにいるときは、けっこう羽ばたいたりしていました。
このままいったら巣立ちできるやろなと思ってたんですが、急に止まり木に止まれなくなってしまったんです。
足がわるいみたいなので獣医に診てもらったこところ関節に傷害があり治らないという診断がでました。
それからずうっと布にくるまって寝たきり状態が続いていたのです。
その姿を見て本当にいたたまれなくて日記に書くどころではなかったのです。
それでもママは毎日ピーコをつれてきは
「おふろにいれてあげたのピーコちゃんおふろすきなのよ、水のうえではばたくからもうたいへんなの」
「まいにちあしをマッサージしてあげてるのよ、なおるといいんだけどね」
「きょうはかぼちゃのクリームにをあげたらよろこんでたくさんたべたわよねぇピーコちゃん」
てな具合で毎日私に報告しにきてました.。
ここ1週間は元気がない日が多く心配も増えてきていた。
「きょうはピーコちゃんしょくよくがないし、なかないの」
「とべないとだめよね、げんきないのだいじょうぶかしら」
昨日つれてきたときほんまに元気がなく目にも力がなかった
今日お昼ママがやってきて
「ピーコちゃん死んじゃった」
「ねるときピーコちゃんがダッコしてほしそうなカオしてたからダッコしてあげたの」
「いっすいもしないでしばらくそうしてたんだけどしんじゃったの」
「わたしのてのなかでしんでったの、そのとき4じ8ぷんだった」
「これでよかったのかなぁとべないんだものねぇ」
「ほんとかわいかったわよねぇ」
「ヒレニクがほんとにすきだった」
「これからさみしくなるわ」
「いっしゅうかんくらいでなれるかなぁ」

公園の木の下からひろってきてから約1ヶ月間のことでした
ママは元通り6匹の猫と暮らす生活に戻る。


7月11日(木)

「ギター進歩せぇへん」

玉置浩二のメロディのキーは「F」
僕にはだいぶん高いので2音半下げて「C」にした
おかげでコードもローコードになって楽になった。
けど
  *右手のアルペジオのリズムが一定に保てない
  *一番サビの部分の盛り上げができない
  *コードの流れが頭に入らない
なかなか思うようにならん〜ほんまやんなるわ!!


7月10日(水)

「あか〜ん」

AM6時営業終了
キーボードの前に座り日記を書こうと思ったけど強烈な睡魔
知らんまに突っ伏してた、多分10数秒と思う。
ハッと気づいてモニター見たら
zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz 
「あか〜ん」思わずつぶやいた、なんかフラフラ、イスをならべて横になる。
気がついたらお昼の2時
しんどい態勢で寝てたからか体中ギシギシゆーてる。
ストレッチをして体をほぐしていく
ドアからは明るい日差しが入ってきている今日は台風一過でいいお天気や。
エスプレッソをいれて一口すする
体中にカフェインがいきわたったところでようやく一心地。
昨日来てくれたお客様を思いだしていく
初めてのお客様は4人いた
誰々さん、誰々さん、誰々さん、ん〜〜!?
どうしても一人、男性のお客様のお名前を思い出せん、ちゃんと聞いたのに
ン〜〜〜〜〜〜?
ん〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜?
「あか〜ん」思わずつぶやいた
脳細胞の壊死が進行していることを改めて自覚させられた
対策を考えな「あか〜ん


7月9日(火)

「センス」

昨日アッキーに玉置浩二の「メロディ」のコードを拾ってもらった
夕方ギターを弾いてみた、右手も左手も思うように動かん
軽い気持ちでやってたんではずっと弾かれへんような感じがする。
センスのなさはいかんともしがたいので努力するしかないんやけどどうなることか・・・
今日は火曜日統計的には暇な日である
PM8:00オープニングCDをかける
松岡直也&ウィッシングの「Fiesta Fiesta」

ブラスギンギンのラテンフュージョンで気合を入れる。
次はオレンジペコ「Organic Plastic Music」
お気に入りなんです、ここんとこしばらくこのパターンで始まっている
次はヒッキーの「Deep River」てな感じでCDをチェンジしていく。
雨音に気づいて外をみると台風の影響か豪雨ぅ
「だめだこりゃ」
思わずドリフターズのいかりや長介になってもうた。
しかし12時すぎからお客様が来店、一安心。
「明日台風それてやぁ」と祈るばかり・・・・・


7月8日(月)

