だてひろし
アロマ
伊達浩
北陽高校
演劇
劇団
バー
ウイスキー
お酒
尼崎
塚口

アロマオブザライフ







過去8年間の
日記は
こちらからどうぞ


今月の日記へ戻る



2002/12月の日記





TPOページへ マスタープロフィール

1月31日(金)

「音楽に国境はない」

19:30従兄弟のジョージがきた
ジョージは輸入、貿易関係の仕事をしている関係状世界中にネットワークをもっている
今日はフランス人の男性"ジル"を連れてきた
年齢はジョージと同じ43才
ジルはすでにだいぶん飲んでるらしいが酔った様子はない
薦めたラムをロックでグイグイ行く
音楽の話になり
(彼らは英語で話しているので私にはほんの断片しが意味はわからない)
ジルの好きな音楽をジョージがきくと答えは"サルサ"
「う〜ん、なんでフランス人がサルサやねん」
っちゅう感じやねんけど・・・
ジルにしてみれば
「う〜ん、なんで日本人がサルサやねん」
と思ってるかもしれん(笑)
とゆうわけで
オルケスタデラルスの
SALSA NO TIENE FRONTERA
「サルサに国境はない」

をチョイスしかける
ジルがマイアミに滞在してたとき・・・
プエルトリカンが熱狂的にサルサをやってるのに影響されて好きになったらしい
さらに2人は同い年とゆうテーマで話が盛り上がる
青春期における思い出の音楽は?とゆう話になった
ここは同じ年、洋楽についてはほぼいっしょ
その中で2人が共に思い出深いのが
"LED ZEPPELIN"や・・・とゆうことになり
ベストをかける
天国への階段 Stairway To Heavenの時・・・
2人は目をつぶり体をゆらしトリップしている
フランス人と日本人がアメリカ(英語圏)の音楽を同じ次元でとらえて浸っている
音楽に国境はないのだ
今日は金曜日
この店には「魔金」とゆう言葉がある
金曜日は暇なんです
でも今日は先週に引き続き大丈夫でした
この調子々・・・(笑)


1月30日(木)

「ん?


酒屋さんの支払いの時のこと
額は8447円
9047円渡す
酒屋の兄ちゃんが
「マスターこれ10円ちゃいますわ」
「エッうそぉっ」

見ると色は新品の10円と同じ色
でもあきらかに小さい
「なんやろ」
“5CENT” がまず目に入る
「なんやドルかな」

情けないが最近老眼ぎみなんで距離をあけて目を細めて見る
“EURO”
「あ〜ユーロなんやぁ」

初めて見たユーロ
“ESPANA”とあるのでスペイン発行だ

ネットで調べてみると上(表?)のデザインは各国共通で下(裏?)は各国でちがうらしい、この塔のようなデザインなんやろ?
最初バルセロナの“サグラダファミリア”かなと思ったけどちがう・・・
調べたけどわかりませんでした誰か知ってたら教えてください(笑)
それはそうと為替を見てみると・・・
1ユーロ約128.8円
従って5CENTは約6.4円
3.6円の損害
(そんな問題やないと思うけど・・・笑)
くそー誰やオレを詐欺にかけたは?・・・
1人だけ心あたりがある・・・
締め上げてゲロさせてやる(爆)
PS
2月2日読者のカオリちゃんからこの建物の名前を教えてもらいました
サンティアゴデコンポステーラ大聖堂
とゆう由緒正し教会です
どうもありがとうございました


1月29日(水)

「タリスカ」

飲みたい・・・
とにかく飲みたい・・・
タリスカとはスコッチウイスキーでシングルモルトの名品
それを飲みたいやつがいた・・・
今日はとにかく寒かった
この冬一番の冷え込みでマイナス3度くらいやったらしい
夕方銭湯に行ったがほんまに寒うて
"こら今日は暇になるやろな"
と思った
今日ふじっこ来るゆうてたけど・・・
大丈夫やろか・・・
なんでも自転車で豊中の岡町まで行って飲み
それから40分かけてこっちに来るってゆうてた
12時・・・
はたしてふじっこは来た
開口一番
「ほんま寒かったですわ」
私は「そらそうやろ」としかよういわんかった(笑)
奥さんそして岡町の友人にも"アホ扱い"されたらしい(爆)
実際私もネットのコミュニティーの彼の部屋にこんなカキコをしている
ふじっこぉ〜〜〜〜
死ぬ気かぁ〜〜〜〜
八甲田山やんけぇ〜〜〜〜
アカン思たらすぐ家に戻れ〜〜〜〜
アカン思たら
自転車捨ててタクシーのれよ〜〜〜〜
そんでもこっちこいよ〜〜〜〜
なんでやねん(突込み)
しっつれいしました

まあこんな感じ
そして彼のオーダーは・・・
タリスカやった
この間サントリーの山崎蒸留所へ行ったとき「ウイスキーはアイリッシュ」とゆう本を彼は購入した
その本の内容がとても気にいったらしくて・・・
その中にこのタリスカのことが載ってたらしくどうしても"飲んでみな"と思ったと彼は語った
飲んだ時の彼の表情は複雑やった
「モルトも入っていったら奥が深いからな」と私
「ほんまですね」と彼
そしてややあって彼はこの寒空の下また自転車で帰っていった
彼が帰った後・・・
私は1人でにやけながらうなづいていた
こんな寒いのになんでここまでやってきたのか・・・

彼をそうさせた原動力がわかったからである
タリスカを飲みたかったんです(笑)
まずまちがいない
酒飲みには酒飲みの気持ちはよくわかるんですわ(爆)


1月28日(火)

「ピザ生地打ち」

昨日ピザが6枚売れたので
2日続けて生地を打たなアカンはめになった
行かな・・・
と思てたのに・・・
整体行くのを忘れとった
背中と腰の筋が"バリバリ"ゆうてる
「しもたなぁ〜」
とブツブツ言いながらピザを練り蒸し器に入れ発酵させる
その間にトマトソースを仕込む
45分後・・・
いい具合に発酵した
はかりに乗せる
540g
いつも時も通りや
90gずつ6つにわけラップする
一度の仕込みでできる数は6枚
そして1枚1枚麺棒を使ってほぼ正方形の形に伸ばして行く
伸ばした生地はラップでサンドイッチにし冷凍する
1枚完成させるのに4〜5分かかる
だから約30分はかかる
6枚目終了「ふ〜っ」と一息
背伸びをする
ゴキゴキ!ゆうてる
その後・・・
背骨の右側の筋がキューンとつり始めた
立っていられず膝をつき耐える
背中に手を回しこぶしでドンドンとたたく
1分くらいたってようやく落ちつく
「もぉおたのむわほんま」
と1人ごちる
原因はわかっている・・・
運動不足なんです
インラインスケートをしたらいいねんけど・・・
朝は酔っぱらってるし・・・
寒いし・・・
体を壊しかねない・・・
でもこのままではピザを打つこともできひん・・・
なんとかせな


1月27日(月)

「来ました!甘い物16号」

超メジャーなやつがやってきた
うなぎパイVSOPだぁ!
VSOPやでVSOP!!
常連の“ぶん氏
”の浜松みやげです
“ムードOコではありません
なんでVSOPかとゆうとブランデーが入ってるからだそうです
VSOPってなんとなく「高級なイメージ」がただようからやと思います

ちなみにブランデーにおけるVSOPの意味は
V→VERY     ベリー   ひじょうに
S→SUPERIOR スペリオル  すぐれた
O→OLD      オールド  古い
P→PALE     パイル   澄んだ
とゆう意味です
「本日の1品」
「つばすのお刺身若芽かぶのカルパッチョ風」でした

“つばす”とはハマチのちっちゃいのんです

真夜中にしか食べたらアカンのでしょうか?

包みが正方形でなくて安心!(笑)↑
みんなでいただきました
味の評価は
「やっぱノーマルのとはちがう」
「VSOPのほうがうまい!」
とゆうことでした


1月26日(日)

「来ました甘い物15号」

今けっこうブレークしてると聞いた
「虎屋のういろ」
近所のエレちゃん(女の子)が持ってきてくれました
「家にもって帰ったら全部食べ手てしまいそう・・・で」
とゆうわけでご相伴にあずかれた
しっとりしているがべた付きはなくさらっとした感じ
甘さはギリギリまでひかている感じ・・・
だからひじょうにヘルシーでもある
私が一気食いしてしまいそうになった(笑)
「本日の1品」

「舞茸の蒸し焼きポンズ風味」でした


1月25日(土)

「春の息吹」

山菜の王様
って知ってます
タラの芽
こいつがそうです
タラの芽の木はとげとげだらけです
高槻のポンポン山山系で自生してるところを知ってて
2月ころからよくとりにいったもんです(いきた〜い)
 私がほぼ毎日行く塚口の八百屋さんRINRIN(リンリン)
で昨日このタラの芽を発見!
1パック150円やった
これでは手がでーへん
今日みるとなんと1パック50円に下がってる
買い!
残ってる3パック全部買かう(笑)
日曜は休みなので土曜日に目玉商品がでるのだ
 これで「本日の1品」は決まり
下ごしらえをして天ぷらにする
ケント氏がオーダーしてくれた
2人で食べる
ほろにがぁ
そのなんともいえん風味から・・・
まだ雪が残ってる山の中で・・・
枯れ木のようなとげとげだらけの茎から・・・
吹き出している"芽"のイメージがいっぱいに広がる
“芽は息吹”そのものです

春がくるんです


1月24日(金)

「二宮金次郎像」「ノスタルジー」

今日私の出身校の遠い後輩が来店
その学校とは高槻市立如是小学校
創立が1874年(明治7年)でもうすぐ
130歳になろうかとゆう歴史のある学校です
その学校を卒業したのは32年前になります
そのお客様(以後お嬢)が私のホームページの
プロフを見てたらしく
「後輩です」と述べてくれたのである
しかも自宅はその学校のすぐ近くらしい
その刹那・・・
私の脳裏に浮かんだのが
二宮金次郎
正門にあるセラミックの二宮金次郎(尊徳)像
小学校生活6年間の思い出での中で
なぜこれが一番に浮かんだんやろ・・・
私 「正門の二宮金次郎まだあんのん?」
お嬢「ありますよ」
私 「昔のままのやつかな」
お嬢「そう思いますよ、手がないままですもん」
私 「えぇ〜うそや〜まだないままなん」