「いい感じ」

アッキーとユウイチがきて練習しました。
アッキーはオルガン、ユウイチはギターボーカルです。
それを見てて(聞いて)椎名林檎
「音楽は自分を表現するためのひとつの手段」
といってたのを思い出した。
ユウイチは今の自分をどれだけ表現することができるのかチャレンジしたいのやろなぁ、と感じた。
私自身も触発されたようでホンマに歌いたくなった。
ハモンドオルガンは本物の年代物で音色もリズムパターンもクラシカルで苦労するが反面面白いといえなくはない。
「アッキーのやさしさに包まれて弾かれとった」
不思議な表現になってしまったがほんまにこんなふうに感じたんです。
このオルガンを弾こうと思ったら「やさしさ」とかあるいは「思いやり」「労り」なんかの気持ちで接しないと弾かれへんのとちゃうかと思う。
ハモンドオルガンってけっこういいにくいから「甘えたっぽい」名前考えたろ。


7月7日(日)

「ハモンドオルガン到着」

今日ハモンドオルガンを家から運んだ、妻が友人から譲り受けた代物でかなり年代ものだ、といっても決してアンティークな感じのものではなく見栄えはエレクトーンと変わらない。
僕のいとこのジョージが主催する尼崎市のJR立花駅の近くにあるCAFEフラミンゴのみんなが運びに来てくれた、日曜日にお昼に貴重な時間をさいてくれてほんとうにありがたい。
大きくてもちにくいこともあるがかなり重かった、最近筋力が落ちた僕、情けないが腰にひびいいたトホホホ
ともよんが弾いてくれた、音はなかなかいい、たくさん奏者を探して弾いてもらいたいなと思った。
じつは僕的に日頃から
「BillyJoel」の「New york state of mind」
JAZZバージョンが歌いたい!という願望があるんです。
この曲ほぼ無数といえるほどカヴァーされてます、当店にも原曲をはじめ何曲かあるのですが「伊藤君子」のカヴァー集のアルバムのそれがお気に入りなんです、最近ではKeikoLeeももなかなかいいです。
カラオケではBillyJoel番で
歌ったことがあるのですがしっくりこんのです。
誰かサポートしてぇ〜(わがままマスタ〜でした)
というわけで奏者募集です、弾きたいときに弾けます、いつでもどうぞ!


7月6日(土)

「その気にさせる話」

現役エステシャン(現役)と酔ってる元エステシャン(酔女)とマスター(主)の話

(主)  そうそう彼女は昔エステシャンやってんで
(現役) {うなづいている}
(酔女) {体ゆれてる}ゆうちゃわるいけどエステやって稼いでました
(主)   オペの腕よかったんやな
(酔女) {体ゆれてる}ゆうちゃわるいけど腕は関係ない!
(主)  えー
(酔女) {体ゆれてる}ゆうちゃわるいけど美顔でも脱毛でもどこでやっ
     てもおんなじなんです

(現役) {うなづいている}
(主)  ほんなあほな
(酔女) {体ゆれてる}ゆうちゃわるいけど私は稼いでました
(主)  ほんならどないしてかせぐん?
(酔女) {体ゆれてる}ゆうちゃわるいけどその気にさせるんですわ
(主)  どんな気
(酔女) {マジ顔}「自分はきれいになれる、やせれる」という気持ちに
     させるんですわ、そしたら誰がオペしてもきれいになれるし、
     やせれるんですわぁー

(現役) {うなづいている}
(酔女) {体ゆれてる}ゆうちゃわるいけどそれができたら稼げるんですわ
(現役) {うなづいている}
(主)  どんなふうにそんな気にさせれるん?
(酔女) {体ゆれてる}ゆうちゃわるいけどそらいえん・・・{眠る}
(現役) {うなづいている}
(主)  ・・・・・・・・
    夜は更けていく


7月5日(金)