仰天してもうた・・・
たしか左手が本ごとなかったのではなかろうかと思う
小学生の頃はそれを全然疑問に思わへんかった・・・
でも今は強烈に思う
なんでなおさへんねやろ????と

しかしこのことが一番最初の浮かんだんやろ?
手がないのは"なんかおかしい"と思ってたからとちゃうやろか・・・


高槻市立如是小学校のホームページを探すと・・・
はたしてあった
なつかしい部分も多々あった
二宮金次郎像・・・
映像ありました・・・
左斜め後ろから撮影してある
「なんで正面からの写真とちゃうねん」
やっぱないんでしょうなぁ・・・手

小学生のころ・・・
今と同じように"学校の怖い話"はあった
ご多分にもれずこの像のまつわる話もあった
しかも"なぜ手がないのか"とゆうサブテーマつきで・・・

日々生活に追われているのでなんともできひんけど
"なんでなおさへん"のかはきいてみたい
どなか知りませんか?
知ってたら教えてください

ノスタルジー
去年4月このお店を始めて以来・・・
忘れ去った過去から自分を取り戻すことができるようになってきた
このお嬢との出会いでまた一つ自分の過去を取り戻した
お嬢ありがとう!!


1月23日(木)

本日の1品

今日から「本日の1品」とゆうメニューを始める
何にするかは買い物に行った時にめぼしいものがあったらそいつでいこうと思う
栄えある第1回目はこれ
「ねぎの蒸し焼きポンズ風味」500円
なんとゆうことはないねぎを適当に切りラップしてチンするだけ・・・そして"旭ポンズ"と"ひろたのポンズ"をあわしたのをかけるだけ
でもこれはただのねぎではできません
今回使用するねぎはこれ
極ぶとくん 三田特産極太ねぎ
そうこの太さがなければあかんのです
"下仁田ねぎ"までとはいかんまでもなかなか秀逸なねぎやと思います
酢の物やしたいていのお酒にあいますよ
(ホンマかいな笑)
とまぁこんなかんじだが基本的には"あて系"になると思うし“簡単にできる”が条件
あと可能であるならリクエストにもお答えしたい
いつまで持続できるかは全く未知数であるががんばりたいと思う


1月22日(水)

「水割り」

1回の研修会で山崎蒸留所を訪問して以来当店では水割りブームだ
今日も常連連中は水割りを中心に飲んでいた
その立役者がサントリー白札の復刻版
こないだの日曜に山崎蒸留所で仕入れるつもりで行ったのに・・・
なんと限定発売やったらしく完売で売り切れ
そんなアホナァ〜っちゅう感じ・・・
でもサントリー角瓶を中心にスコッチ、アイリッシュウイスキーで水割りを飲むお客様が多い
これは一過性のものと考えられるが・・・
これからお酒を飲んでいく上のバリエーションとしてしっかり水割りを把握し消化することはいいことやと思う

ウイスキーというものはストレートで飲むように作られている
以前は欧米人にバカにされる時代もあったそうだが(今でもある)水割りが向こうに逆輸入されていて極少数ではあるが増えているそうだ
水割りは日本の文化とも言われている
かくゆう私も水割りのファンである
どうすればおいしい水割りが作れるのか?・・・
一生かかるような問題なのである(笑)


1月21日(火)

「過信」

お昼2時目が覚める
頭が痛い、胸焼けもしてる
これは二日酔い?
昨日の営業終盤に熱燗をのんだ
その後最後のお客様が帰ったのを覚えてない
カウンターの上は洗い物でいっぱい
なんもかんもほったらかし
見たただけで気力がなえた・・・
応援呼ばな・・・
“奥”に電話する
「うんわかった」
明るく返事してくれたのでちょい立ち直る
「なんか食わな」
思て“おかゆ”を炊いて食べる
営業が始まってからも体調は悪い
水割りを飲んだだけでも胃腸がグルグルゆうてる
多分1日中さえん顔しとったと思う
調子もんの私
ずーと飲み続けてしかも寝やんと飲んで・・・
ばてへんわけあらへん
いつまでも若いつもりでおる
45歳にもなってるっちゅうのに
自分を過信しすぎているんです・・・・・が
でもこうやって自分自身を過信する自分を・・・
私は愛しているのです(笑)


1月20日(月)

「やっと完成」

きょうは朝からずーっと仕込み
パイ生地打ち
トマトソース製作
チヂジミの粉調合
チヅミのタレ調合
漬け物の糠たしと昆布の入れ替え
そしてナシゴレンのソースの調合
いい感じでできた
メニューのラインアップをしなあきません

こうご期待!
きょうM氏が来店
例の樽だし40年原酒を味わった
60ml・・・・10000円
「エエ酒に出会えて幸せや」
としみじみと語った
そして1滴も残ってないペットボトルに水を入れシェイク
飲む・・・
満面の笑顔で私にこういった
「かおりしかせぇへんわぁ」
認めます
M氏あぁたはほんまもんの"酒飲み"です(大大爆笑)


1月19日(日)

「第2回研修会」

好評につき前回に引き続き「サントリー山崎蒸留所」にウイスキーの勉強をしにいった
総勢11名
今回は行程を少し変えた
まずアサヒビールの美術館へいった
モネの睡蓮とゆう作品がメイン
睡蓮を見て感動できたらいいなぁと思てたけどこの感性のない男ができるはずはなかった(笑)
2階のティールームで休憩
なんといってもアサヒビールの美術館やねんからスーパードライはあります
それとニッカのシードル
ほとんどのメンバーがどっちかを飲んでた
私・ヤッサン・テキーラは両方いってまう
ニューをみるとスーパードライが300円・コーヒー450円とある
なんかメッチャ特した気分に浸る、酒飲みが一番うれしいことです(私だけかな)

あさ10時30分こうして「大人の遠足」別称「飲酒会」は始まる
次に急な坂道をあがり宝寺へ行く
本堂で講話でもあるのかいっぱい人がいて入り口付近まで背中を向けて座っている
ちょっと鐘を鳴らしにくい状況やったが・・・
突然ガランガランと大音響びっくらこいて振り返るとメンバーのJ氏がお参りをしている
本堂の人たちが「信じられんわ」とゆう顔して見てる中、動じることなくなにか祈願している、私同様寝ずに参加しているJ氏・・・
ナチュラルハイになってるようだ(笑)
いい時間になったので昼食の店に向かう
長岡京市にいるネット仲間のかすみちゃんに教えてもらった
沖縄陶器とティールーム 結風(ゆいかじ)
沖縄陶器や琉球ガラスの作品の展示・販売もしているティールームです
結は集う、風は交流を表し、人が集って交流をはかれる場所にしたいと願いを込めて名づけたそうです、風の読み方はカジで沖縄の方言だそうです
予約の電話をしたときから
あったかさ・・とゆうか
やさしさ・・・とゆうか
とにかくなんか気持ちがよっかたんです

かわいいお店でした
とりあえずビール
オリオンビールで乾杯
一瞬で全員おかわり
次の注文のときビールが品切れになってまう
あったらあっただけ飲んだことでしょう(爆)

700円のランチほんまおいしかったです
沖縄陶器や琉球ガラスに盛り付けられてて情緒たっぷり
柔らかかったカツ・・・もっと食べたかった
コンニャクとひじきの煮物きたとき
くだんのJ氏が店中に聞こえるような大きな声で
「世の中に食われへんもんが2つあるんですわ」
おいおいと思いつつ聞いてたら
「コンニャクと鰹のたたき!これはくえんのですわ」
「なんでいやなん」と私
「この黒いツブツブといい、なんかこのプルンしたところといい、味といい全部アカンのですわ」
ちゅうから私が食べた(笑)
一通り食べ終わったんですが時間が少しある
どうしょうかなと思てたら誰かが
「あの壺なんやろ」といった
「古酒(くーすー)ちゃうの」
とゆうことになり
なにかをいわんや再び酒盛り
「あてあて」
ゆうて手造りパンを次々たいらげる
もう・・・すき放題
ほんまご迷惑をおかけしました
マスターとママ?従業員のみなさんの素敵な笑顔忘れません

エエ気持ちでサントリーに向かう
今回のコンパニオン?さんは
桑名さん
ほんまかわいい(美人とゆうべきかな)お嬢さんでした

まだ新人とゆうことで緊張することもあるみたいやったけどみんな満足
樽の貯蔵庫へ行った時
桑名さんが"天使のわけ前"の説明をしていた
天使のわけ前とは・・・
樽貯蔵してると年数がたつに連れて中身が蒸散し減ってくる、減ったぶんは天使が飲んだんだとして小粋に名づけられたのです
家族連れで子供もいたのでか笑顔いっぱいの桑名さんはこんなふうに説明していた
「このお部屋には天使がすんでてその天使が飲んだのですよ」
かわいい〜と思って聞いてたら
くだんのJ氏これまた大きくドスの聞いた声で
「そんなんありえへん!」
一瞬全員氷つく・・・
ヤッサンと私は笑いをこらえるのに必死メッチャ苦しかった
後でJ氏に聞くと
「あの場ではあのツッコミいれとかなアカンでしょ」
とのたもうた
計算されたブラックジョークやったらしい(爆)
そして山崎12年の試飲
時間が短かかったが水割りロックで4〜5杯飲んだ
"次の方が来ますので"といわれるまで飲んでた(笑)
そして記念撮影
続いてテェイスティングバーへ
ここはいろんなウイスキーが安価で飲める
内のメンバー達はここから本領発揮
3ついっぺんに買って味を比べながらストレートでくいくいやる
樽だし40年原酒とゆう酒がある
1杯5000円
1杯とは30ml
1cc167円
前回来た時"清水の舞台"から飛び降りた気分で飲んだ
それを常連のM氏が飲みたいとゆうので空のペットボトル持っていき持ち帰る
それも2杯・・・
10000円でっせ・・・
世の中にはいろんな酒飲みがおるもんです
その後もボウモア30年マッカラン30年など1杯4000円クラスのウイスキーもガンガンやる
こいつら"どんだけ飲むねん"とあきれながら眺めていた
もちろん飲みながら(笑)