「日記考」

今日は14時から師匠であるtsuyokiにきてもらってPCのレクチャーをしてもらった
約4時間ぶっとおしの集中講義!
(その道のプロに聞いたら内の師匠みたいにグラフィック系とWEBの両方できる人はプロでもそうおらんそうです)
*ドリームウェーバー
  ・新規サイトの立ち上げ
   これは自分のHPを維持するのと同時にお店にくる人たちがHPを立ち上
   げたり、更新したりできるようにする為の講義なんです。
  ・テーブル設定とセルの理解
*イラストレーター、フォトショップのファイルをファイアーワークスを使ってWEB
  に立ち上げる手法
*イラストレーターにおけるデザインと印刷の色合いのバランス
師匠は自分の事務所の仕事(パンフレット、販売促進のプレゼン)の為、徹夜あけ、僕もここんとこ心身喪失ぎみ(笑)で睡眠不足、二人ともフラフラ状態の中、非常に濃い講義内容を必死でこなした
(早くリピートしとかな忘れてまう)
というわけで昨日の朝(ただしくは6日AM5時頃)の段階では立っているのがやっと状態、肩・背中はバリバリで、Tomoが「もんだげよか」と心配してくれた、僕は素直に「お願い」と返事、「あ〜気持ちええ〜」生き返る。
が営業終了後、即帰宅、着の身着のままでベッドイン・・・・
というわけで今2日分の日記を執筆中なんですぅ
毎日日記をつけることはたいへんなことはわかっていたんやけど・・・・
以前コミュにティーのHPで日記をやったけど2週間くらいで挫折した経験がある。
性格的にも「粘り」がなく「飽き性」な僕、案の定苦しんでおります
他の人たちは「どうなんやろ〜」と思う。
師匠もやっぱり苦しいときがあるらしく「時々小話を入れる」らしい
(ゴメン暴露してもーた)
いわゆる「感性」というものが欠如している自分がどこまで続けれるか・・・・
自分でも興味津々なんです(苦笑)


7月4日(木)

トロピカルな夜

雨真っ只中!
蒸し暑い!
ちょっと外をうろつくだけで汗べったり、いやな季節です。
でも僕の部屋(店のことです)は快適です、クーラーのポテンシャルが高い!
オープン前に新品に交換したんです、新企画のフロンガスを使わないタイプ「うん十万円」・・・
かかったんです(涙)でも満足してます。
Hiroがやってきて「トロピカル風なものを」とオーダー、久々に聞くボキャ!
トロピカルとゆうのは「熱帯」という意味やけど「さわやか」とか「リゾート」というイメージも強い、けっこうファジーなボキャやなと思う。
クラッシュアイスを作るじつはこれが一番大事!
マイナス10℃以下の氷をクラッシャーにかけサラサラの状態のものでないとアカン、製氷機の氷などは0℃これをクラッシュしたらベトッとしてるから必然的に「水っぽい」ものしかできんようになる。
トロピカルっちゅうたらやっぱり「ラム」
相棒は「パイナップルジュース」
それにピサンガルーダ(グリーンバナナリキュール)をドロップ!
クラッシアイスのあいだをミドリが染みとおっていく!
序々に全体がパイナップルジュースのイエローと相まってパステル調のグリーンと変化していく!
「よっしゃイメージ通りや!」
Hiroはそのあと「レモンが利いた感じ」とオーダー
ハードリカーOK!のHiro
僕のチョイスはラムつながりの「ダイキリ」
Hiroはそのしなやか指でカクテルグラスをつまみ
かなりラムを効かしたダイキリをほんの3〜4口で飲みほした・・・
僕は自分の中で「やるなHiroあんたにハンサムウーマンの称号を送るわ」とつぶやいた。
トロピカルな夜は更けていく・・・・・・


7月3日(水)

ひよどり日記 ピーコとママの物語

ピーコ大きくなって尾っぽの羽もほんとに長くなりました、でもまだ飛べません
食事的にはまず、肉をたべなくなったそうです、なんでかいうたろかあ「あきたんですよ」(笑い)
でも笑ってばかりいられへん実はたいへんなことがわかりました
ピーコ左足を脱臼してたんです、そやから今はティッシュにくるまれて生活してます。
ママの心配もひとしおです
この間も3日間くらい鳴かない日が続いた時は「もぉ〜ダメだめかと思ったわ」とゆうとった、そらそうや今まで「ピッチャン、ピッチャン」と自分の名前を連呼しててんから・・・
それからお風呂も好きだそうです
食べすぎてコロコロに太ってます
表情は生き生きした顔してます
ますますママの愛が注がれていきます
このままやとずっと飼いつづけることになりそうです。


7月2日(火)