すると桑名さんがやってきて
「ラストオーダーになります」
やて(笑)
気がついたら1時間くらい飲みっぱなしで飲んでた
ほろ酔い気分・・・
まぁ本日のMVPはJ氏に決定
「そんなんありえんへん」
は永遠に語りつがれるでしょう(爆)

阪急電車で塚口まで帰る
もうおなかペコペコ
白木屋さんにいく
コース料理を注文して飲み放題をチョイス
「おつかれさんでした〜」
ビールでカンパ〜イ
その後生しぼりのグレープフルーツサワーを何杯飲んだやろかっちゅうくらい飲む
20時・・・
店に帰り、即営業
Sママと某社長が来た
あんたも飲みなさいと進められたので社長とおなじヘネシーVSOPを水割りでやる
まだ飲めるわ・・・っちゅう感じ
ふっと気が付いたらなんと今日のメンバー数人がカウンターに座っている
"やっぱりだいぶん酔うてんねんな"と自覚(笑)
そして飲みながら今日の思い出話をしている
メンバーのフジッコが
「楽しかったぁ〜ほんまに大人の遠足やった」
としみじみつぶやいた

かれこれ約12時間だらだらと飲みっぱなしの飲んでる
彼らが引き上げた後もお客様とだらだら飲んでた
営業終了間際の朝5時
常連のキリンマ大将がくる
「マスター大丈夫か?」
今日見たいなパターンの日は意識が"ぶっとんでる"ことが多いので心配でして来てくれたのである・・・といいたいところですが真実はちがう
酔うてる私は面白いらしくそんな私を見に来たのである(笑)
昨日の日記のも書いたようによく飲める私、ほぼ正気でした・・・・
ただ寝てないのでとにかく寝むたい
40時間以上寝てへんのです
キリンマ大将が帰って6時閉店・・・
意識は混濁
昼の2時・・・気がついた
なんとトイレの前の床で寝ていた(倒れていた)
人が見たら"殺されてるんちゃうか"と思ったことでしょう(爆)
ようやくこいつを書き終えて次はピザ生地を打ちます・・・
そうまた日常に埋没するのです


1月18日(土)

「体調好調」

このごろ良く飲める
酒量が増えるとゆうことはたいへんよろこばしいことやと思う
もともと飲むことが好きで始めた仕事
オープンして約9ヶ月お店を休んでいないんやけど考えたら・・・
休肝日も1日もない

どんなひどい二日酔いでも2回あったノーゲストの日も飲んでる
最近とみにお酒がうまい・・
仕事中やのに・・・
何をのんでもうまい・・・
酔っ払うのに・・・
ここにはなんでもある(笑)
これからもおいしいお酒が飲めるようガンバル所存です
現在朝7時です
今日(18日)は研修会・・・
9時に塚口駅集合です
今日も寝んと1日中お酒を飲むのです
ハハハ


1月17日(金)

「アッホガード」

奥と娘と3人で"塚しん"のイタリア料理レストラン"サイゼリア"へ行く
"ジョリパ"のライバル店といえよう
お料理もまぁまぁおいしかったし満足です
とくにドリンクが180円で飲み放題がいい!
1通り食事が終わって娘が"ミルクイタリアンジェラート"をオーダー
口にあえへんかったんか珍しくちょっと食べただけで私に回してきた
奥がそれ見て
「なんてゆうんやったんかなエスプレッソに浮かべて食べる方法」
「アッホガードやん!!!」と私

さっそくドリンクバーからエスプレッソを入れてくる
そしてその上からジェラートを浮かべる
トローリととろけるジェラート
食ってみる
「おいすぃい〜」
ほんま幸せになるほどうまいんです
ぜひやってみそぉ!

アッホガートの形態としてはこうしてフロートするタイプと
ジェラートの上からエスプレッソをかけるタイプがある
でも浮かべるほうが本来であると思う
なぜならアッホガードをイタリア語の辞書で引くと
ポーチドエッグ=落とし玉子
との意味がある
これはお湯に酢を入れて玉子をそっと落としてゆでて作る
油を使わない目玉焼きのようなお料理
お湯の中に浮かんでる玉子
これがデザートのアッホガードのジェラートになぞられているのです
しかしじつはアッホガードにはもう1つ意味があるのです
それはここではいえません

いえないりっぱ理由もあるのです(含笑)
最後にもう1つ
このミルクイタリアンジェラートに赤ワインをかけて食ってみたのです
「おいすぃい〜」
ほんま幸せになるほどうまいんです
ぜひやってみそぉ!
ほんま「甘いもん好き」やなぁ
このオッサンは(爆)

PS
つはこの後・・・
愕然とする事実があったんです
こんなけ好きな"アッホガード"
エスプレッソとアイスクリームがあったらできるんです
当然当店には両方ある・・・
なのに・・・
作ったこともないし・・・
紹介したこともない・・・
んなアホなぁ〜〜〜
しっかりしなアカンわ!
いやほんま・・・トホホホ


1月16日(木)