ハモンドオルガン設置

タカがアッキーをつれてきてくれた
「エレクトーンをやってる」という話がでて家で冬眠中のハモンドオルガンのことを思い出した,アッキーにそれをいうと「ぜひひきたい」との返事その瞬間店に持ってくることを決意!
じつはオープン前からハモンドオルガンを店に置くプランはあったんやけど「席数」を重視したのとひき手が見つからんと思ったからやめたんです。
段取りつけてに運んでしまおう。
おまけ
起きてなにげなくTV見てたらドキっ!
去年「デボン青木」の「桃の天然水」のCMを見たとき以来のドキっ!
こちらから見てください(CMの動画)
決してメーカーの回し者ではございませんあしからず
http://www.exilim.jp/

7月1日(月)

香菜哀歌(シャンツァイ・エレジー)

当店のお料理メニューの中に「生春巻き」がある、これは普通「ベトナム風生春巻き」のことをさす、サンバルというベトナムの激辛ソースで食べる。
しかしスゥィートチリソースで食べるんが、こんにちでは一般的(タイ風)だ。
香菜(シャンツァイ)タイではパクチーまたは英名コリアンダーと呼ばれるセり科のハーブである、かなり香味がきつい(ハーブだから当然のことだが)ので食べられない人が多い。
ある私の友人はこの香菜の味を「カメムシ」と表現した、ご存知の方はハハーンということになる、それはカメムシをつかんだ時におしりからでる分泌液のにおいとにているからなのだ。
私的には絶対に入れたい(春巻きの中に)のやけど食べられない人は多いので不承不承入れへんかった、があるエスニック料理FANのお客様か「是非入れて」といわれた瞬間「絶対いれよ!」と思て入れることにした。
とあるお客様からこのオーダーを受けた、「香菜入ってますが大丈夫ですか」と尋ねた、お客様は「食べたことないけど香味のあるもの好きやで」といわれるので召し上がってもらった、ちなみのこの方はある会社の社長さんで私より年上の正真正銘のジェントルマンである。

お客様: あむっ もぐもぐ ・・・・
私   : ・・・・・・
お客様: もぐもぐ・・・・・・
私   : ど、どうですか
お客様: う〜んはちょっときつなぁ〜
私   : そ、そうですか
お客様: あとマスター食べてぇーや

とゆうわけで食べてもらわれへんかった
「ヒ〜〜ン これからどうしょう」
食べてみる・・・まいうぅ〜涙がでた
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(ここからは日本昔話風で)
そしてマスターはリンゴの歌のメロディで
香菜哀しや 哀しや香菜〜
と歌ったとさ


6月30日(日)

「もんじゃ焼き」でびゅーしたでぇ!

初めて「もんじゃ焼き」を食べた
場所は阪急塚口の「美々也」(みみやさん)
正直いってもんじゃ焼きなるものはいわゆる「東京」の食べ物であるという概念をもってた。
大阪人である私は若干アンチ東京の部分を持ってる、それが今日(こんにち)に至るまでもんじゃ焼きを食さなかった大きな要因である。
本質的にはなんでも興味をもって食いつく性格なので上記(アンチ東京の部分)の理由でもんじゃ焼きを食さないことについては自分らしくないと日ごろ思てた。
ところがお店でこの美々也さんの方と出会うことができて、この敷居をあっさり跨ぐことができたのだ。
一人で行ったので2人用の鉄板テーブルに座る、特徴は鉄板の形「正方形」なんです。
最初やから一番スタンダードと思われる「豚・餅」をオーダー、焼いてもらう、お好み焼きと違い液体の部分が多いのでシロートでは焼けない、一通り焼けてから食べ方をレクチャーしてもらった
・小さいコテではしの焦げた部分から食べる
・ 大きいコテで鉄板にこびりついた"おこげ"を削りとって食べる
この2点である、つまりよく焼くほどうまいということらしい。
はしの乾いた部分から食べてみる「うまぁ!」とにかくおいしい、「ハグハグ」状態で食う、止まらんようになって焦げんうちから食べてもぉた、そしてさっき「たらこ」もおいしいと聞いてたんですぐさま追加注文した、食べてみる「ほんまこれもうまいわぁ!」めっちゃおいしいぃんす、余裕もでてきたのでコテで伸ばし伸ばし焦げ付かせながら食べた、もちろん鉄板にこびりついたおこげも全部こさげて食べた、たしかに「これをくわな、意味ないな」と思うくらい"いけた!"
この食べ方、けっこう気長に焼かなあかん!
そこで浮かんだのは
「江戸っ子は気が短いのとちゃうの」ということ、なんとなく
「関西人風ちゃうの」と思た。
それとやっぱりアンチ東京で偏見の抜けん私は
「東京ではこの味は味わられへんやろなぁ」
と感じた。
美々也さんごちそうさまでした、また行きまーす!