「貴乃花哀歌(エレジー)」

なんか哀れ
なんか悲しい
貴乃花が2日休んで再出場した5日目の相撲を
南塚口の銭湯"パレス温泉"で見ていた
なんか悲劇のヒーローみたい・・・
親方の離婚、兄貴はアメフト断念、部屋の不振
そして自分の傷だらけの体・・・
対戦相手は"闘牙"
立会いから押し込まれる
強烈な闘牙の"のど輪"・・・
なんとかこらえて回り込み体を入れ替えおしだす
貴乃花・勝つ!
「よかった」
と思わずつぶやく私
勝ち名のりを受け引き上げる貴乃花
その姿には勝利の喜びは感じられない
すでに思考は明日にいってるようだ
頑張れ貴乃花!
この逆境に耐えぬけ!
・・・・
見てるこっちも悲壮なんですわ・・・


1月15日(水)

「決定!第2回研修会山崎蒸留所行」

19日の日曜日サントリー山崎蒸留所にウィスキーを勉強しに行く
前回は11が17日に12人で行った
今回はその時行けなかったメンバーを中心にそれ以後お店に来てくれるようになった人達と行く
今回はアサヒビールの美術館とのコラボレートを考えている
モネの睡蓮は楽しみである
前回のウィスキーの勉強は大変好評でウィスキーをふだん飲まない人が愛飲するようになったり、水割りはまずいと言ってた人が水割りを見直したりで勉強することの貴重さを改めて体験した
今回も10人を越える人員になりそうである
前も言ったがこれは「大人の遠足」なのである
第3回は2月の1週の週末に"日本酒かビールかワイン"の勉強に行こうと考えている
また決まり次第報告します


1月14日(火)

「お隣オープン」「来ました甘い物14号」

お隣がオープンした
"円八天"「まるはってん」と読む
小料理屋さんです
ヤッサンと2人でいく
コースもあって2500円コースをオーダー
おつくりや御すし、煮物、焼き物、揚げ物など7種類のお料理がでてくる
どれもおいしくてお酒が進む々・・・・
生中の後あっとゆうまに2合とっくり5本あけてしまう(笑)
いいお店ができたもんや!いやほんま

ケント氏が持ってきてくれました
だいじょうぶだァ饅頭
“だっァふんだ”がうぐいすあん
“だいじょうぶだぁー”がくろあんです
マイコとイクが大喜びで食ってました
イクはこの「おふだ」?を大事そうに
もって帰りました(笑)

1月13日(月)

「ノーチェコリエンド」

今日初めて来ていただいたお客様と音楽について話をしていた
そのお客様はラテン系の音楽をやってはるらしい
私が松岡直也(日本ラテン界の重鎮)のファンだとゆう話をしたら
彼のノーチェコリエンドとゆう曲の話に進展した
実際に彼のバンドでこの曲をやってるらしい
私の思い出は1981年に遡る
22年前やから23歳の頃になる
当時の私の聞く音楽はいまでゆうところのJポップばかり
英語の歌やインストなどの曲はよう聴かんかたった・・・
FMでフュージョンの特集をやってたの偶然聞いた
トロンボーンの向井滋春・サックスの清水靖晃・ギターの高中正義、等がリーダーで製作したアルバムの中から1曲づつセレクトしてオンエアーされていた
現在ではそれぞれの分野ではトップランナーといえるアーティストや
そして松岡直也&ウィッシングのアルバム「SON」に収録されたノーチェコリエンドが続く・・・
すでに痺れてたんですが・・・
さらなる衝撃が走った
終わった時身体が震えてたんを今でも鮮烈に覚えている
後日LP4枚をまとめ買いする
それからしばらくの間フュージョンにはまることになる
まぁ普通ならもっと若い時に経験することやと思います(笑)
てなこと思い出しながら話をしていた
ノーチェコリエンド
こんなピンポイントなボキャで話ができるとは・・・
嬉しかった・・・アハッ


1月12日(日)

「ブルドッグ」

ブルドッグとゆうカクテルがある
ウォッカのグレープフルーツジュース割のことです
当店では多分NO1カクテルかも知れません
今日のお客様も3杯連続おかわりをした
もともとはグラスのふちに塩をソルティドッグが原型です
ネットで二日酔いについて調べていたM氏が
NHKの「ためしてガッテン」の過去放送分に
二日酔い解消方法があったのを発見
二日酔い解消方法のNO1はいわずと知れたこれ!
寝てること
では酔い覚ましには何が1番良いのでしょう
そうそうなんです
NO1はグレープフルーツなのです
ちなみに2位は玉子焼きです
両方共ひじょうに身近にある
玉子焼きを食べながらブル
ドッグを飲む
これで二日酔いはなし!

ほんまかいな(爆)


1月11日(土)

「ノンアルコールビール考」

道路交通法改正
以来、飲酒運転が減ったそうで交通事故死亡者も減った
すばらしいことである
当店でもノンアルコールビールを飲む方が増えてきたので5〜6種類のそれをおいている
アルコール分1%以下だとノンアルコールビールといえるらしい
分類は炭酸飲料
ノンアルコールビールにも2種類ある
アルコール分0%の物と
0.9%未満の物の2種類である
0%の物については問題ないのだが少しでも含有している方について疑問がある
例えば0.9%未満の物を20本飲んだらどうなるのだろう?
何人かの人と悩み今日その悩みの相談を受け付けた人で計3人になった
ネットで調べてもこの悩みは解消できず・・・
どなたか知ってたらおしえて〜 


1月10日(金)

「人間乾燥室」

人間乾燥室って知ってます?
人間を乾燥さしてミイラを作ろう!
とゆうわけではありません(笑)
南塚口にある銭湯「パレス温泉」にそれはあります
個室シャワーのような小部屋に入るとなんとセンサーが働いて
左右の壁にある噴出し口から温風が噴き出してくるのです
噴出し口は頭の高さから膝下までの等間隔で左右5つずつ計10個あります
ドライヤーのかわりにもなります
大事なところ(笑)も足先も乾燥します
ですのですぐ服を着ても全く不快感がありません
しかもほとんど誰も使わないのです(笑)
でも私は大好きです
このパレス温泉さんは入浴料320円でスチームバスもこの人間乾燥室も使えるのです
(サウナはタオル付きで100円UP)
どうです『人間乾燥室』
絶対行かなアカンと思うでしょ(爆)


1月9日(木)

「宝くじのあたる確率って?・・・」

M氏の話内容
会社の人たちと宝くじの話に花がさいたそうです
一等のあたる確率が25000分の1だとゆう話から・・・・
1枚買ったとしたら当然確立は25000分の1です
また今年の年末の宝くじを1枚買うとします
この時の宝くじの当たる確率も当然25000分の1になる・・・
とゆう話にまとまりかけたのですが・・・
M氏が「なんかちゃう」と思ったたらしく真剣に考えた結果・・・
この2回目に買った時のほうが確率はあがるとゆう答えを導きだしたとゆうのです
今から別のページで解説をします
私自身数学が特に弱く“確率”ともなるとチンプンカンプン
M氏から約3時間講義をしてもらってなんとか理解できたんですが・・・
これを皆さんに文章でお伝えするのは至難のわざかと思います
数学に強い方は最初の公式ですべてがわかると思います・・・が
私と同タイプの方はちょっと時間がかかると思われます
ではゆっくり見てください

/////////解説のページはこちらからどうぞ///////


1月8日(水)

「ジャスミン米

ナシゴレンって知ってます?
インドネシア風からし焼き飯
のことです
インドネシア人の奥様を持つS川氏と話しをしていてナシゴレンをメニューにラインアップしようと決意
まずはなんといってもご飯を炒めるなら長米
Aプライスにあるらしいとゆうので自転車を飛ばして25分往復約1時間の買い物に行く
(ちなみにイカリにもなかった)
長米(タイ米)のイメージは
1993年の米の凶作で外米を輸入
そのときに入ってきた米の質が悪かったせいもあってか・・・
かなりイメージが悪い
でもいわゆるエスニック料理ブームでタイ料理の"ガパオ炒めご飯"とかこのナシゴレンが結構人気を呼んだ
そして炒め系のご飯料理にはタイ米を!
が主流になっている
5k2400円
エエ値段です
食ってみたらうまいんです
香米とは別名ジャスミン米ともいいます
ジャスミンとはいいにくいですがすごくいい香りがします
もちろんタイ米の上級版です
Premium Thai Fragrant rice
の文字がいいですねぇ
この“金象牌”ネットで調べたら中国語のサイトはいっぱいあるが日本語のサイト(記事も含めて)が一切ないのですちょいびっくりです
それはさておきおいしいナシゴレンはできるのでしょうか?(弱笑)


1月7日(火)

「ちょっとかわったやつら来店Vo.8

やってきましたタイのウイスキー「メコン」これまたS川氏のおみあげです
ケント氏S氏と3人で試飲・・・
アルコール臭がきつい・・・
じつはウイスキーではなく焼酎のようなものらしい・・・
たくさん飲むとヤバイかなぁ〜って感じです
ところがちょいと調べてみると原料は廃糖蜜
“はいとうみつ”と読みますこれは簡単にゆうと砂糖の絞りかすのこと
そやから“サトウキビ”が原料だと思われる
とゆうことはラムかピンガの部類になる
そう実はメコンはラムなのだそうです
ラムやと思ってのんでみるとなんかいろんな意味で納得できるもんがあるんです
おいしいかも(爆)


1月6日(月)

「タイからのおみあげ」

S川氏のタイのおみあげ
“クリスピードリアン”
S川氏は仕事でもプライベートでもタイになじみ深い方でバンコクの話などは
「シーロンの4」
てな具合で番地まで普通にでてしまうくらい通なのだ
さて下の画像を見てください
そう“かたまり”です
以前“ドリアンチップ”なるものを食したことがあるが別物といわざるをえない
まず香は・・・
くさい・・・決していい香りとはいえない
食べて見る・・・
なんか上あごにモワッとくる・・・
あんまりいい感触ではない
味は甘いような甘くないような・・・よくわからない
食べ終わってしばらくすると口の中から不思議な甘さのような・・・
香っちゅうか味っちゅうかがわいてくる
そしてなんとなく顔がにやけてしまう・・・
さすが果物の王様とゆうところか・・・
今なら食べれますよ
いかがです(笑)


1月5日(日)

「サニーサイダーの恐怖」

ヤッサンと3日のことを回想し話しをしていた
話題はサニーサイダー"チョキ"のこと
私は自称ダークサイダーつまり"闇"側の人間
その対語がサニーサイダーつまり"光"側の人間
闇側はおどろおどろして恐怖とゆうことばに似つかわしい
ではなぜ明るい光側が恐怖なのか?