6月29日(土)

父母の来店

昨日は叔母が友人をつれて来てくれた。
ほんとに私のことを心配してくれているのがわかる、応援してくれる気持ちに本当に応えたいと思った。
今日両親が店に来てくれた。
二人とも今年“古希”を迎える。
二人ともごっつい嬉しそうな顔をしてる、母はしゃべりまくっとった。
「兄ちゃん(私のこと)がお店したから会いたい時に会える、ホンマええわぁ」
そう考えたら24年前家をでてから、遠くにすんでるわけでもないのに「年に1〜2回くらいしかあってへんかったなぁ」と今さらながらに思う。
先月にもいっぺん店に来てくれたから今年は早くも2回おうてる、多分このままやと月1回のペースであいにきてくれそうや(微笑)
父はいわゆる第1次カクテルブームの時けっこうはまっていたらしくいろんな酒やカクテルを知っている。
母にチンザノを勧めて、本人も「それにジンたらしてくれや」とオーダー“じゃ”ということで私はさらにカンパリを加え「ネグローニ」にしてあげた。
ほんまにうまそうに飲みよる、50年以上ほとんど酒をかかしたことのない本物の"酒飲み"や。
「浩(私のこと)今までボウズの日ぃあったんか?」
いきなり答えにくい質問をしてくる、実際お客様が“0”の日は2回あった、でもそれをいうと気ぃつかわすことになるんちゃうかなぁと思たけど

私: 「今ままで2回あってん」
父: 「エー2回しかないんかぁ」
私: 「・・・・・・」(内心「エッ」)
父: 「そらたいしたもんやな」
私: 「・・・・・・」(内心「どこがぁ」)
父: 「もっとあるやろと思とった」

とこんな感じ、私は楽天家を自負しているがこの件(ボウズ)についてはさすがにおちこんでた、けどこの父の言葉でなんでかわからへんけど、いっぺんに気持ちが軽うなった。

見送った時の2人の様子は、ほんとに「楽しそう」に「満足げ」に「笑み」いっぱいで「寄り添って」まるで「20代の恋人同士」のような雰囲気をいっぱいに醸しだしながら帰っていった。


6月28日(金)

忙しかった一日!

 今日は6じ30分におば様が来るので2時から買い物
カプレーゼ(完熟トマトとモッツァレラチーズのサラダ)をするためおいしいトマトをさがす、2個199円のけっこうおいしそうなトマトを発見、続いて2個299円のフルーツトマトを発見、大きさはフルーツトマトはチッチャイ、これを買うのに3分悩んだ、結果は299円のフルーツトマトを購入。
そんな買い物やから30分くらいかかった、帰ってから「ピザ生地打ち」
いつも5枚作るんやけど、薄焼きなんでけっこう力がいる、44才のオッサンにはかなりしんどい作業です、100均で買った麺棒・・細いから、力が入りにくい、いつも「買わな」と思いながらも忘れるのでまたしんどいめをすることになる。
ごはん物は「ペンネのソバメシ風ドリア」か「天ムス」にしようか悩んだがピザをだすんやからチースが重なるのでちょっとしんどいかな?と思ったんで「天ムス」に決定、ちょうどカァチャンが店にきてたので「お吸い物」をつくってもらう、うちのカァチャン煮炊き物うまいんです。
そんなこんなで始まった一日、結局ラストの6時までお客様は切れず、終わったらフラフラ、家に帰ってバタンキュー!
おとといはメッチャひまで死にそうやったのに、ほんまお商売はわかりましぇ〜ん!


6月27日(木)イラストレーター名刺作り!

一応こんな感じなりました、裏面のレイアウト難しくて四苦八苦しました。
そんでもってこの画像をWEBまで持ってくるのにまた一苦労!
ごらんのように色が完全に出てません、初心者の悲しさです。
師匠のtuyoki氏にレクチャーしてもらわなあきません!
めげずにがんばらなアカーン・・・・

 

6月26日(水)シャーリーテンプル考

シャーリーテンプルというカクテルがある。
グレナデンシロップを使ったノンアルコールカクテルです、なぜノンアルコールカクテルかというと・・・・
シャーリーテンプルは人名でこの人は1930年代に活躍した映画の名子役さんなのです、従ってかわいい女の子が飲むカクテルというわけです。
さてこのシャーリーテンプルちゃんを検索かけて調べてみるとケッコウ身近にいました、メンソレータムのふた女の子、不二家のフランスキャラメルのパッケージの女の子がシャーリーテンプルちゃんなのだ、その他出演作品リスト、生年月日などを調べることはできるのだが、私は彼女のその後が知りたいのだ、生きているのか死んでいるのかもわからないのだ。
今日ご夫婦のK&Lさん(kさんは日本人の奥さんLさんは旦那さんでアメリカ人)が来てくれたのシャーリーテンプルについて調べてもらった、さすがにアメリカのサイトには彼女のデータはたっぷりありました。

情報は入り乱れているというけれどまだまだわからないことや知らないことはたくさんあります。
今日みたいに、K&Lさんに出会ったことで長年悩んでいたことがほんの数分で解消することもあるのです、今さらながらに「人が出会うということはすばらしいことやな」と思った。

結果はこのHPのどこかかくしておきますので興味のあるかたは探してください。
次はカシスで作るシャーリーテンプルの謎を解決したいです、またどなたかに出会い教えていただくこになるのでしょう。


6月25日(火)

新しい名刺作り!PART2

19:45分の塚口の駅周辺・・・・・・・
「おら〜〜ん」
ほんま「ビックリクリクリクリックリ!」ですわ、ぜんぜん人おらへんのですわぁ!
サッカーみてるんやろなぁまいったなぁ〜というわけでやっぱ店は超マッヒー!

というわけで「名刺」下記のようにデザインして見ました、やっぱむずかしい!
「レイアウト」「配色」「フォント」すべてにおいてのバランスが整わない!
改めて自分のセンスを認識できました(もちろん皆無に近いことを)

その中でHIROSHI DATEのフォントについてお手数がBBSまでご意見
いただけたらうれしいです、お願いします。 

 

6月24日(月)

新しい名刺作り!

あさって26日でオープンして丸2ヶ月がたつ。
「ワールドカップ」や「先行きが見えない社会情勢」の中、日々の営業も非常に苦しいがとにかく、がんばらねば!!
そんな中ようやくオフィシャルのHPが立ち上った、tuyoki氏にはただ々感謝!
それにともないURLもかわったので名刺も変更しようと思う。
下記がイラストレーター8.0 で作った自作の名刺。
お客様のH氏には「名刺は1回しか渡さないもんやからねぇェ」と言われた(多分今いっちょという意味と思う)
グラフィックデザイナーを8年やっているM美氏に意見を求めた時は
「フーン、シロートが作ったらこんなんなるんやぁなぁ」とつぶやかれた。
私のデザインセンスは皆無に等しい、それはよくわかっているつもりやけどヤッパちょいショクやった。
ここでなんとかいい作品を作ってみたいもんや!
下記の名刺は地図の掲載を重点にしたが今回はHPのURLのPRが重要なテーマになる。
明日「表側」を発表します、お手数がBBSまでご意見いただけたらうれしいです、お願いします。 

 

6月23日(日)日本酒を飲もうセットスタート!

昨日から「日本酒を飲もうタイム」なるものをスタートした。
今日イッシーが来てくれた、彼はいわゆる酒飲みで酒飲み道なるものがあったとしたら間違いなく師範にmaruishi@dns1.link-si.co.jpなるような男や。
酒は知る人ぞ知る超辛口「司牡丹船中八策」
本日の肴は「カプレーゼ」日本語タイトル「完熟トマトとモッツァレラチーズのサラダ」
日本酒にイタリア料理?
ちょっとカラクリがあります、醤油ベースのドレッシングにバルサミコを混ぜた特製ドレッシングを使っているんです。
BGMはイッシーの好きな「スモーキーウィルソン」
カテゴリーはブルースでその中のモダンブルースとかファンキーブルースと呼ばれている。
カウンターごしに「さしつさされつ」杯を重ねる。
日本・イタリア・アメリカの異文化の集合やけどなんともいえん空気を醸しだしてる
イッシーも満足してくれた。
ふと思う・・・・この献立!は「お客様に満足してもらおう」というところからの発想ではなく、自分がこんなふうに飲みたいという願望が発想の起点になっていることを!