1月3日の回想
電話が鳴った
声の主はキネコ、チョキの奥方である「今から行く」とのこと
「だいぶん酔うてるで」とのこと
1時間後登場!
なんでもキネコの実家で飲んでたらしくチョキはすでにハイテンション
エージェントエイジをロックでやる
かたっぽが酔うたら・・・
かたっぽはあんまり酔えなくなる
なんとキネコはコーヒーをオーダー
チョキのテンションはますます上昇・・・
顔はにやけっ放し・・・
ずうっと笑ってる・・・
じっとしてへん・・・
うろつきだした・・・
ひじょうに危険な状態
そこへお客様が来店した
オールバックでスーツ姿・・・
一見その筋の方のように見える
チョキはなにを思たかスルスルと近寄ると
その方に向かって笑いながら

「ヤクザですか〜?」
と言ったのである
一瞬氷つく店内
その方が笑いながら

「ちがいますよ」
とゆうと
「ちがうんですか〜ハハハ」
そこで誰かがボツッといった
「神田南やったら殺されとるで」
一同うなずく・・・

とまぁこんな具合
笑い話で終わったわけですが・・・
あかるすぎるのも考え物やとゆうことです
全くもって危険極まりない!
まさしくサニーサイダーの恐怖!
あなたも一度味わってみる?(大爆)


1月4日(土)

「正月気分」

今日は高槻の実家へ帰った
何年ぶりやろ実家へ帰るのは・・・
多分4〜5年ぶりくらいかな・・・
ひどい話です
妹夫婦に会った
なんねんぶりやろ・・・
やっぱ4〜5年ぶりやなぁ
ひどい話です
まぁとにかく12人の親族が集まって
にぎやかなひと時を過ごした
ビール、焼酎、日本酒とまぜごじゃに飲んでエエ気持ちぃ
エエ気持ちで阪急電車に乗って帰ってきたのが7時過ぎ
7時30分オープンする
今日はいわば最後のお正月といえる1日
今日まで遊んで明日5日は休養してあさってからの
仕事に備える・・・とゆう感じ
仲間たちが次々とやってきた・・・
ほんまによく飲み、ほんまによく笑った
やはり誰もが
「正月の終わりを惜しみそして精一杯楽しむ」
とゆうオーラが身体からメラメラ立ちのぼっていた(笑)
今日はさすがに鈍感な私も正月気分を満喫いたしました(笑)


1月3日(金)

「ケント氏のおみあげ」

ケント氏が東京から帰ってきた
おみあげは
東京駅にある資生堂パーラーの
"イタリアン焼き栗"
茹で栗や甘栗ではありません
まあゆうなれば"炭火焼き"とでもいいましょうか
「なつかしい〜」
イタリーに行ったら道端で焼いて売ってるこいつを必ず食ってました
何年ぶりやろ〜
食ってみる
「まいう〜」
ほんまにうまい!
栗の食べ方ではやっぱ焼き栗が最高やろなと思う
でも・・・
イタリーのとはちょっとちがう・・・
うますぎるんですわ
焼き方がていねいでどれも均一にちゃんと焼けてるんですわ・・・
イタリーのそれは焼きすぎて硬いものや半分焦げてもうてるのが入ってて3分の1くらいは食べられへんのです(笑)・・・
このざっくばらんさにはいつもあきれる・・・
でもそれがええんですわ、硬くて歯がたたんかったら
「ああイタリーにきたんやな」
って実感できるんです(笑)
"きねこ"は感激しておいしいを連発してました(笑)
なつかしい回想をさせてくれたケント氏に感謝!


1月2日(木)

お正月も2日目です
今日は一家で食事
全員揃っての食事はほんま久しぶり
ジョリパへ行ってワインをがぶ飲みする
わいわいと楽しいひと時を過ごした
帰ってきたら2階の焼き鳥屋 "中村"さんが
今日からやってたので挨拶しに行く
熱燗と"百年の孤独"を飲む
ちゅうわけでオープンの8時には
できあがっていた(笑)
その後ずうっと常連さん達が来てくれたので
ずぅと飲みっぱなし
飲んだくれマスターでした
なんか不思議な正月ですわ


1月1日(水)

「元旦」

一年の計は元旦にあり
いい言葉やと思います
そやけどなんの計もない・・・
その日その日を一生懸命生きていくだけで精一杯の現状です
でもそれを悲観しているのではありません
いやむしろ楽しんでいると言っても過言ではありません
今年はどうなるんやろ・・・
ひじょうにスリリングです

とゆうわけで元旦の営業は?とゆうと・・・
「アケオメ」の挨拶があるくらいで普段の日曜日と全くいっしょで
なんらかわることはなし・・・
「ほんまに正月なん?」
とゆう感じ(笑)
この店はクリスマスでも正月でも・・・
私自身が動かん限りいつもニュートラルなんです(笑)
私のオリジナルカクテルで"ミディアムテンポ"っちゅうのがある
テンションが低い人が飲むと普通になり・・・
テンションが高い人が飲むと普通になります
どうです不思議でしょう
いっそ店名を「ニュートラルバー」にしょうかな(笑)


12月以前の日記はこちらから