6月22日(土)主婦の気持ちわかってきた今日このごろ

毎日店にはいる前に買い物をする。
野菜ならここと決めてるスーパーが武庫之荘にある確実にそこが安い(新O館)・・・・と思う。
ところが忘れてて塚口まできてもうた、しかなく「D」へ今日絶対いるものは「ニラ」と「キュウリ」しかしキュウリが一本40円、ニラが126円と高い、やめよ思てでた、そこでライムをかわなアカンの思い出し「K」へむかった。
ライム1個100円はここら辺ではいちゃんは安い、「ニラ」と「キュウリ」は・・・・
やっぱりちょっと高い、やめよ思てでた。
そして「S」に向かった、ところがその向かいの八百屋さんから「安い」よ「安い」よの声、見ると店内はお客様でいっぱい、思わず入っていって値段を見る「ニラ」60円「キュウリ」3本100円本日の最安値や早速買うことに決定。
ならんでレジを待つのはきらいやけどがまんできた。
店員さんが「明日は休み明日は休み」と連呼してたからわかってんけど売りつくしてしまいたいらしい、ならんでいる間にもどんどん値が下がっていく。
かなり大きな大根が目の前で150円から100円に思わず買おうと思ったが使いみちなし、かろうじて思いとどまった。

最近ずっとぬか漬けをしょうと考えたたけど「ぬか床」ようつくらんかったことをいまさらながらに後悔した、そして「土曜日は絶対ここにこなあかんな」と思った!
新聞のちらし見てしんけんになってるうちのカァチャンをながめ「しょうもなぁ何をマジになってやっとんねん」と思っていたがじぶんはどうや・・「ニラ」と「キュウリ」買うために3げんはしごしてますハハハ
明日カァチャンに安いもん買いの極意おしえてもらおぅっと!!


6月21日(金)パソコンの性別って?

今日は3時からデザイナーのTUYOKIとWEBの打ち合わせ、とゆうよりも私がああしてこうしてと要望を並べ立てるといった一方な打ち合わせ。
どんどんページが増えていく。
彼も大変(独立して) で時間がいくらあってもたらへん状態なのに真剣にうけとってアドバイスをくれる。
この店のパソコンと周辺機器の紹介をして、複合コピー機、デジカメ等をお客様に自由につかってもらおうというプランで、それの新しいぺージの製作をたのんだのです。
コンセプト、タイトル、サブタイトル考えていく、とても一人でできるような仕事ではなく、フォローしてもらいながら決定していく。
現在ここにはコンピューターは、デスクトップとノート2台ある、私はそれぞれに名前をつけたいと考えた!
「ベッツィ&クリス」「リンリン・ランラン」「ジュディ・マリ」「美香・恭子」
なんと発想の貧困なことか我ながら嘆かわしい・・・・・
私のこの2台は「女性であってほしいと考えてる」のやとゆうことがあらためてわかった、でもパソコンの性別はどっち?
ドイツ語やったかなぁ男性名詞、女性名詞となんでもわけてまう言語、この場合いはどっちやろぅ?
てなことを考えてるとふと気がついた、将来的にはもう1台増やそうと思っていることを。
「そや3台になるんやからそれなりの名前にしなあかんな」と考えた、それは
「のぞみ・かなえ・たまえ」(わらべ)「歌江・照江・花江」(かしまし娘)よしっ
と一人えつに入っているとTUYOKIと目があった!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私      「あかん?」
TUYOKI  「あきません」
ちょっと怒ってた・・・・
そしてそのまま時間切れ!だれかすくいの手を!!


6月20日(木)

ママが持ってくる白い鳥かご中にはかなり大きくなったピーコがいます。
「尾っぽ」の羽もシュッと生えてます。
赤い炎症のこと、獣医にいったら野生の鳥だから・・・・
と言われたそうですが抗生物質くれたそうです
液体の薬で例のお肉につけて食べさせようとしたらしいが
「ピーコちゃん横向いて食べないのよ」てな具合です
「しばらくなんもやらんといたらええやん」と私
「そうするわ」
ということでしたがピーコちゃんと薬のんだ(食べた)かな


6月13日(木)コミュニティーの日記より
ちょっと困ったことに!
ママも覚悟してピーコを自然に帰すため部屋やお店で飛行訓練をしたのですがちょっとしか飛べないのです。
よく見ると羽の裏あたりがかなり赤い(炎症)ように見えるんです、明日獣医に行くそうです。
このまま飛ばれへんかったら、飼うことになるしかなくなる!

6月11日(火)コミュニティーの日記より
ママが今日もピーコを連れてきた。
ママSAID:「ピーコちゃん大きくなったでしょう」
私 SAID:「ほんまやなぁ」
ママSAID:「たくさん食べるんですもの」
私 SAID:「・・・・」
私 胸中:「またヒレ肉やっとんねや、ホンマ自然に帰られへんようなってまうで」
ママSAID:「お部屋ではね放し飼いにしてるの、寝る時は私の枕もとにきて眠るのよ」
      (といいながらピーコを指にとまらせる、ピーコはほんまにママといたいようや)
     「もうかわいくてずっといっしょにいたいわ」
私 SAID:「・・・・」
私 胸中:「えー飼うつもりぃ」     
ママSAID:「もうちゃんととべるかしら」
私 SAID:「まだアカンのちゃう」
ママSAID:「・・・・」
私 胸中: ママの胸中推察
 かわいくて仕方ないんやろなぁ
 飼い続けたいけどそれは無理やし
 放してももし飛べなんだら猫に食われてまうし
 (指に止まったピーコの頭をなでてる、ピーコは気持ちよさそうにしてる)
 ほんまに“おかあさん”になってる
 こんなピュアな人おんねんなぁ!
 これからどうなるんでしょう

6月10日(月)コミュニティーの日記より
今日もママがピーコを連れてやってきた
キショク悪いのこらえて割り箸でミミズをやったらしい
ママSAID:「ピーコちゃんにミミズあげたらね、横を向いて食べなかったのよ」
ごっつい嬉しそうにゆうんです、
私 SAID:「・・・・・」
私 胸中:「大丈夫かいな」
ママSAID:「ヒレ肉あげたらねおいしそうに食べるのよ」
私 SAID:「・・・・・」
私 胸中:「好きにしたら」
というわけでまた明日!

6月09日(日)コミュニティーの日記より
「ごらんのとおりなんです」


というわけであえなくこの日誌は終わり!

『おまけ』
隣の隣のママさん発
じつはママさん自宅近くの公園でこの雛と同じ
ひよどりの赤ちゃんを救助(拾ってきた)したのです
ママは毎日えさやりのため店に連れてきてるんで
とりあえず日記続けます!

6月08日(土)コミュニティーの日記より
更新遅れてすみません実は・・・・
ひなちゃん達いなくなったんですぅ!
となりのママが「ひなちゃん飛んだのよ、親といっしょに電線にとまってたよ」と言ってたので「えぇ〜早いなぁ」と思った。
しばらくして巣を見にいったんですが「ひな」はいない、今(8日AM4:25)も巣に帰ってこないのです。
巣立ってしまったのでしょうか?
明日このかわりといってはナンですが「お宝画像」をお送りしましゅ>

6月05日(水)コミュニティーの日記より
え〜 ちゅうくらい成長が早い
ビックリするわ
立ったり座ったり落ち着きがない(笑)


6月04日(火)コミュニティーの日記より
今朝「巣」見たら雛の雰囲気だいぶ変わってた(まだ秘密)
AM6時頃には寝てたけど8時頃には「ピーピー」鳴いて
親に「おなかすいたよー」と訴えておりました。
どっちがどうかぁわからんけどぉ
ちぁゃんと父母2匹の親鳥が一生懸命エサを運んでます。
でもこの鳥ほんまに“ひよどり”?
図鑑で調べて見たらまちがいなくひよどりのようです
ここをクリックしてみてみぃ
http://www.maneki.co.jp/wbsj/kensaku/bird.asp?id=13
図がでますさらにCALLを
クリックすると鳴き声がでます、「あっ聞いたことある」
とおもうことでしょう。
明日の朝6時過ぎ天気がよければ接写したいと考えています
乞うご期待!!

6月02日(日)コミュニティーの日記より
みなさんゴキゲンヨウ!
不肖(ふしょう)私くし超俗人を自負(じふ)しておりますが、なんの因果か神の思し召し(おぼしめし)か「ひよどり一家」と共存すことと相なりました。
皆さんに発信したところ予想以上の反響がありました。
「観察日誌をつけたら」と“ぽらん夫人”のご提案をを受け、またまた不肖私くしアロマスターが選ばれし者(えらそうにゆうてすんません)としてその責を真っ当(まっとう)致したいと存じます。
と、ゆうても毎日はちょっときつおますぅ・・・
まっがんばりまっさ!
とりあえず「雛鳥」見たいやろっっ!


Other INDEXへ戻る